FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    怒り泣く魔女

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /21 2018


    ダウンロード (2)


      
     モニターの中で目を真っ赤にしたおくちゃま。
    「どうしたんだ?」

     ちょうど日曜の夜だった。
     その日は朝から自分たちが住んでいるコンドのタワーで住民集会が管理会社主導で開催された。
     うちの奥ちゃまもいろいろ言いたいこともあるといって参加した。
     そこで何かがあったのかと思ったがそうではないらしい。

    「ホウキに乗ろうとして落ちたのか?」
    「遠くへ出かけないから今日は乗ってない」

     よくよく話を聞いてみると、テレビで日本のドキュメンタリーを放送していたのを今まで観ていたのだという。
     内容はペットの問題。野良犬を捕らえて施設に連れてゆく話。
     様々な事情で飼い犬を手放す人々。
    「信じられない」
     一人の若い女性が自分の犬を回収車に連れてきた。
     理由を聞くと、お金がないから飼えないという。
     施設に連れてゆかれた犬が、誰も引き取り手がいないとどうなるか知ってのことだ。
      
    「なんなのあれは、ほんとに無責任」
     魔女おくちゃまは怒っている。
    「人間の命も動物の命もおなじでしょ、とくにペットにしたのならそれは家族とおなじでしょ、それを捨てるなんて信じられない。あの犬は、可愛い顔をしていたあの犬は、何もわからずただ鳴いていたわ」

     かなりショックだったらしい。
     日本人はやさしい人ばかりだと思っていた。
    「どこの国でもおなじだ。優しい人もいればそうでない人も少なくない」
     あたしはただ慰めるしかない。
    「でもね、あなたのブログに来てくれているペットのオーナーたちを思い出してごらん。多くのブログオーナーは、家がなく飼い主のいない彼らを引き取って家族にしているんだよ。そんな日本人もけっして少なくないんだ」
    「・・・うん。○○さんブログもそうね。あの子だって元はホームレスだったのね」

     そんな話をしばらく続けた。

     そこであたしが思い出したのは日本の昔話。
     直接に関係はなかったのだが気分を変えてあげようと考えたのだろうちい公としては。
     なぜかわからないが、最初のお話は桃太郎だった。
    「むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました・・・」
     これを英語で話す。もちろん小学生程度の英語だ。
     
    images_2018031911101015b.jpg



     さっきまで泣いていたおくちゃまの表情が変わってきた。子供の顔になる。

     あたしはここぞとばかり次の話。
     ちょうど桜の季節になるので「はなさかじいさん」
     そして最後はカメを助けたけれどお爺さんになってしまった「浦島太郎」

     なんだか幼稚園の先生になったような夜のお話。
      
      

    images (2)

    hanasaka-530x432.png

    images (4)



    野球シーズン

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /20 2018


    ダウンロード


      
     センバツ高校野球が間もなく始まる。

     ふと思い出した母校。
     わが母校がセンバツに出たのは何十年前になるか。忘れもしない、卒業して大学も決まった春だった。

     センバツの中継を聴きながら仲間と麻雀をしていた。

     母校は期待を裏切らず一回戦で敗退した。応援にも行かず真昼間から麻雀に興じている生徒どもは誰も悔しがらなかった。

     知り合いの某球団スカウト、彼は西日本担当でいつもは大阪にいる。
     おもしろそうな仕事なのでよく話を聞く。
     いままで数々の選手を発掘してきたがメジャーにも行った有名投手をスカウトしたのが彼の自慢だ。

     興味があるなら甲子園に行こうと誘われたが日がな一日高校野球を観戦するのは勘弁してくれと断った。
     
     そんなことをしていると帰れなくなってしまう。
     こちとらは棲家がなくなるかもしれないのだ。
     
     
     
      

    飛行機が・・・

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /19 2018

      
     帰る飛行機をあれこれ探し回った。
     日本の春休みそれに桜シーズンと重なって適当なフライトが見つからない。

     なんだろうね、いつも思うのだけど乗客が多くなると高くなるのがおかしい。当たり前といえば当たり前なのだけど客が多いのだから安くしてもよさそうなものだけど、それじゃ経済は成り立たないのだね。

