fc2ブログ

    ちい公ドキュメントな日々

    アジアの風をいっぱいに受け 雲のように日々を・・・・

    外国旅のお供Google


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村

    外国旅のお供Google


    今どきはどこへ行ってもその国の言語はもちろん英語だって必要ではない。
    Googleがあればたいていのことは解決できる。
    そりゃまあ現地の人たちともっと仲良しになりたければ訪問国の「こんにちは」や「ありがとう」くらいはすぐ出るように覚えておけばよいけれど、それくらいは英語で話せばよい。よほど未開地でないかぎりわかってくれる。

    あるマダム連がとある国を訪問した。
    はじめてではない海外旅行。これまで何度もいろんな国へ旅した。
    「昔とちがっていまはこんな便利なものがあるから楽よね。Googleの前にはわざわざ翻訳機まで買ったりしたものよ」

    とある国の首都から電車で移動した観光地。
    山里といってもよい絶景の場所。ガイドブックでは観光客も多いと書いていたがいまはシーズンオフなのか閑散としている。
    「ラッキーね、わたしたちだけみたいよ、貸し切りじゃないの」
    ここまでの列車はそれこそローカル線。1時間どころか2時間に一本くらいの山の駅。
    次の列車を確かめてさあ散策タイムです。
    とにかくおしゃべり、そして写真を撮りまくる。その姿を直接目にしなく声だけ聞けば女学生。

    なんだかんだで時間が過ぎました。
    「タイヘン。電車の時間が。急がないと」
    二人は急いで駅へ戻ってきました。
    山の駅。切符の自動販売機などありません。
    駅員がひとり座っているのが見えます。よほどヒマなのか大口開けて眠っています。
    「すみません、すみません」
    「オネガイシマス、スミマセン」
    イントネーションを変えたくらいでは起きてくれません。
    声が表まで聞こえたのでしょう。現地の人らしき男性が入ってきて叫んだり怒鳴ったりしで起こしてくれたのです。
    それで何とか街へ戻る切符は買えたわけです。

    ところが日本のように発車ベルもアナウンスもありません。乗ろうとしていた電車は二人がホームへ入る寸前で発車してしまったのです。
    これが日本なら大声で叫ぶという手もあったでしょうが、ここは外国の山の中。二人の口から出たのは「ああ!ああ!!」だけ。

    「あそこで駅員さえ起きていればぜったい間に合ったのよ」
    元はといえば時間に余裕をもって戻ってくればよかったのです。
    次の電車はほとんど2時間後。
    「こうなったらタクシーよね」
    駅前に1台のタクシー。
    さあGoogleさまの出番です。
    街まで乗せて頂戴とスマホにしゃべり、Google翻訳の現地語をみせたのです。
    するとドライバーはろくに見もせずにダメだと手を振ったのです。
    身振り手振りでなんとなくわかったのは、お客さんがいるから駄目だということ。つまり予約の客待ちのようなものだったのです。

    またGoogleです。
    「タクシー ココデマテバ ヨイノデスカ」
    それをみせる前のマダムの動作がいけなかった。
    スマホ画面を見せながら、ここにしゃべって頂戴とスマホのマイクあたりを指さしたのです。ドライバーに話してもらった現地語を日本語に翻訳してしまおうという安易な考え。

    Google02.jpg


    するとドライバー、スマホに向かって、
    「ハローハロー」
    それをなんどか繰り返したのです。
    「そうじゃなくて質問の返事をください、あ、これは録音しなくてもいいのか、えーと、えーと」
    ・・・えーと、って日本なら今年の干支を答えてしまうところですが、
    「タクシーヨビタイ、デンワ、ワカルカ」
    スマホに話す日本語もあやしくなります。焦ってきたのです。
    「ここへ話して」
    よく考えればもう少し詳しくしゃべってもGoogleさんは翻訳してくれたでしょう。
    タクシードライバー、またもやスマホに向かって、
    「ハローハロー」
    このドライバーはけっして悪くないのです。電話の向こうに自分の国の言葉がわかる誰かがいるだろうと懸命にしゃべってくれたのですから。

