ちい公
    http://isanwind.blog.fc2.com/
    World Wide Weblog
    北朝鮮の危険な賭けはいつまで
    2017-04-15 Sat 00:10

    北朝鮮の危険な賭けはいつまで

    images_20170414130036e41.jpg

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


     今日4月15日、北朝鮮では盛大な祝典が行われている。
     金日成生誕105年を祝うというのだが、これに合わせて新たな核実験の兆候もあるという。

     経済制裁もなんのその無鉄砲な金正恩はひるむそぶりをみせず、少しでも先進国の高みへ自国を押し上げようとするかのように軍拡一筋の勢いは止まらない。

     親代わりの中国さえ手をこまねいている現状が垣間見え、もはや金正恩とその一派を抹殺するしか有効な手段はないようにも見える。

     日本のテレビで有名なバラエティ系コメンテーターが話していた。
    「いま北朝鮮を攻撃などすれば大変なことになる、おおくの民が死ぬし日本だって核を打ちこまれる可能性がある。とにかく話し合いで」

     呆れた。
     なにを言ってるのだ、このジジイは。
     交渉できるような集団かどうか、そんなことさえわからずに、さも知識人のような顔をしてテレビで喋るのではない。

     拉致問題がどうなっているか、知らないはずがないだろう。
     マフィア集団を相手にして交渉などなんの意味もない。まともな人間どもではないのだ。

     日本にあるアメリカ軍基地を標的にしていると公言してはばからず、ミサイルや核実験を繰り返すような輩は抹殺するしかない。
     朝鮮半島ひいては北東アジアの平和を願うなら腐った膿は切り取るしかないのだ。
     
     いつまでも甘ちゃんの日本、ニッポンジンであってはならない。エセ大人の忠告や警告などすでに足元を見られてしまっている以上なんの意味もなさない。

     忘れてならないのはいかにして日本という美しい国そして思いやりにあふれた民族を守るかということだ。
     
     


    今日もありがとうネ SeeYou
    | 世界のなかの日本国を考える | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<ちい公・夫婦心中をとめ、そして足骨折 | ちい公ドキュメントな日々@タイランド  | ふたたび神様の子孫に>>
    この記事のコメント
    #350 Re: senri32 様
    先制攻撃ができないのはつらいところです
    攻撃されるまで待っていなくてはならいとは。
    いずれにしろ米国が動けば自動的に日本は交戦国に
    なってしまうのです。
    もちろんそんなことにならないよう事態が平和に向かうことを
    願っていますが。


    2017-04-15 Sat 20:55 | URL | ちい公 #-[ 内容変更]
    #349 そうですね
    個人的には、すぐにでも「鉄拳制裁」を食らわせてやりたいのですが・・・。先制攻撃はできませんよね。やられたらやり返す。これでは遅すぎると私は思っております。3発目の「核」を食らうのはこの日本かもしれません。そうなったら、爺の私ですけど、奴らと戦います。命をかけて。孫、家族のためです。
    2017-04-15 Sat 19:29 | URL | senri32 #-[ 内容変更]
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    ∧top | under∨
    | ちい公ドキュメントな日々@タイランド  |
    2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].