ちい公
    http://isanwind.blog.fc2.com/
    World Wide Weblog
    ドンムアン空港
    2017-03-16 Thu 00:10


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    ドンムアン空港 (3)

    ドンムアン空港 (1)

    ドンムアン空港 (2)


    ドンムアン空港

     スワンナプウム空港ができるまでは国際、国内線ともドンムアン空港がタイのメイン空港だった。

     新空港スワンナプウムにほとんどの路線が移動してしまった後はかつての賑わいがウソのように閑散としていたドンムアンだった。しかし近年は各国に設立されたLCC格安航空会社が台頭し、使用料などのコスト面からドンムアンが再び活気を取り戻している。

     あたしの利用するSCOOTもここから。
     シンガポールの会社なのでシンガポール発バンコク経由で日本という運航。
     LCCだからエコノミーだと食事飲み物などのサービスは別料金。しかしビジネスだと食事は含まれている。

     Scootのエコノミーは使ったことがないので座席の感じは書けないが、LCCだから若干前後の間隔が狭くなっているかと思う。
     いつもビジネスを使うのは料金がそれほど高くなく、しかしチェックインや搭乗、到着時に優先されること、長い行列に並ばなくてもよいし、座席もそれなりにゆったりしていることなどが大きい。
     もちろんあたしはハイソでもリッチでもなんでもなく野良公としては貨物室でもよいくらいなものなのだが、飼い主の魔女がビジネスを使うので自分だけでは可哀相だと思ったのだろう。

     シートはよほどのことがないかぎり1番と決めている。最前列で前に客席がなくゆっくり過ごせ、長くもない足をおもいきりのばすことができる。

     左右2座席、真ん中が3隻、あたしはどちらかの窓側が好きだ。
     起きているときは雲の上はるかかなたに目を凝らす。もしかしたらUFOが見えないかといまだに期待している、まるで子供なのだ。

     一度だけこの路線で、かなたに豆粒のよう動く物体を見たことがあった。しかしなおも目を凝らすとそれは飛行機だということがわかった。

     けれども後で考えてみた。
     肉眼で飛行機が見えるということは、じっさいどうなのだろう、あれはニアミスとはいわないのだろうか・・・。
     だがそれもいらぬ心配だった。
     ニアミスは異常接近で、FAAの定義では半径150M 高度差60Mだという。

     またまた整理のつかない長ったらしい話になってきた。

     ちい公はまだバンコクを飛び立ってない。
     早くチェックインだけでもすませないと乗り遅れてしまう。
     
     
    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<エアポート 行く男 見送る女 | 忠犬ちい公ドキュメントな日々  | 家から空港>>
    この記事のコメント
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    ∧top | under∨
    | 忠犬ちい公ドキュメントな日々  |
    2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].