    こりゃだめだ。
    あきらめたマダムたち、街に住む知人に電話してタクシーの手配をしてもらってどうにか決着したようです。
    なんでもスマホに頼っていてはこんなこともありますよという嘘のようなホントの話。



















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

     ソンクラーン(水かけ祭り)がはじまった


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村

     ソンクラーン(水かけ祭り)がはじまった


    sonnkurag.jpg
    (ネットより・アユタヤにこれくらいは掃いて捨てるほど)


    今日12日から来週16日までソンクラーン。
    タイの二度目のお正月ともいわれるソンクラーン。元来は当然ながら仏教行事。簡単にいえば、水を頭からかけて不浄や悪運を洗い流すといった寺院の行事。それがいつからか町で水をかけあう大騒ぎに変化していった。

    ソンクラーン。
    むかしは楽しかった時期もあったがいつからかわざわざソンクラーンに外出して水浸しになる必要もないと考えるようになった。
    まあ気分の持ちようだろうが、それだけ歳をとったということかもしれない。

    お向かいの妹分アムそしてお隣のヌゥはバンコク郊外の実家へ帰る。
    木曜日の朝、ふたりともたくさんの荷物を背負って会社へ出かけていった。夕方までは仕事。

    そういえば家人の転勤でアユタヤにやってきてもう6年になるか。その間ソンクラーンの時期4月にはここにいなかった。毎年4月は私の新年度でもあり日本で何かと忙しかった。

    したがって毎年のソンクラーン休暇を家人は一人で過ごしていた。
    幼少期から実父実母との縁が薄かった彼女は、育ての親ともいえるおばあさんが亡くなってからはこのようなときに帰る場所がなくなった。
    いままでそんなことをいっさい口にはしなかったが、寂しさをじっと耐えていたのかもしれない。思えば不憫でもある。

    今年は亭主がいる。
    胸を張れるわけではないが、まあ誰もいないよりはましだろう。ドラマや映画をみてしゃべったり笑ったりすることくらいはできる。

    木曜の早朝。
    アム、
    「ちゃんと水分をとるのよ、気をつけてね」
    数日体調の悪かったちい公を気遣ってくれる。
    「アムもよい休暇をね、太って帰っておいで」
    「まかしといて」

    さあ今日から多くの住民が帰省などでいなくなる。ここのレジデンスはそれこそゴーストビルディングになるだろう。
    なんとなく楽しみ。
    家人と二人でテラスで水かけでもするか。

    ・・・あれみてみな、あのニッポンジンまたやってるよ。この前まではゴムパチンコ打ってたよな。

    そんな声が聞こえてくる。




    タイ人にとってもこの季節は暑い
    アユタヤのイメージ(Ai From Facebook)


    Ayutthaya now













    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

     アユタヤ県のお店でランチ


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


     アユタヤ県のお店でランチ


    アユタヤのレストラン (1)

    アユタヤのレストラン (2)


    友人たちといったのはアユタヤ市街からもっと西、アユタヤとは別の郡になる場所。
    といっても旧市街を抜ければ田園が広がる田舎なのですぐに到着。

    IMG-20240407-WA0025.jpg

    IMG-20240407-WA0022.jpg


    川のそばのレストランで以前にもミルキーたちと来たことがある。

    この店はパッタイ(タイの焼きそばみたいなもの)が有名です。
    わたしはいつものように焼き飯そしてすすめられてパッタイも注文した。
    焼き飯はカニの身入り。
    あっさりしておいしかった。

    パッタイ、焼きそば風というだけで味はタイテイスト
    IMG-20240407-WA0006.jpg

    もっとモヤシがほしければこれを混ぜます
    IMG-20240407-WA0015.jpg


    ご存じ青パパイヤのサラダ・辛くないバンコク風
    IMG-20240407-WA0018.jpg


    食事のあとは今日の目的。
    5月の日本旅についての打ち合わせ。
    彼らにとってははじめての海外旅行。外国としてはラオス旅行の経験があるらしいがタイ人にとってラオスは外国ではない。なんせタイ人がラオスへ入るのにパスポートは必要なくタイの身分証で入ることができる。
    なので彼らにとっては初めて作ったパスポート。

    ネンとトウ (5)