     やっとみつけた、あまり高くないビジネス。
     これでやっと帰ることができる。
    「ワーイワーイ、イエーイ、イエーイ!」
     モニターの中で魔女おくちゃまが踊っている。これも恒例になったバカ夫婦のギャグ。

     結局、月末になった。
     週末だからおくちゃまも喜んでいる。
     帰ったらすぐにプールだと宣告された。忠犬はダイエットのお供もしなくてならない。歩いて2,3分、敷地の中だから一人で行ってらっしゃい、とは言いたくても言えない。

     とはいえあと10日ほど、なんちゃって自炊生活がつづく。

     そうだついでに書いておこう、皆様のブログ、とくに料理を掲載されているブログ。
     ほんとにどれも美味しそうで毎日うらやましくてしようがない。
    ・・・あたしもこんな料理食べてみたい。
     毎日おなじことを思う。
     いちどでよいから同じ食卓についてみたい。

     ああ、さて何つくろかな。



    結局いつものSCOOTになった 
    同じ景色がまた

    scoot (1)


      
      

    テレビで涙?

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /18 2018

    images (1)

      
     テレ東に「Youは何しに日本へ?」という番組がある。同局の看板番組の一つにもなっている。
     空港でカメラが待ち受け、やってきた外国人にインタビューし面白そうなら密着取材する。

     たまたま録画に入っていたのを何気なしに回していた。ラジオと同じで集中するわけでなくほとんどは耳からのながら族。

     家出という言葉、そして日本で仕事を探すという言葉に興味をもった。

     三十代前後のイタリア人男性。
     イタリアで博物館のコンピューターエンジニアとして仕事をしていたのだが職場には何も告げず、両親には「僕を探さないで」とメモ書きだけを残して日本にやってきた。まさしく家出。
     
     詳しく語ろうとはしないが職場やその他プライベートでの何かが大きくふくらみ、自分の人生をやり直したいと決心したという。
     日本を選んだのは以前に観光で来たことがあるのと友人が都内に住んでいたから。

     線の細い男性でこのままにしておけないような危うさも確かにあり、同番組が密着。
     オンエアで使われた素材は少ないが、スタッフは毎日彼に会っていたと思う。
     そして、来日7日目だったか、それまでは両親にも連絡しないと頑なだった彼がいちど電話してみようかなと言い出した。

     はじめは父親、日本にいることそして仕事を探すという息子の話に、
    「もしお金がなくて帰れないのだったら送るよ」
    「そうじゃないんだ。人生をやり直したいんだ。だから戻らないよ」
     親子の短い会話に、彼が家を出てしまった、すべてではないだろうが一因となる何かがあると感じた。

     母親に代わった、最後は、
    「あなたにキスを送るわ」

     電話の後、彼がポツリと言った、
    「日本に来たときはもう電話なんか決してしないと思っていたけど、でも電話してよかった。がんばって落ち着いたらメールでもするよ」

     どうなるのかこのYouは、番組は密着を継続するという。

     夜の町に消えてゆく青年の後ろ姿をみていて、なぜか胸が熱くなった。どうしてなのかわからない。
     ニッポンのオジサンは自分自身の過去をオーバーラップさせたのか。

     やめよう。
     お酒の時間なり。

     
      

    さて帰らないと

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /17 2018


    images_20180315122953670.jpg


      
     もういいか、
     帰ろかなバンコクへ、
     オクちゃまの待つバンコクへ帰ろかな。

     折しも日本のあちこちからは桜の便りがチラホラ。だけど魔女オクちゃまのいない花見なんて楽しくもなんともない。

    ・・・などと、ゴマぁ~を擦りましょ~陽気にゴマをね~。あ~ソレソレ~。

     バンコクへ帰る日が近づくとちい公の態度は豹変する。
     愛妻家ちい公、なんというステキな旦那様。どんな美人が目の前で媚を売ろうと目もくれず、ただオクちゃまの写真だけをながめて微笑むだなんて、ほんと理想的なハズバンドじゃあ~りませんか。

    ・・・などと、ゴマぁ~を擦りましょ~陽気にゴマをね~。あ~ソレソレ~。

     いや、まじめな話、バンコクへ帰らなくては。

     飛行機を探す。
     もちろん貧乏侍は普通のエアーなんて乗れない。格安をさがす。とはいえジャイアント馬場もビックリの長い脚に前の広いビジネスは必須条件、それに、情けないことにお尻が覚えている座りごごち。

