ちい公
    http://isanwind.blog.fc2.com/
    World Wide Weblog
    迎え火の頃 夢の盆
    2017-08-18 Fri 00:03


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    1287.jpg

    1287_1 (1)

      

     この季節に想う山の里がある。
     海辺の町から山をいくつか越えた山あいの小さな集落。
     両側に迫った深い山。
     急な山肌にしがみつくように家々が点在する。

     人々の生活はある意味お寺を中心にして営まれていたといって過言ではない。
     様々な仏教行事のたびに大人も子供もお寺に集った。
     住職が中学校の教諭も兼ねていたことからわかるように寺はひとつの教育の場でもあった。
     住職が見せてくれた紙芝居。釈迦の話は何十年経ったいまでも鮮明に残っている。

     盆の行事は村としても住む人々にとっても大切な行事だった。

     日暮れから前の河原ではじまる施餓鬼。
     独特な流れ施餓鬼という名称になって現在も残っている。


    1287_1.jpg

    1287_2 (1)

     そのことを書いた過去記事がある。
     まだこのときの文章の方がいまより素直かもしれないので掲載する。

    この季節になると思い出されるのは幼少期を過ごした村の盆。

     深い山に囲われ村の底を這うように川が流れている。
     家々は山肌にしがみつき点在しており、その頃過ごした家もそうだった。ひとつの山肌に開墾された棚田を三軒の家が分け合うようにして生活が成り立っていた。

     お寺などがある村の中心部へ行くには徒歩だと小一時間は必要とした。海辺の町へ行くバスは朝晩一往復だけ、子供心にもずいぶん山奥に住んでいるという意識があった。

     楽しい夏休みのなかでも盆は最大の行事だった。

     寺の前の川原では竹と麦わらで組まれた舟が鎮座し日暮れから行われる施餓鬼行事を待っていた。
     舟にはその年に亡くなった人々が藁人形になって乗せられ、僧侶の読経とともに舟に火がはなたれる。
     締め込みひとつの青年たちが舟を川の中央に引き出す。
     読経とドラの音、人々の歓声のなか青年たちの肌が炎に紅く染まる。
     竹と麦わらの舟は天まで届くような火柱を上げながら流れてゆく。
     誰に教わったわけでもなかったが、子供心に、あれはきっと魂が天国へのぼってゆくさまにちがいない、そんなことを思っていた。

     それが終わると人々は向かいの山すそにあるお寺へ移動する
     川までの道筋に吊るされた提灯が手渡され、それぞれが期待に胸を膨らませて寺への夜道を歩く。

     お寺の広場で盆踊りの時間。
     けっして明るくはないぼんやりとした提灯の灯りのなかで人々が踊る。
     太鼓に合わせ村の名人が謳いあげる音頭。レコードなどではない生の唄がマイクもなしに広場にしみわたってゆく。
     人々が手にするの二本の日の丸扇子。それが薄明りのなかでひらひらと舞う様は、まるで異境の地に足を踏み入れたかのような不思議な光景となって今も脳裏に刻み込まれている。

     成人を迎えた頃、いちどだけそのお寺を訪ねたことがある。
     広場を目にしたときしばらく動けなかった。
     それは広場と呼ぶにはあまりにも狭隘な、ただの庭先といってもよい程度の広さしかなかった。
     盆の夜に人々が舞い踊り、薄明りのなかを駆け回った子供たち。
     あれはなんだったのだろうか。
     
     盆のころ、いつも思い出す、そして不思議な感覚に陥る。

     どこの空の下にいようとこの季節にはよみがえる盆の光景。まるで自分の魂だけがあの地へ飛んでゆくような感覚がいまもある。



    ※掲載写真について
    NPO法人市民の力わかやま様にご協力いただきました。
    きのくに和歌山については下記リンクをご覧いただければ、緑と黒潮の国わかやまがすべておわかりいただけます。

     きのくに風景賛歌


     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    迎え火のころ 母を想う
    2017-08-17 Thu 00:03


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    images_20170816122255c95.jpg

      