    ネンとトウ (7)

    ネンとトウ (9)


    まず今日は日本入国に関しての手続き、VISIT JAPAN WEBへの登録。
    入国イミグレと税関がいっしょになって便利にはなったかもしれない。これは日本人の私にも関係があって日本へ入国するなら同じように登録しなければならない。
    今月ひとあし早く日本へ戻る私はもうすませている。

    ワアワア言いながらスマホ操作している彼らをみていて、ふと思った。
    夫婦というものは長く一緒に暮らしているとどことなく顔が似てくるのだなあ、と。

















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    あ~あ やだね


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


    あ~あ やだね


    友人夫婦とランチに出かけた。
    彼らは5月に日本へやってくる。
    忙しい旦那がなんとか数日の休みをつくって奥さん孝行、という口実。
    その打ち合わせもあって出かけたのだが、この話はまたにして、そのときに起きた情けない話。

    いつも書いているが私はせっかちなのか子供のときから食べ物をポロポロこぼす。
    母が言った、「ちいさんのご飯にはいつもニワトリを呼んでおかないとね」
    それがいま、家人がそっくりの言葉を投げかけてくる。

    今日は久しぶりの友人夫婦とランチ。
    しゃべりながら私が食べているのは、なにがなくともタイの焼き飯・カウパッ。
    ご機嫌で食べている私の横で家人はこの店の名物タイの焼きそば風ヌードル・パッタイ。

    「キャー!!」
    家人がとつぜん叫び声をあげた。
    足元に犬がきていた。
    店はオープンテラスで、犬などが入ってきても追い出すようなことはしない、それがタイスタイル。
    「あなたがライスをこぼすから」
    ワンコとしてはありがたい客。
    私が落とした焼き飯をきれいに拾ってくれた。

    そこから話は私の家での食事風景になり、どうしてか歳はとりたくないという愚痴に。


    そこでおもしろがって友人の奥さんがネットから見つけてきたエプロン。子供がつけるものだが最近は年寄り用もあるらしい。
    家人がウケて写真を保存した。

    ep01 (2)

    ep01 (1)



    私は、そんなものよりこれを買ってくれとテレビショッピングのポータブルトイレを見せた。
    これがあれば夜中でもわざわざトイレまでゆかなくてすむ。ベッドの横に置いとけばいいのだから。
    いま買うといろんなものがついて5840バーツがなんと890バーツだって。2万円ほど安くなるってどんな原価だ。

    IMG-20240407-WA0013.jpg

    IMG-20240407-WA0012.jpg



    そんな会話をつづける私たち。
    向かいから友人夫婦が心配そうにながめていた。
    おいおい、マジで心配するんじゃない。













    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村


    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    バンコク・フォランポーン駅から帰ります


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


    バンコク・フォランポーン駅から帰ります


    1-1st.jpg

    1-2st.jpg


    もとのバンコク中央駅。
    いまはすこし北方のバンスー駅が中央駅になっているが、フォランポーン駅は廃止といっていたが今も使われている。
    この国の政策はよくわからない。見通しが甘いのだ。

    中国との共同事業、東北からのびる新線も数年遅れ。そらみたことか中国なんかと手を組むからだ。目先の金につられて、そのうちにまた新たな問題が起きるだろう。


    話を戻します。
    今月12日からはじまるソンクラーン祭のために祭壇が設置されていた。
    写真には撮らなかったが、おばさんがひとり手前ではき物をぬぎお参りしていた。

    2 st

    3 st


    久しぶりに来ましたフォランポーン駅。
    前回は昨年か、タイ西部のカンチャナブリへの旅だった。


    この駅の発着本数が減り使用されないホームは博物館
    4 st

    5st.jpg

    6st.jpg

    7st.jpg



    これは現役の列車
    掃除も手作業です
    8st.jpg


    チャオプラヤークルーズで楽しんだ後は各停でアユタヤに戻ります。
    アユタヤからタクシーだと安いGRABで800~1000バーツ。
    来るときはタクシーだったが帰りはゆっくり、そしてなんとアユタヤまで一人15バーツ。チケットの紙代にもならないような運賃ですから、冷房なしで椅子が固いプラスチックみたいでも文句はいえません。約2時間ちかく、タイの田園風景をみてがんばりました。