     どうするかなぁ・・・。


         
     
      

    踊るポンポコ魔女

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /16 2018

      
     夜の定時連絡。
     モニターの中で魔女が踊っている。
    「チャンカチャンカ、チャンカチャンカ、ワァーイ、チャンカチャンカ、チャンカチャンカ」

     バンコクは真夏の到来。連日すでに30℃を超える日々が始まっている。
    「暑さでとうとうおかしくなったのか?」
    「ワーイワーイ、あなたに勝ったワーイワーイ、チャンカチャンカ、チャンカチャンカ」

     なんだと思えばFC2ランキングのポイントの話だった。
     そういえばこんなメッセージもきていた。

    screenshotshare_20180315_130817[1]

     
     あたしのポイントを超えたのがよほどうれしかったらしい。亭主はライバルなのかよ、まったく、あんたにつける薬はないな。

    「ここのところあたしのトピックはかたい話で面白くもなんともなかったからな」
    「そうよ、みんなおバカちい公がいいのよ、チャンカチャンカ、チャンカチャンカ、政治の話なんてちい公には似合わないのよ」
     ひどいことを平気で言う。

     あたしは仕方なくニヤニヤしながらモニターをながめているだけ。

    「そういえば思い出した、誰かさんはたしか言ってたよね、ランキングのポイントなんて気にしないからいいのよ、たしか目の前で踊っているおかしなレディだったような」
    「アハハ、忘れたわ、誰かしらねチャンカチャンカ、チャンカチャンカ」 

     やってられませんわ、ほなサイナラ。

         
     
      

    フクシマ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /15 2018

      
     フクシマ
     原発事故から7年が経った。
     被災された方は言うに及ばず日本国全体にあの悪夢のような出来事は重くのしかかったままだ。

     帰還が解除された地区そして今以って帰ることのできない故郷。
     人々の苦悩はいかほどだろうか。
     当事者でない者が安易に押し測ることのできない悲しみは永遠に払しょくされることはないのだろう。

     原発の是非をここで論じるつもりはない。

     エネルギー源を他国に頼らざるを得ない日本はまた自然災害大国でもある。そのような地に原発を設置しなければならぬ理由はいくつもあった。
     しかしフクシマの状況は原発を推進する理由などはるかに凌駕していると考えるのが妥当ではないのだろうか。

     いますぐ何が起きても不思議ではない不安定な島国である日本だからこそ生存に欠かせないエネルギー供給に思い切った方向転換が必要なのではないか。

     製造コスト云々があるにしても国民が100パーセント安全に暮らすために国は英断すべきだろう。そしてまた消費者としては命を守るために、子供たちの未来のために、ある程度の負担は覚悟しなければならない。

     平和と安全はけっしてただでは贖えないということをあらためて考えたい。


    追記 3月15日午後。
     京都地裁で行われていた福島からの避難者による集団訴訟に判決。
     国および東電の責任を認め174人中110人に賠償命令。

     国などが津波の襲来を予測できたかどうかが争点となったが判決は、少なくとも2006年時点で予測可能でありそのための対策を怠ったとした。
     自主的な避難で生じた損害であるが個別に賠償するべきとした。

        
     
      

    え~まいど米朝でございます

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /14 2018


    ダウンロード


      
     メディアは米朝急接近と財務省森友文書改ざんで大賑わい。

     米朝米朝と落語会でもあるまいし、見通し不可能なことがらにああでもないこうでもないと時間を費やす。
     また国内では財務省のあるまじき文書の改ざんが発覚。このような官僚の失態が国政の停滞を招き政治に混乱を生じさせる。どいつもこいつも己の保身に汲々とする同じ穴の貉。
     こんなことで政治がおろそかにされては税金を払っている国民はたまったものではない。

     米朝首脳会談、報道の中味は結局本当に会談が実現するのかわからないという結論。
     どうなるか予測できないネタしかないのによくもまあこれだけ引っ張れるものだ。