     この季節になると当たり前のようにすでに旅立った親族を想う。
     親族といってもちかしいものは数少なく物心ついてから他界したものは事実上の父親そして母、ある時期ともに暮らすことになった義父、母の姉であった伯母くらいのものであろう。
     もちろん親戚筋を言いだすとかぎりはない。

     この時期にかかわらず常に思い出すのはやはり母親だろう。

     義父との生活に終止符を打った後、ながく独りで子供たちを育ててくれた人だけに、いまだに感謝の念は深いともいえる。

     母のことを書きはじめると枚挙にいとまがないほど様々な思い出が刻まれている。

     今日はひとつだけ。

     物心ついて間もないころ、何歳だったろうか、狭隘な山里に暮らしていた時代。
     表の防風林の木々が北風に激しくゆれていた朝だった。

     板の間に正座した男の子はひたすら一から十までを数えようとしていた。
     ちゃぶ台に置かれているのは算盤を縦にしたような子供のおもちゃ。丸い球が何個か並んでいる、数の勉強用だった。

     男の子はかじかむ指で数える。
    「いち。に、さん・・・」
     だがどうしても十にとどかない。

     ピシっ !!
     手にとんできたのは竹の物差し。

     間違うたびに母は黙って物差しを打ちおろした。
     
     彼はおなじことを何度も繰り返すしかなかった。
     目が涙でくもった。
     手の甲の痛みより板の間の冷たさがなぜか恐怖だった。

     声をあげて泣きじゃくりはじめた息子に母はポツリと言った。
    「お前にはがんばって勉強してもらわないと私は世間様に顔向けできないのよ。お前を産んだのは私なんだから」

     あの朝、あのときの母の言葉をいまも鮮明に憶えている。

     父親のいない息子の将来を、なんとしてでも切り開かねばという強い意思のあらわれだった、と彼は信じたまま生きている。


     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    吝嗇 浪費 その① 妻の場合
    2017-08-16 Wed 00:03


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    images_20170815222704a40.jpg

    DSC_0107.jpg



     吝嗇と浪費は反語のようでもあるが詳しくみると国語上はそうともいえない。

     そんなことはどうでもよい。

     要するにケチと無駄について日々の生活から考えてみた。

     なにがきっかけかというと、先日のこと、バンコク北のタイ政府庁舎が集まっている場所へ出かけたときのこと。 

     行きはいつものGRABタクシーを呼んだ。
     1.5キロを歩いて地下鉄へ行き数駅先から今度はバス乗り換えという行程が時間の無駄のような気もした。おまけに政府庁舎での待ち時間を省くためにも早朝に行く必要があった。

     2時間ほどで用はすみ、さて帰ろうということになったが、ついでにどこかのスーパーへ寄りたいと家人がのたまう。
     市内部の最短の地下鉄駅までタクシーに乗りそこから地下鉄に乗れば渋滞にもあわないだろうという計算だった。

     タクシーに乗って、これがまたおもしろい運転手で公務員を定年退職してからこの仕事をしているというオジさん。
     よほどでないと運転手とペラペラ喋らない家人も饒舌になった。

     知らぬ間に目的の地下鉄駅を過ぎた車は市内部を走っている。
    「地下鉄へ乗らないのか」
    「いいの、直接スーパーまで行くの」

     あちこちで渋滞に引っかかり時間もタクシー代も予定をオーバーした。
     家人はすましたものだ。
     いつもは20バーツのバイクタクシーをケチって歩くのに250バーツの出費はいとわない。

     ときどき思う。
    ・・・奴はほんとはケチなのか、それとも。

     むかし人間だった祖母に育てられたせいか細かいところで節約しようとする。
     その顕著な例が電源プラグ。
     テレビでも電子レンジでも、なんでも使わないときは必ず抜いてしまう。
     あたしなどは、何日も留守にするのならともかく、どうすぐにまた観るのだからとそのままにしておく。
     ちょっと席をはずして戻ってみればもうコンセントが抜かれている。

    「テレビが壊れる前に壁のコンセントがダメになってしまうじゃないか」
     たまに言ってみるがそんなことはどこ吹く風。あたしの後ろをついて回ってプラグを抜く。
     あたしは、それがみょうにおもしろくてわざとそのままにしておくようになった。