    10st.jpg

    9st.jpg











    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    バンコク・チャオプラヤークルーズへ


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


    バンコク・チャオプラヤークルーズへ


    IMG_3219.jpg

    IMG_3196.jpg


    こちらであまり詳細は掲載できないのですが、久しぶりのチャオプラヤークルーズが楽しかったので動画だけ。

    この日、サックスプレーヤーのサマートに久しぶりに会いました。実際に会ったのはもうコロナ前ですから数年ぶりです。
    日本からの大切なお客様がお越しになると話しておいたので、マネージャーをはじめとするスタッフがほんとに楽しくやってくれました。

    さあ今度はいつこの船に乗れるでしょうか。
    楽しいのでもしかしたらウエイターのバイトをしているかも。

















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    うちむらかんぞう 内村鑑三


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村

    うちむらかんぞう 内村鑑三



    長い人生でいろいろな本に出会った。
    とくに子供時代には多くの本を読むことができた。
    それはやはり母の方針が大きく影響していたと思う。
    もちろん娯楽の少ない山里の生活からはじまった人生だから、子供としての夢や冒険の世界の大部分は本のなかに存在した。
    本といっても記憶にある大部分はその時代に刊行されていた子供向けの月刊誌だった。たとえば“小学〇年生”とか漫画が主体の雑誌もあった。そしてそれらの本にはかならず付録があってなかには読み切り漫画本があったりしてそれらは毎月たまってゆき本箱が図書館のようににぎやかになっていった。

    しかしハードカバーの単行本はそんなに多くなく、今でもはっきり覚えているのは「内村鑑三」というタイトルの本。
    どうしてこの本を覚えているのか、いま思えば初めてのハードカバーの本だったからだろう。サイズは違うがまるで百科事典のような頑丈な本というイメージが残っている。

    小学生になったかどうか、あるいはもう低学年にはなっていたか、そんな子供に、どうして母親がこの本を選んだのかは不明だ。もちろん文中の文字は子供でも読むことができるものだったはずだが、ご存じの方は分かるだろうが内村鑑三という人はキリスト教のいわば宗教学者的な一面もある学者で、母がすべてを分かってその本を買ってきてくれたとは思えない。

    おそらく同時期だっただろうが「野口英世」という本も読んでいて、そちらはかなり偉人的な色彩がつよく、記憶のなかでは光の中で輝いている人物像として残っており、比較すれば内村鑑三の本はかなり地味で難しかった。苦しみばかりの人生のようでどうしてこの人の生き方が本になっているのか子供には理解が追いつかなかった。

    しかしいずれにせよ本を読む環境を与えてくれた母には感謝しかない。お陰で夢の世界に遊ぶ時間が同世代の誰よりも多かったことは事実だ。
    同級生の何人かは休みにうちへ来るのを楽しみにしていた。みんな本棚に並んだ漫画本が目当てだった。時代が違えばテレビゲームだったろう。そう思えば物質的には豊かではなかったけれど、心はけっして貧しくはなかった、そんな気がしている。





    電子版 
    電子ブック














    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    タマばあちゃんのよもやま話 その①


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


    タマばあちゃんのよもやま話


    ブンばあさん よもやま (1)


    ブンばあさん よもやま (2)



    うん、なんだい。
    わたしになにか話してほしいって。
    そうだね、編み物しながらでもよければなにかお喋りしようか。

    まだまだ元気ですねって。
    まあね、おかげさまで、人並みに薬なんかは飲んでるけどね、とくにどこか痛いとかもなくて、毎日なんかしらで体を動かしているからかもしれないよ。
    やっぱり籠りっきりになるのがいちばんだめだというね。体も頭もつかって毎日生きる、それも一所懸命でなくてよい、のんびりゆっくり、それが元気を保つ秘訣だろうね。
    この歳になってあれこれ悩んだりしてもせん無い話よね。日々の糧に感謝して幸せを感じながら、ただそれだけでいいの。