     アメリカと北朝鮮、核廃棄前提とするならまず合意はありえない。北朝鮮は核保有を認めさせなおかつ制裁を緩和させたいのだがアメリカはそこまで譲歩はしない。
     まずその前に首脳会談が実現するのかが疑わしい。
     結局は準備段階で双方非難の応酬になり会談どころかさらにひどい状況になる可能性も少なくないとみる。北朝鮮のこれまでの数々の協約破りがいかに彼らが信頼できない集団であるかがそれを物語っている。

     朝鮮半島のみに目を転じる。
     北朝鮮が核を所有したまま南と統合などされてはたまらないが現在の親北韓国首脳ならやりかねない。もとは同じ民族なのだから当然といえば当然。
     そうなれば日本国内でも核開発への強い意見が出てくるのは必須だろう。

     核の保有国を増やしてはならないのはもちろんだが、核は地球上から廃絶させねばこの星の未来はない。このままだと地球は人類の愚挙によっていずれ人類自身が滅亡する、そのときは遅かれ早かれ間違いなくやってくる。

     人間がこの星に存在するかぎり戦争という名の争いはなくならないし、そのことが自分たちを滅亡に導いているのだという認識もない。

     何十年、何百年先か、いやいつまでか、地球は青い星のまま存在できるのだろうか。
     今この時間を生きている我々にとっては遠いはるか彼方の出来事だからと口を閉ざしていてよいのだろうか。


     
      

    つくば市へ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /13 2018

      
     所用で茨城県へ出かけることになった。
     茨城といっても黄門ちゃまの水戸ではなく目的地はつくば。
     はじめての地はどこでも楽しみが多いけれど生憎あたしには時間がない。夜行バスで行って数時間滞在するだけのとんぼ返り。

     新幹線で東京までは行けるがそれからどうするのかわからない、調べもしないでバスを取ってしまった。あとで考えれば、つくばエクスプレスなんてのがあったような気もするがもう遅い。

     なんという強行スケジュールであるか。だれがこんな予定を組んだ。
     これでは早死にしても仕方がない。

     ぶつくさ言いながら、それはさておき今日は何を食べようかとキッチン辺りをウロウロ。
     しばらくスーパーにも行っていない。冷蔵庫には卵があるだけ。ここ数日、卵と玉ねぎだけで生きてきたが、出かける前に何か仕入れてこようか。

     栄養不足で行き倒れになったらどうなるか。
     バンコクから魔女がすぐ飛んでくるだろな。
     怒るかな、いや、あれはすぐ泣くだろな多分。

     こんな空想、妄想が浮かぶのは脳へ栄養が行き届いていないせいかもしれん。    
     
      

    images_20180312101050eb3.jpg

    水戸黄門

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /12 2018


    images_20180311194428515.jpg

      
     若い方はご存じないかもしれない長く続いたテレビドラマ水戸黄門。
     知らなかったが水戸黄門を演じた俳優は全部で6人だという。

     ちょうど再放送されているのは西村晃氏が演じる水戸黄門。
     月~金毎日の放送を何十本もレコーダーに入れておいた。
     これがなかなか面白い。

     昔母親が好んで時代劇を観ていた頃には、なんだこんなものと思っていたが、どういうことだろう、今になると、ウーンなかなかよいではないか。

     やたらリアルなドラマや映画が多い昨今、ほとんど悪者を殺さず、当然だが勧善懲悪一筋、寅さんとおなじく偉大なるマンネリだとも言われそうだが、どうなるの?とハラハラドキドキしないで観られるのが逆に新鮮でもある。

     悪代官、ごろつきなど悪者をやっつけるのだが「斬ってしまいなさい」などとはけっして言わず「懲らしめてやりなさい」黄門様の一声で助さん格さんを中心にしてボコボコにやっつける。
     そして適当なところで印籠を見せて「この紋どころが目に入らぬか」となる。

     そんなに殴ったり蹴ったりしないで早く印籠を見せてやれば・・・。
     いわばツッコミどころも満載なのだがこのドラマは、そんなアホな、と茶々を入れてはならないのだ。

     あらためて何本もじっくり観ていると原作はともかく脚本の苦労の跡が随所に垣間見えて違った楽しみ方ができる。
     背景の場所こそ毎回ちがえども同じような筋立てをいかに違ったように見せるか、さぞ大変だったろう。

     さあバンコクへ帰って魔女様のお供で黄門ちゃまごっこでもしよう。
       
     
      

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い