     こんなこともあった。
     台所で使うまな板。
     いままでのは小さくて、ままごとみたいじゃないかと文句を言っていたら、ある日買ってきたのが写真のプラスチックまな板。
     たしかにいま使っていうものより面積は広くなった、しかし厚みがなくペラペラ。まな板の用をなさない代物。
    「どうせ安かったのだろう」
    「あなたが大きいのがほしいというから」
    「姪っ子のミルキーにでもあげろ、ままごとでもするだろう」
    「ミルキーは使わないわ。捨てればいいわ」
     膨れ面でそっぽをむいている。
     自分の失敗がわかったのだろう。

     どうしてなのか。
     家人は安いものを見るとすぐに買おうとする。そしてあとで後悔することが少なくない。

     安物買いの銭失い、という言葉を言おうとしてやめた。ピッタリの英語が出てこなかった。

     そのくせ旅に出るとなると列車はファーストクラスを探し飛行機ならビジネスをとる。 
     ケチなのか節約家なのかそれとも合理主義とでもいえばよいのか、いまだによくわからない。

     もしかすると彼女はなかに亡くなった祖母が棲みついているのかもしれない。何百年も生きているという魔女だけに本性はなかなか見えてこない。


     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    ちい公クッキング ラープ・ムー
    2017-08-15 Tue 00:03


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    thai cooking


                       
     ちい公クッキング
     今日のメニューはラープ・ムー 
     (ブタミンチ炒めイサーンスタイル)

     材料
     ブタミンチ
     焼き米の粉末(カオクア)
     (フライパンで炒り粉末状にしたもの)
     ペパーミント レッドオニオン スプリングオニオン(細ネギOK)
     クアントロ(パクチーの仲間) パクチーなどでも代用可能かも多分
    (魔女に聞いたらパクチーとは違うと言われた)
     

    スプリングオニオン

    クアントロ


     味付けに使うもの
     ナンプラー
     チリ(粉末OK)
     ライム(タイ語マナウ)

     このくらい揃えて料理開始。
     ブタミンチ以外、炒り米粉末は少し多めに必要だがあとの野菜などは少量でOK。
     すごく簡単。
     まずミンチを炒める。このときオイルは使わない。
     炒めたミンチをボール状の器に入れて冷ましておく。

     ミンチに混ぜるソースをつくる。
     ナンプラーにチリをミックス。辛さはお好みで調節するがイサーンではかなり辛くする。
     ライムを上のソースにしぼって混ぜる。
    ※ポイント
     ライムは多めにしぼり、すこし酸っぱめにしたほうがおいしい。
     
    ペパーミントは最後に上にのせて飾りも兼ねるので、以外の野菜を細かく刻む。好みに応じて適量。

     仕上げ
     ミンチに先ほどのソースと炒り米粉末を混ぜ合わせる。
     よく混ざって辛さなど調節して刻んだ野菜を混ぜ合わせる。

     最後にペパーミントを載せれば完成です。
     白いご飯にのせて召し上がれ。
     アロイ アロイ イサーン後では セアップ セアップ 日本語ではオイシイ オイシイ。

      
    ラープムー
    ミンチを細かく砕いて炒めた方が見た目はキレイです



    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    裸人間チィートルズ
    2017-08-14 Mon 00:03


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    images (1)



     日がな一日裸で過ごしている。
     自宅にいるときの癖になってしまった。

     パンツ一丁というわけにもゆかないので半ズボンだけは着用している。ベランダを人相の悪いニホンジンが下着姿でウロウロしていては目立つ。Facebookなどに書かれでもしたらえらいことだ。

     あちこちにあるミラーに己の姿が映る。
     胸筋がめだっておちてきて貧相なことこの上ない。

     ちから姫ブログの筋肉隆々とした男たちに刺激されたわけでもないが、まずアレイをはじめることにした。
     自己流のいいかげんな運動だが汗が出るまでやる。
     いつまで続くか知らないがとにかく毎日やることにした。

     ちょいとましになってきたらジムへ行く。
     それまではせっせと励もう。

     なにを考えているのか、自分自身でもよくわからない。
     裸人間チィートルズ、せめて石貨の二枚くらいは一人で持てるようにしなくてはならない。


     
     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    タイも民族大移動のとき
    2017-08-13 Sun 00:03