    みんな歳をとって、そりゃあ、すこし頭の回転も遅くなるけれどそれはそれでいいのさ。それも歳をとるってことの証だからね。

    あ、そうだ、人のことは言いたくないけれど、ご近所のブンばあさんって、そうね私より五つ六つ年上のお姉さんだけど娘夫婦と孫二人、なに不自由なく毎日を過ごしているんだけどね。昼間、娘たちは仕事や学校などでブンばあさんひとりで留守番しているんだ。

    ある日、通販の配達が仕事先にいる娘のところに電話してきた。最近のネット通販は配達のたびに確認の電話をしてくるようになってるんだけど、娘は電話に応えた、
    「おばあちゃんがいるから庭先の雨にかからないところへ放り込んどいてくれたらいいわ」
    いつもそうしてもらっているので、とくにサインも必要ないの。

    それから数分後、配達員がまた電話してきたの、娘にね、
    「おばあちゃんがいたので荷物は渡しました。だけどおばあちゃんが私に注文するんです、今日は汁なしヌードルが食べたいから届けておくれって」
    それを聞いて娘は、またかと思った。
    おばあちゃんはこのような配達員とフードデリバリーをいっしょだと思ってるんだね。
    「ごめんさないね。私から母に電話しときます」
    そうして娘は夕方買ってかえるからとおばあちゃんに伝えたらしい。

    みんな同じようなバイクで来るからね。間違えてもしようがないわね。うちは大家族でみんなしっかりしてるからこんなことはないけど、私一人ならわからないよね。

    あらこんな話でよかったかい。
    またおいでよ、なんか思い出しとくからさ。
















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    おお!! もうすぐ40℃


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


    おお!! もうすぐ40℃


    331 午後308



    3月31日午後3時過ぎ
    テラスの日陰に温度計を置いてみた。
    アユタヤ・田舎地方、今日の最高気温は41℃予想だった。
    もう日陰で37℃を超えているから最高気温は予想よりも高くなることが想像される。

    今日4月1日、お客様がバンコクへお越しになる。
    この暑さに体調をくずさねばよいが。
    これでは観光も大変。
    明日2日にはバンコクにゆく。
    久しぶりに美人マダムご一行に会える。





    38℃を超えた
    331 午後318














    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    ビザ食べたい


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村

    ビザ食べたい


    テレビCMをみていてむしょうにピザが食べたくなった。
    しばらく、といってもどれくらいか、ピザを食べてない。
    いつだったかアムと三人でアユタヤのデパートへ出かけたときにピザを食べた。
    最近のピザ屋にはちゃんとタバスコがあった。

    バンコクなどで入ったピザ屋にはタバスコはなくタイのチリソースや唐辛子が置かれていた。オレガノもあったが私にはその美味しさがわからなかった。タイの人々にはオレガノは必須だときいた。
    ピザといえばタバスコというのは日本人ならではの習性かもしれない。アントニオ猪木さんがブラジルから輸入したのが始まりといわれている。ピザ以外にタバスコを使ったことがない。これは田舎者の私だけか。

    さて今回の注文は、シュリンプカクテル(L)519btとソーセージベーコンなどがのったピザ、これもLサイズ(629bt)。どうしてふたつもオーダーしたかというとよくあるサービス、ひとつオーダーすればもうひとつがフリーになるというもの。
    このサービスをやっているピザ屋をチョイス。家人の仲間内では美味しいピザ屋だという。
    今はデリバリー料金が9バーツ、そしてピザ1枚ににコーラが1本ついてくる、計2本。
    それにしても、1枚買えば1枚タダになるというのはどういう原価計算なのだだろう。
    まあよい、むつかしいことは考えまい。

    ピザがきた。
    たくさんあるのでお向かいのアムにもデリバリー。コーラも1本。彼女は健康によくないと言いつつコーラが大好き。

    IMG-20240330-WA0005.jpg

    IMG-20240330-WA0010.jpg



    私自身コーラを飲むのはずいぶん久しぶりだった。
    すぐにお腹がいっぱいになって2切れしか食べられなかった。
    ピザのカリカリ薄焼きはお腹でふくれるのかもしれない。
    サラダは自家製。
    これはいちばんおいしいと胡麻をするちい公。



    IMG-20240330-WA0012.jpg
















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    次のページ