FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    拉致問題 我がニッポン丸よ

    世界のなかの日本国を考える
    04 /20 2018

     
     日米首脳会談が行われた。
     韓北そして米朝会談の前に存在感を示しておきたいと慌てた日本。急遽セッティングされたアメリカ訪問だった。

     蚊帳の外におかれたままでは東アジアの大国としては面目が立たない。
     それはわかる。理解はできるのだが、だからどうだったのか。
     拉致問題にしても漏れ聞こえてくる話の通り米朝会談で議題になるのか。あくまでも会談が行われたと仮定しての話ではあるが。

     なんともやりきれない思いがつのる。

     かつて北朝鮮に乗り込んだ小泉元首相の英断が今となってはなつかしくもある。一行は食事なども日本から用意してゆくなどある意味において決死の覚悟だった。

     法治国家からその国の人民を拉致してゆくという無法な連中の体質がここにきて好転しつつあるとは信じがたい。

     仮に米朝会談が実現したとしても日本の拉致被害者救済の話までには至らない。
     結局、拉致問題は日本が自らの手で解決するしか方策はないとみるが如何だろうか。

     いつまでも米国の飼い犬のままでは鎖につながれて吠えるだけしか他にできることはない。
     米国の核の傘を利用するのは十分な軍事力を保持できない現行憲法下では致し方のないことだが、もう一歩前に出て我が国独自の交渉をできないものか。

     罪もない人々が誘拐されたままになっている、この事実を国家としてどうとらえるのか。自国民を奪還するにいかなる国の了承を得る必要があるというのか。

     大人ぶった日本人、日本国、なにもできぬ弱腰を理性や知性の仮面で隠すのはもう十分だろう。

     百歩譲って飼い犬ならそれでもよい。
     鎖を持つ大国の前に出て自らの力で牽引するのは今しかない。
     
     血税で飯を食っている者ども、右も左もそんなことはどうでもよい。一致団結して誘拐された同胞を犯罪者から奪還すべく努力せよ。

     開けても暮れてもお互いをつぶしあう不毛な議論はもうよい。その前に急がねばならない事案はこれだろう。
     
     
      

    バンコクそぞろ歩き プロローグ?

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /19 2018


    DSC_0009_20180418130929b05.jpg


     
     
     18日は良い天気になった。
     お昼ごろからぷらぷら出かけた。
     
     連休明けの街はまだ疲れが残っているように見える。
     コンド前のバイクタクシーも数が少ない。田舎から戻っていないドライバーも多いのだろう。

     セブンイレブンの前を通りながら思った。
     なんと数の多いことか。うちの近所だって100メートル間隔でセブンが3軒並んでいる。
     大都会ならまだしもこの辺りは裏通りだ、それぞれのセブンはけっして小さくはないのによくもまあこれで商売が成り立つものだと感心する。
     おまけに一軒の前では屋台のフライ屋や飯屋が3軒道路で店を開いている。日本ならすぐにトラブルになるところだろうがここは鷹揚なものだ。

     それだけ人々の嗜好が多岐にわたっているということだろうか。
     近くにホテルもあるからこういうことが成立するのかもしれない。

     地下鉄に乗ってまたいつもの公園に来た。
     一人でぼーっとするには最適の場所。

     ヤシの木陰で腰を下ろした。
     さてどうするかな。

     バンコクに長く住んでいるからといって有名どころ、観光スポットに詳しいわけでもない。主な場所は何度かお客様を案内がてら訪れたことはあるが、だからといって立て板に水のガイドができるわけでもない。

     よし誰かが来たときのためにここはいっちょう有名スポットを巡ってみよう。初心に帰るたあこのことだ。ちょうど魔女奥ちゃまもいないことだし良い機会だ。

     そう決めたが今日は暑い。
     数日以内に始めよう。
     今日できることは明日も明後日もできる、これがうちの家訓なり。



    地下鉄の中で
    バックパックは気をつけましょう
    悪い輩はどこにでもいます
    だからみんな赤ちゃんのように
    胸の前で抱えている

    1522628227329.jpg

    これはなんだろう ヘチマの一種だろうが
    50センチ以上はある

    403 (1) (14)