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     日本はお盆休暇、タイも昨日の母の日から来週火曜日まで連休となっている。
     したがってこの時期は日本とまるで同じで、年に何度かやってくる民族大移動のときでもある。

     義妹ファミリーは夫の故郷イサーンの町ウボンラチャタニーへ行くために深夜2時に出発していった。
     ところがみんな考えることは同じで、深夜だというのに東北行きは大混雑。
     イサーンの入口の町ナコンラチャシーマーまで通常なら3時間ほどで行けるのだが、この日は8時間後の午前10時になっても通過していないという。

     義妹がブツブツとメッセージを送ってきた。
     高いからと節約しないで次回からは絶対に飛行機にするとぼやいていた。小学生の娘もいるから3人となると交通費もたいへんだ。

     あたしたちは今年の12月にウボンラチャタニーを訪問することになっている。もちろん車などではなく行きは寝台列車、帰路は飛行機を押さえている。
     ほんの2日ほどの滞在だがあたしの用もあって取材がすめばすぐに戻り、新年はバンコクで過ごす予定。

     様々な事情でみんなが動くときでないとスケジュールが組めない方々はほんとに大変だ。
     シーズンで費用も高くなり、どこへ行くにしても混雑は必至でご同情申し上げたい。

     いま故郷にいらっしゃる方、どうか無事で楽しく幸せな思い出だけを持って帰ってきてほしい。


     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    マザーズデー・母の日
    2017-08-12 Sat 00:03

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     タイでは今日8月12日がMothers Day・母の日と定められている。

     逝去されたラマ9世王、そのお妃の誕生日が母の日となっている。
     将来的にはどう変わってゆくのか不明だが前国王ラマ9世王の時代に定められた現在の母の日は1976年からというから今年で41年目ということになる。その前には先王の妃の誕生日が母の日となっていたのだろう。

     ラマ9世先王のお妃はお元気らしいがその動静が詳細に伝えられることはなく、11日にワットプラケォ(王宮寺院)で行われた母の日を迎えるためのセレモニーはラマ10王と二人の娘が参加していた。

     ともあれラマ9世前国王が荼毘に付されるのは10月であり、すべてはそこで終わり、そして新しく始まることも多いのだろう。


    DSC_0096.jpg

    DSC_0093_201708112012397b8.jpg

    DSC_0099_2017081120123954f.jpg




    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    ちい公トコトコお出かけ日記
    2017-08-11 Fri 00:03


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



    mrt-lumphini-map.jpg

    MRT地下鉄入口
    DSC_0076_201708101646305f7.jpg

    日本大使館の建物
    DSC_0071_20170810164631a8c.jpg

    領事部入口 警戒は厳重だ
    DSC_0067.jpg

    向かいがルンピニー公園
    DSC_0075_20170810164635d85.jpg


     二日続けて出かけた。
     日本領事館でもらわなければならない書類があった。

     在バンコク日本大使館・領事部はルンピニー公園の隣にある。
     地下鉄MRTでルンピニーまで行き、そこから約5分ほど歩いた場所。

     10日は朝から雨もなくよい天気。外部だと気温は36度、しかし湿度は60%と下がり、暑いがジメジメ感はそれほどでもなかった。

     帰りにクィーンシリキットセンターで下車し妻のオフィスへ顔を出した。
     ちょうど昼飯どきだったのでちかくで弁当を買ってきてもらう。
     日本ほど豪華な弁当はない。白ご飯に豚肉と生パクチーなどがのっており付属のスープを上からかけて食べる。このときタイ人ならおなじく付いている青い小さな唐辛子をいっしょにかじる。
     あたしとてもじゃないがこの唐辛子はだめだ。全身から汗が噴き出すほど辛い。タイ人でも食べる人はかぎられている。

