ちい公
    http://isanwind.blog.fc2.com/
    World Wide Weblog
    何ができるのだろう
    2017-07-16 Sun 00:05

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    FB_IMG_1499781832957.jpg


    バスの中の一枚
    父がドライバー、母親は車掌というタイでは典型的なファミリービジネス。タイのバスは個人所有のバスが多い。
    生活が厳しく子守も雇えず、女の子は毎日この劣悪な環境の中で生活している。
    「ママおしっこ」
    「もう面倒な子だね」
    母親は乗客の視線も気にせずバスのフロアーでおしっこをさせ水でさっと流す。
    そして子供をまるで他人の子であるように非難して叱る。
    行き場のない子供は運転中の父親のそばへ逃げるだけ。
    しかし誰が彼ら夫婦を非難できるだろうか。




     SNSの投稿を見ていて時には笑い、微笑み、そして今日のように心を痛める。

     20年前、わずか20年前と比較してもタイは豊かになった。
     とりわけ都市部で人々は豊かさを享受しているようにみえ、日本の今と遜色のない日々があるように思える。

     しかし一方で、いつまでも貧困から抜け出せない人々が地方だけでなく大都市バンコクにも少なくない。

     かつてタイへ住みついた頃、自分に何かできることがあるだろうかと、当時は貧困の代名詞的地方であった東北部イサーンのあちこちを歩いた。
     しかし20年前、すでにタイは経済発展の中途にあり、そこにはもはや一日本人が手伝えることは少なかった。

     それで目を向けた場所がメコンを渡ったすぐそばの国ラオスだった。
     山深い農村で出会った子供たちの希望に満ちた美しい瞳は今も常に心にある。
     自分の活動がどうであれ、それは心の中ではもうすんだことで、それをいまさら売り物にするつもりなど毛頭ない。

     生活の中心としているタイで、ときおり見かける豊かさのおこぼれにもありつけない子供たち。しかしその瞳はかつてラオスの山村で見た彼らと同じようにもみえていて、しかしもっと悲しみに満ちていることもある。

     なにかできることはないか。
     大都会バンコクで非力な日本人にできることはないのだろうか。

     いたたまれない気分で見上げる日本の空。
     28日、バンコクへ戻る。
     それまでに考え準備すべきはなにか。
     心までが熱く燃えるような日々がつづく。



     




    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<おら暑さでいかれちまったかニャ | 忠犬ちい公ドキュメントな日々  | 我がふるさとイサーンふたたび>>
    この記事のコメント
    #550 http://pachyderm.blog54.fc2.com/
    返答遅れてすみません。
    小松左京のエッセイは「ガキ有ります」では無く「ガキ鍋あります」だった様な気がします。

    生活水準だけではなく、文化や常識の面でも日本とタイでは随分開きが有る様に思います。
    中国に似ている点が有るかと思えば、全くベクトルが違う側面もあるし。。。

    かと思えば、日本に似て無くも無い面が多少見受けられます。

    これは開国当初、チェラロンコン王のとった「徹底的に日本を模倣する」
    という政策が大きな影響を与えているのでは無いかと思っていますが。。。

    とまれ、タイに対しても中国や朝鮮同様、いま少し引いた場所から見ていた方が正確な事が見えそうな気がします。


    クイズの件ですが、
    同志大佐の手前、正確な拠点の位置は公表出来かねます。
    当方は立場上、トロッキスト扱いされてもしょうがない状態なので・・・
    2017-07-17 Mon 15:01 | URL | 山田 #sv3StoMw[ 内容変更]
    #549 Re:山田 様
    いつもありがとうございます。
    連休はいかがお過ごしですか。
    いつも元気で走っている山田さんですが
    この暑さでは無理しないようにね。

    それから、
    バスの子供の件ですが、つい最近当局に動きがありました。
    また続編を書きますので。

    もうひとつ、ずいぶん前の件ですが
    ブログでクイズをやったことがありました、
    山田さんが一発正解でしたので商品の送り先など
    教えて下さるように貴ブログのほうに鍵コメントを書いたのですが
    多分お読みになってないのかと。
    あれは、まだ有効ですからご連絡くださいネ。

    2017-07-16 Sun 07:08 | URL | ちい公 #-[ 内容変更]
    #548 http://pachyderm.blog54.fc2.com/
    食堂で小松左京センセイが「[ガキ有ります]と書いとけ!」と憤慨するエッセイを思い出しました。
    アレは筒井の作だったか。。。
    2017-07-16 Sun 03:48 | URL | 山田 #sv3StoMw[ 内容変更]
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    ∧top | under∨
    | 忠犬ちい公ドキュメントな日々  |
    2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].