     
      

    体内時計をリセットできないか

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /18 2018

      
     妻に合わせて早く起きる習慣がいつのまにか身についてしまっている。

     毎朝4時20分に起きる家人を見て見ぬ振りもできず同時刻に起きてしまう。
     これが日本にいるときだとおもしろいことに午前6時20分になる。両国の時差が2時間だからバンコクで妻が起きる時刻に日本にいる亭主も目覚めるわけだ。一人日本にいる時にはアラームなど使わないがそれでも妻の起床時刻と誤差30分以内で起床する。

     長年にわたって蓄積された体内データが頼みもしないのに脳中枢になんらかの作用をしているに違いない。

     前夜どんなに遅くなっても午前4時を過ぎるとプールの底からフワーっと浮き上がるように睡眠が浅くなってくる。
     こうなるともうだめだ。
     ベッドでゴロゴロしていればよいのだがこれができない。せっかちというべきか、目覚めていながら横になっていることが時間の無駄づかいをしているようで落ち着かない。せっかちというよりは貧乏性と呼ぶべきかもしれない。

     家人が留守の間でも同じことで、早起きの習慣はどうにもできない。
     寄る年波のせいか睡眠も短時間で事足りるようになってしまった。
     
     学生の頃、いくら起こしても起きてこない息子に業を煮やした母がバケツの水を顔の上にぶちまけた。
    「おてんとさんがてっぺんに来るまで寝ているのは夜鷹と○○くらいなものよ」
     なんとも書くのもはばかるような言葉を平気で口にする母だった。
     夜鷹とはまるで江戸時代の言い回しだが、不思議にこんなことがいまだに記憶に残っている。

     それこそ『目が腐る』ほど眠ることができた時代がなつかしくもある。

     さて時代は今。
     バンコク、午前9時45分 室内気温30度・湿度74パーセント。
     蒸し暑い日だ。

     11時45分、案の定雨が降り出す。
     午後から出かけようと考えていたが雨は午後2時ごろまで降りつづいた。大通りへつづく道路はまた冠水だろう。

     だめだな今日は。


    シンガポールのスーパーでも出前一丁が売られていたと
    ただそれだけ
    当たり前と言えば当たり前。
    当たり前すぎて笑いそうになった


    IMG-20180416-WA0004[1]


     
      


    時の流れに

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /17 2018

    DSC_0057_20180416170807ab6.jpg

    DSC_0064_20180416170808c0d.jpg


     

     4月16日 ソンクラーン休暇最後の日。
     コンド界隈は相変わらず静か。
     あたしのおうちも静か。
     特別に時間がゆっくりとながれてゆく日。

     魔女がバタバタとシンガポールへ出かけた。
     これを書いている時間、午前8時40分。フライトは8時だから一行のタイ・エアは東南に向かって飛行中。
     今頃は朝食かもしれない。
     どんな話が届くのかあたしも読者の一人として楽しみでもある。

     一緒の妹分アムちゃんはいろいろなプランを作るのが上手くきっと面白い旅になるだろう。なんせしまりやさんなのでひたすら安いものを探す。日本へ行った時も彼女は日本人も知らないような安くて美味しいブッフェを予約して同行の仲間に喜ばれたらしい。

     先日泊めてもらった友人からさっそく連絡がきた。
    【嫁さんがいないのだから週末泊まりに来ないか】
     
     それもよいかもしれない。
     男やもめのようにキッチンでゴキブリ相手に遊んでいる場合ではないか。

     本心を言えば、ふらっと東北・イサーンへ一人旅をしたいのだがどこにいてもごまかすのは不可能だろうな。
     行くのなら私が戻ってきてから一緒に行きましょなどと言われるのが関の山で、いまさら鎖を切って逃げることもできず、若くない元ノラ公ウエルテルはただ思案。

     日本から誰か遊びに来ないかな。
     プラプラと散歩でもして美味しいビールを飲みながら旅行者のようにしゃべりたい。


     
      

