FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    あのね お願いが

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    09 /20 2019



    anone01.jpg


    「あのね。あのね。あのね」
    「なに、はやく言ってごらん」
    「あのね」
    「あのねばかりじゃ、わからないよ、なに?」
    「あのね、これほかのみんなにはヒミツだよ」
    「うん、わかった」
    「あのね、オッパイほしいの」
    「オッパイ?」
    「まだ子供でしょ、ドッグフードよりオッパイのほうがいいんだもん」
    「そうか、オッパイが恋しいのか。それならママに言わないとな」

     



    FB_IMG_1568269533607.jpg








    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    ミッドナイトカモーイ&モーニングママギャートル

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    09 /19 2019


     カモーイとはタイ語で泥棒のこと。
     英語とチャンポン造語、ミッドナイトカモーイ・真夜中の泥棒、つまり夜中にごそごそ動き回っているあたくしのことです。

     こちとらは夢のなかの妻に気兼ねしてそっとベッドを抜け出し、忍び足で隣の部屋へ行くのですが、それでも気づかれずに動き回るのはなかなか難しいようです。

    images_20190917143604261.jpg


     なんせけっして広くないレジデンスなのでマウスのクリック音さえ気にして、最近は深夜用には音の出ないマウスを買ってきてもらってるような具合です。

     しかし深夜の泥棒・ミッドナイトカモーイなんていうのは横文字にするとなかなかよい響きで案外気に入ってたりするのです。


     朝になるとこんどは妻がモソモソと起きだしてくるのですが、これがまたなんともいえない格好で、まさか写真を撮るわけにもゆかず、しかし思わず笑ってしまうというなんともマンガチックな寝起きなのです。
     本人の名誉のために言っておきますが、もちろんあたしが書いている事実には多少の誇張はあります。
     けれども考えることもなく口から出てきたのが「ハジメ人間ギャートルズのお母ちゃん」でした。


    mama01.jpg


    gya02.jpg



     後に漫画を見せて説明したところ。どういうわけかご本人は非常にウケて、なんなら漫画のようにおっぱいまで放り出そうかという勢いなのです。

     まあしかし男と女、なにかの縁で夫婦になったわけで、所詮は他人などとも言いますが、これだけ言いたいことをくっちゃべって毎日、朝っぱらから大声で笑っていられるのは、まさしくフリントストーンの時代からさほど進歩もないのではと思ったりするのであります。

     

     
     





    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    怪獣アムゴン

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    09 /18 2019



     送られてきた写真をチラッと見たときほんとに怪獣かと思った。
     そしてつぎに北欧のバイキングの子孫かと考えた。


    DSC_4891.jpg


     妻のオフィスから、夜の7時半ごろだったか、今日の残業も終わってへたばっているのだとコメントがついていた。




     ごめんね
     怖い写真だったね。
     あれでも彼氏を募集中なんだよ。
     いい子なんだけど、気がつよくてしっかりもの。
     だからすこし歳の離れた牽引力のある男がいいのだろうね。
     タイの男は浮気者だから信用できないって言うんだけど、浮気者は日本でもたくさんいるしね。
     どこかにボランティア精神にあふれた日本男子はいませんかね。


     
     ほんとにこんなこといいながら何年経ったかな。
     もしかすると一生嫁にゆかないのではと心配してしまうけれど、うちの魔女だってけっこうよい年齢になってから日本のナイスガイに拾ってもらえたのだから、まだそう心配する必要もないか。




     最後はお目目の保養です。
     ほっこりしてかえってね。
     また明日も来てくださいね、ありがとうね。



    02_20190917142127c8c.jpg








    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い