ちい公
    https://isanwind.blog.fc2.com/
    World Wide Weblog
    Thank you Arigatou➡
    ちっちゃい扇風機だよ
    2018-06-21 Thu 00:03

    ちっちゃい扇風機だよ

    DSC_0003_2018062013062217d.jpg


     夕方5時、
    「タダイマぁ~」
     にぎやかに魔女さんが帰ってくる。朝は早いが帰宅も早い
    「今日はネ」
     大きな手提げをゴソゴソ。
    「今日はネ、ランチタイムにシリキットセンターに行ってきたの。ITフェアをやってるのよ」
     箱を取り出した。

    「はい、あなたにオミミゲ」
    「ミミゲ?」
    「忘れたニホンゴ、Souvenirよ」
    「おみやげか」
    「そうそう、それ」

     小さなファンだった。
    「USBで使えるから便利でしょ」
     あたしは日中にエアコンを使わない。それほど室内の気温が上がらないし体調も考えてのことだ。30℃程度の気温では暑さを感じなくなったのかもしれない。

     おもちゃのような扇風機だが、コントロールつまみもあってなかなか優れものにみえる。
    ・・・ま、こわれるまでは使えるだろう。

    「ありがとう、うれしいなあ」
     言っておくが、このひと言が大切なのだ。これが愛情に対する思いやりのお返しというもの。男たるものこれを忘れてはならない。
     男性とりわけ日本人は、夫婦なんだからいちいち言わなくてもわかるだろうなどとよく言うが、言葉にするとしないでは大きな違いがあるのだ。

     それからしばらく毎日小さな扇風機を顔に当てたり、PCが熱いようならそちらに向けたりして重宝してきた。

     しかし世の中それほど良いことばかりが続くわけもない。
     日本の春先のように鼻がムズムズし鼻水が出始めた。
     毎日まいにち顔に風を当てていて鼻かぜをひいてしまったようだ。

     久しぶりに思い出した言葉、
     過ぎたるは猶及ばざるが如し、これやいかに。


     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    Thank you Arigatou➡
    虫メガネと顕微鏡そして・・・
    2018-06-20 Wed 00:03

    虫メガネと顕微鏡そして・・・


    maicro.jpg


     とあるブログを読んでいて虫メガネという記述が心に残った。
     内容はともかく虫メガネという言葉が懐かしく響いた。

     虫メガネか・・・・。

     それを手に入れた最初は、後ろに投影される景色が逆さまになることに疑問を感じた。インターネットのない時代とはいえそのくらいのことは本で調べすぐに理解できた。
     
     つぎにやったことは、多分親から教えられたのだろう、絶対に太陽を見てはいけないということ、その証明としての紙焼き、つまり紙の穴あけだった。
    「お日様を見るとこのように目が焼けてしまうのよ」
     そんなことだった。

     何にでも興味をもつ子供だった。
     親が夏休み前に顕微鏡を買ってくれた。おそらく夏の昆虫などの標本づくりに役立つかもしれないと思ったのかもしれない。お土産の中には注射器や防腐剤などの標本セットもあった。

     しかし自分には顕微鏡がなによりだった。
     どうしてかと今になって考えると、学校に上がる前に読んでいた数々の伝記絵本、その一冊に野口英世物語があったためかもしれない。
     
     偉人伝のなかに出ていた顕微鏡がいま自分のものとして目の前にある。それはすごいことだった。まるで小学校の理科室が自宅に出来たような高揚した気分はどこかに記憶として残っている。

     いま思えば本当におもちゃの粗末な顕微鏡だったが当時の子供には宝物にも匹敵した。
     スライドガラスとカバーガラス、ピンセットなどがあって、とにかく何でも載せて覗いた。
     おそらく倍率などもたいしたことはなかっただろうがそれでも葉っぱの葉脈などはくっきり見えた。

     あれから何十年。
     学者になることもなく文系で文字並べで飯を食ってきた男が一人。
     目の前にあるのは細かい文字用の天眼鏡一個。

     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    Thank you Arigatou➡
    大阪激震 M6,1
    2018-06-19 Tue 00:03

    大阪激震 M6,1


     皆様のところは地震大丈夫でしたか? 関東地方でも地震が続いているようです、どうぞお気をつけください。
     被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。


     
    6月18日
    スマホのNHKニュース速報がピンポロポンと鳴った、バンコクタイム午前6時。
     大阪で地震の速報。

     震度6は大きい。
     しばらくしてWhatsAppがメッセージを伝えた。
    「いま大きな地震があった。びっくりして飛び起きた」
    「なにも落ちてこなかったか、物置ハウスの妖怪は」
    「小物がちょっとだけ」
    「あっしのミニミニコンドも時間あれば見てきてちょ」

     妹サクラとそんな会話のあと、ニュース速報にくぎ付けになった。新幹線、在来線、各私鉄も軒並みストップのようだ。
     時間経過とともにケガ人の数も増加、高槻市では死者も出ている。

     大阪エリアは活断層の上にあるとはいえ体感する地震はそれほど多くない。どちらかといえばあたしには安全な街だという認識があった。

     しかし日本列島はどこも安全な場所などないと考えを改めねばならない。

     昼前、サクラから連絡。
    「あんちゃんちのミニミニはグチャグチャだった」
    「えっほんとか!」
     あたしは驚いて大きな声を出した。やはり激震だったのだ。
    「・・というのは冗談。だけどテレビがひっくり返って前に落ちていた。どこも壊れてないようだったけどね」
    「なんだよびっくりするじゃないか」

     こういった地震の後はもう一度大きな揺れが起きるケースがある。まだまだ注意は必要だ。
     皆様どうかお気をつけくださいね。

     
     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    Thank you Arigatou➡
    ラッキョウ
    2018-06-18 Mon 00:03

    ラッキョウ

    DSC_0007_20180617095246e58.jpg


     ラッキョウがEMSで届いた。
     箱のほとんどが梱包材でコーヒー瓶ほどの容器に酢漬けラッキョウがぎっしり詰まっていた。

     黒酢で漬けたが漏れるのが心配でいっしょに入れなかったと書いている。
     しかしまあ国際郵便でよく送れたものだ。
     送料も高かっただろう。

     あたしはイイダコでもないのにどうしてかラッキョウ漬けが大好物。
     これも幼児体験か。
     幼いころラッキョウなどは道端にかってに生えているものだと思っていたが、あれは多分ヒル系統の植物だったのだろう。

     身内ならではの思いやりに感謝、合掌。

    「なになに?」
     魔女は臭いを確かめそして、恐るおそる一粒口に含んで、
    「げっ!!」
     吐き出してしまった。

     ドラキュラはニンニクだがうちの魔女は生のオニオン系はすべてだめ。
    「こんな美味しいものを」
    「げっ! あとハミガキ忘れないでね。でないとキスしない」
    「おっラッキー。ラッキョウ食ってラッキー。どうだクサいか、ハアハア~~」
     ダジャレが通じるはずもない。
     魔女は逃げてしまった。

     そうかラッキョウのシーズンなんだな。

     

    今日もありがとうネ SeeYou
    | 旅 日記 アジア タイ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    | ちい公ドキュメントな日々@Thailand | NEXT
    2006-2018 template by [ALT-DESIGN@clip].