    さようならの彼方へ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /16 2018


    003_20180415205213eeb.png

     

     大好きな前川氏の歌を聞いていて思いついた。
     この前関空から飛び立つときに撮った動画に【さようならの彼方へ】を載せればどうなるかな。
     そんなつもりで撮った動画ではないのだがつなぎあわせて前川氏の歌をかぶせてみた。

     今日は何か書こうと思っていたが夜になっても気の利いた言葉の一つも出てこない。
     街を歩ければと思うがわけのわからぬ水をかけれてはたまったものではない。
     本日は開店休業。

     
      


    シーロムで道路開放

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /15 2018

     
     ソンクラーンの恒例になってきたバンコクの中心街シーロムでの道路開放。13日から15日まで午後12時より深夜まで行われている。

     歩行者天国といいたいところだがこりゃあ天国じゃない。
     水をかけられて騒ぎたい人にはおすすめかもしれない。


    FB_IMG_1523662573903.jpg

    FB_IMG_1523662758739.jpg


     
     パパの故郷へ行ったミルキーから写真が届いた。
     ママの話によると午前十時から道行く人や車に水をかけ始め、この遊びは夕方五時までつづいたという。


     
    1523596805217.jpg

    FB_IMG_1523596833990.jpg



     
      

    静かな街で

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /14 2018


    FB_IMG_1523596871772.jpg

    水かけ祭り、元来はタイ暦新年の仏事だったという


     
     タイの正月でもあるソンクラーン。
     コンド団地も静かになった。

     毎日掃除をしてくれる人たちも故郷へ帰ったのかにぎやかなおしゃべりが聞こえてこない。代わりに名も知らぬ鳥たちが軒先でさえずっている。

     妻が買いたいものがあるとひと駅先まで出かけたが用心してタクシーを呼んだ。下手に歩いて水びたしにされてはたまらない。

     そういえば・・・
     ソンクラーンのバンコク。
     この街を歩いたことがあった。
     ずいぶん昔の話になる。
     あの年も暑いソンクラーンだった。

     日本からやってきた女性たちが一緒だった。
     何を見てもなにを食べても喜んでくれる人たちだった。
     
     ものみな焼き尽くすような真夏の太陽が中空にさしかかったころ、チャオプラヤー川畔の海鮮レストランで昼食をとった。
     クンパオ(焼きエビ)とビール。
     時のたつのも忘れておしゃべりをした。
     ビールよりも久しぶりの日本語が自分を饒舌にしていた。

     こんなに平和で楽しい時間があるのだと、なぜかそのときあらためてそんなことを感じた。
     それがいまも鮮明な記憶となって残っている。

     そうだあれからもう20年は経った。
     無情に刻まれてゆく時。
     過去を振り返ればきりがない。
     自分の終着駅は決して遠い未来ではない、かすかに見え隠れしているようでもある、がそれでも顔を上げ前を向いて歩くしかない。
     人生とはそんなもの。

     テラスに出て空を見上げた。
     白い綿飴のような雲がビルの彼方に消えてゆく。
     ああ、ビルも何にもない場所で空をながめていたい。
     

     

     
      


    今日もミルキー

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /13 2018

    FB_IMG_1523310523331.jpg

     

     ソンクラーン休暇になった。

     ミルキーとパパ、ママはパパの故郷である東北地方メコン河沿いの町へ出発した。
     これを書いている12日午前10時30分、彼らが出発して7時間余り、ようやく中間地点の町にたどり着いたという。
     すごい混雑らしい。パパのホームタウンまではまだ10時間以上はかかるだろう。

     そこまでして混雑する時期に帰るという意思がすごいなと思う。とても真似できない。

     さてミルキーの話に戻します。

     スポーツが大好きな姪っ子ミルキー。
     ローラーブレードやアイススケートは大得意。水泳も大好き。
     体操ジムにも通っていて、先日行われた大会で金メダルを4個ゲットしたというので写真を少しだけ掲載です。

     

    FB_IMG_1523310526804.jpg

    FB_IMG_1523310529520.jpg


    ・・・どんな成長をみせるのだろう、心配でもある。

     
      

    なに! 公用パスポート!