     週末に自宅でタイスキをするといって妻が近くのマーケットで野菜などを仕入れてきており先に帰るあたしは大きな買い物袋をもたされた。
     オフィスの娘たちが「カワイイ、カワイイ」と囃し立てる。
     オヤジをつかまえてカワイイもないものだ、それに袋の上から野菜が見えるのはダメだ、恥ずかしいから新聞紙か何かで隠してくれ、ブツブツ言ってると妻が言う。
    「タイの男は平気よ、こんな買い物を持って地下鉄へ乗ることなんて」
    「バカヤローあたしはニッポンジンだ、日本の男はこんなことはしないのだ、サムライなのだ日本の男は」
     近ごろは死語になってしまったような言葉をまくしたてるが我ながら時代錯誤の感は否めない。


     地下鉄駅からコンドミニアムまでは1.6キロほど。
     さすがに炎天下のなか荷物をもって歩く気分ではなくバイクタクシーを使った。
     20バーツ約65円ほど也。

     お利口ちい公は今日も無事に戻りました。
     


    買い物袋はカワイイのだが
    DSC_0080.jpg





    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    ワンちゃん危機一髪
    2017-08-10 Thu 00:03

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     川におちてしまったワンちゃん。

     躊躇なく増水した川に入る男。
     みんな強くてそしてやさしい。

     これがもしあたしだったらどうだろう。
     やはり飛びこもうとするだろうな。
     でもここのところめっきり泳ぎに自信がなくなった。
     コンドミニアムの足が着くプールでも溺れそうになるのだから、かっこよく濁流に入ったはよいが結局だれかに助けてもらう羽目になるのだろうな。

     この動画は素人がとっさにスマホで撮影したものだから出来はよくありませんがみてくださいませ。
     








    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    あなたへ 愛と友情をこめて
    2017-08-09 Wed 00:03

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    images (3)



     おかげさまで拙ブログ「ちい公ドキュメントな日々」も毎日多くの皆様にお越しいただくようになりました。
     異国の空の下でそれでも胸を張って生きられるのは、こうして今日も読んでいただいているあなたがいるおかげです。お一人おひとりのあたたかい視線を感じない日はありません。

     しかしこの世界の定めとでも言いましょうか、ニュービジターがいらっしゃるかと思えばいつの間にか姿が見えなくなる方も少なくありません。
     来る方は拒まず去る人を追わず。それがネットの掟だろうと理解しております。そのことについてはとやかく申すつもりはありません。

     なかには長く更新をされなくそれでも来てくださる方もいらっしゃいます。

     その方々のブログを見るたび我が心中に小さな波が起きます。

     忙しいのかな、それともなにか悲しいことがあってキィを叩くような気分にはなれないのだろうか。
     どうしたのだろう。
     ただ忙しいだけならよいのだが・・・。

     もし、なにかつらいこと悲しいことがあるのなら、いちど鳥になってみませんか。
     タカやワシでなくともよいのです、スズメやハトになってあの白い雲の上に飛んでみてください。
     青い空だけを見つめて飛びあがりそしてはるか上空からお住まいになっている町や村を見下ろしてみましょう。

     人々が行き交う平和な風景。
     それらはまるでアリのようでもあり、でもそれぞれが懸命に日々を生きていることが、あなたなら理解できるはずです。

     ようくみてください。
     みんな頑張って生きています。つらくてもしんどくても歯を食いしばって笑顔を見せようとしているではありませんか。
     あなただけではないのです。
     
     ひとしきり飛び回ったら地上へ戻りましょう。

     そしていちど鏡のなかの自分に会ってみましょう。
     まんざらでもない、そこかしこにはいない素敵なあなたが見えるはずです。

     誰もが幸せの葉っぱをくわえているわけではないのです。
     でもその葉っぱは、あなたのすぐそばに生えています。
     あなたの心がそれを見ようとしないだけなのです。


     今日のタイ・バンコクは曇り。
     夜半から梅雨のような雨が朝までつづきました。
     気温33℃、湿度72%。
     一歩街へ出れば路地から路地、あちこちに物売りが立ち、バイクタクシーが所在なげに焦点の定まらぬ視線をなげかけくる。

     でもみんな生きています。
     それぞれの環境でたくましく生きています。
     人間はつよい。
     やさしくてつよいのです。




    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    | ちい公ドキュメントな日々@タイランド  | NEXT
    2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].