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /12 2018


    DSC_0019_20180411200938b19.jpg
    青色いわゆるブルーパスポートが公用旅券

     
     魔女奥さんが持って帰ってきた。
    「新しいパスポートよ」
    「屋台で売ってたのかい」
    「そう100バーツだったわ」
     相手も負けてはいない。

     今回のシンガポール行きは公費なのでパスポートも公用を使うのだという。
     なるほど【OFFCIALPASSPORT】の文字が光っている。

     あちこちに行ったけれどあたしゃ公用旅券など持ったことはない。
     これがあればなにかいいことがあるのかな。
     とくに日本国なんかは世界のほとんどの国でノービザエントリー可能だから公用旅券などは逆に面倒かもしれない。
     せいぜい入国に関して一般とは別の入り口から入れるので時間が短縮される程度だろう。
     調べたわけではないから詳しいことはわからない。

     しかし言えることは日本のパスポートほどすごいものは世界にはそれほどないということ。ふだん何気なしに日本人としてパスポートを使っているが、日本国のありがたさ、日本人でよかったと思えることはこれまで幾度となくあった。

     だから国によっては日本のパスポートが高値で売買されるという話もあながちガセではない。

     奥ちゃまに言った。
    「シンガポールへ入国するときイミグレでどんな対応かしっかり見て報告するんだよ」
     あたしは自分の関心事だけ。

     それにもうひとつ今回のシンガポール行きで驚いたことがあった。
     16日から11泊するのだが、そのホテルが一晩最低でも8500バーツ以上で日本円だと25000円以上になる。
     
     それを聞いて後で行くと言わなかったことが悔やまれたがもう遅い。
    「どんな朝ごはんだろうな」
     興味は食べることだけ。
    「でもまあいいか。オクサンが留守の間は楽しくやりましょう」
    「どこかへ行こうって考えてない?」
    「はぁ」
    「行ってもよいけれど夜は必ず帰ってくるのよ」

     折しもバンコクはソンクラーンの連休モード。
     コンドミニアムの外、いつもは多いバイクタクシーも目に見えて数が減っている。みんな田舎へ戻っているのだ。

     哀れ忠犬は奥ちゃまのオーダーにより巻きずしの支度。
     なんでタイの水かけ祭りに巻きずしを食うかな。

     
      



    復活・伝統的タイスタイル ミルキーまでも

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /11 2018


     
     ブログ魔女の手紙バンコクで3月26日既報の通りタイではあるテレビドラマが大ヒット中。

    20180319171606d94.jpg

    20180319172123b41.jpg


    【愛の運命】
     現代女性が事故で他界する。しかし魂だけがアユタヤ王朝の時代へとタイムスリップ、そこで見つけたのが嫌われ者だった女性の抜け殻。地獄へ堕ちる定めの魂に乞われるようにして現代女性の魂は悪女の身体に入ってしまった。

     そして話はアユタヤ時代。
     すでに死んだはずの女性が可愛い心の持ち主となって生き返り様々な騒動を巻き起こしてゆく。それもそのはずで中味は現代女性、言葉も習慣もすべて違うのだ。
     そしてそこで出会った一人の男性と恋におちるというお話。


     タイの女性はこのドラマに夢中。
     実在するアユタヤの寺院への見学ツアーは今や大盛況。ドラマにとりあげられるまでは閑古鳥だった。
     かつて日本でもあったヒット韓国ドラマのロケ地ツアーとまるきり同じ。

     そしてこのドラマの副産物としてタイの伝統的な衣装が大人気になっている。
     日本へ花見に出かけた女性たちは桜の下でタイドレスを身にまとって記念写真。

     姪っ子ミルキーもママといっしょにこのドラマに大ハマり。
     そしてもちろんこんな衣装も買ってもらった。

      
    FB_IMG_1523310482234.jpg

    FB_IMG_1523310484963.jpg

    FB_IMG_1523310487719.jpg


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い