FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    飲み会だ ヒミツだ密だハチミツだ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /31 2020
     

     コロナが怖くって車に乗れるかってんだ
     べらぼうめ
     なに?
     コロナってそんな大昔の車の話じゃないって
     とうとう脳みそにカビが生えたかだと
     べらぼうめ
     アルツが怖くって山登りができるかってんだ
     なに?
     それやアルプスだろって
     べらぼうめ

     しかしなんだな
     一人で飲んでグチグチ喋るのも
     ふと気がつけば
     こりゃまともじゃねえなって
     そりゃ気がつくぜおいらだってさ。

     それにしてもよ
     誕生日だけは毎年忘れずにやってくるんだな
     やさしい姐さんや兄さんにおめでとうって
    言ってもらってさ、すっかり嬉しくなっちまった。
     久しぶりにウィスキーなんてかっぱらって、いや買っちまってさ、ハイボールなんておつだねって、いそいそと帰ってくりゃなんだよソーダを忘れてるじゃないの。
     
     まあいいか。水割りでどうだ。
     飲もうぜ兄弟、姐さん方。
     

    IMG-20200530-WA0001.jpg


     タイにいる女房殿はギョーザを作ったという。
     美味しく出来たと近所に配ってるらしい。
     タイで日本風ギョーザの店ってのもありだね。
     ラーメン店は増えすぎたし、寿司はネタが心配だ。
     いっそのこと女の子にユカタなんか着せて
    「イラッシャイマセェ」
     日本式スナック、ギョーザが名物なんてどうかね。
     これもありかもな。
     
     明日忘れてなかったら
     このアイデアも一度考えてみよう。






      
    そうそう、それ、ボルトがゆるんでるだろ
    この前の点検で、Youはちゃんと見てなかたのか
    しっかりしろよ、図体ばかりでかくななってさ

    へいすんまへんアニキ


    自動車修理







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

     がんばろうな

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /30 2020





     お~よしよし
     もうすこしだよ
     がんばろうな
     なんとしてでも生き抜くんだよ


    がんばろうな






     なに?
     なにみてるの?
     どうして返事しないの
     わかってるんだよ
     なにが言いたいのか
     もしそれを口にしたら
     ぜったい嚙んでやる
     



    なんだよ










    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    さあ会社へ行こう

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /29 2020



     ステイホームの日々が終りました。
     世の中は少しずつ元に戻ってるのでしょうか でもそれほど簡単ではないようです。
     コロナを抑え込んだとうるさかった韓国などでは早くも次の波がやってきた。狭い商店街や飯屋で見せつけるようにマスクなしで笑っていたバカ野郎どもの姿、あれはなんだったのか。
     
     日本もこれまではなんとか生き延びてきたけれど、ここで安心するのはまだ早い。
     陽気のせいだろうかマスクなしの人々が目立つ。
     大丈夫なのかあんた。
     所詮は他人事と言い聞かせながらも気になって顔を見てしまう。

     タイでは非常事態はそのまま続いている。
     連日の感染者数は一桁が続いているにもかかわらず非常事態宣言はまたも延長され6月末までとなった。
     感染者数だけをみると日本よりもはるかに少ないが、これは単に慎重を期しているだけとみてよいのだろうか。

     笑い話のような話。
     お母さんが息子を連れてデパートへやってきた。
     やっと開いたデパートで食事をすることにした。
     久しぶりに入ったレストラン。母と子はだだっ広い店内でばらばらに座らされた。各テーブルに1人というのが店の方針だという。親子でもダメ、もちろん夫婦やカップルでもみんなばらばらに座るのだという。
     これも政府の方針で、もし違反を発見された場合一度目は注意だが二度目となると営業停止だという。
     母は思った。
     こんなことなら何か買って帰っておうちで食べればよかった。そのほうが楽しかったわね。
     しかし息子はなんだか楽しそうにみえた。
     ひとりでスマホをさわっている小学生の息子がすごく成長したように思えた。
     




     私もテレワークが終りました。
     今日から出社ですがバスの混雑が怖いので同僚の迎えを待っています。
     めし屋もまだ怖いので家内が弁当をつくってくれました。
     ではいってきます。

     


     
    出社







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    彼はシンガーになる

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /28 2020



     ちい公は歌が苦手
     聴くのは大好きだが唄えない
     同じように唄っているつもりでも
     みんなが笑う
     しまいには呆れたのか
     憐れんだようにあたしを見る

     今日登場する彼はきっとプロの歌い手になる
     彼にかなう歌い手はそういないだろう

     
     











    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    街に平和は戻るのか

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /27 2020


     緊急事態宣言が解除された。
     これ以上制限を続けては日本経済が取り返しのつかぬ状態に陥る。その判断が優先された。
     日々発表される感染者数はたしかに驚くほどの減少を見せている。しかしこれをこのまま鵜呑みにして少なくとも第1波はこれで収束に向かうと安堵してよいものか、筆者は甚だ疑問を禁じ得ない。

     海外のメディアが日本の現状を報じている。
     多くは驚きをもって低死亡率に抑え込んだ日本をある意味では称賛する記事も目立つ。

     花粉症など日本には連綿と続くマスク文化があり、これはどうかと思うがハグや握手ではなしに頭を下げて挨拶する文化が功を奏したとする記事など。
     しかし多くの記事に共通するのは、なぜ日本が新型コロナウイルスの第1波抑え込みに成功したのか、それはまさしくミラクルだとしている点にある。
     あれ、どこかで聞いたようなと思えば拙ブログ5月21日付で掲載した記事だった。

     しかしいずれにしても日本人が第一歩の勝利を収めたといってよいのかもしれない。あれこれ屁理屈は言えるが、ただ誤解しないでいただきたい、これですべてが収束したと言ってるわけではけっしてない。

     国内のみならず世界のメディアでも批判されている安倍政権。
     ここまで言われるとなにか書かねばならない。
     日本のリーダー安倍首相をみているとときどき胸が痛む。
     政治家の中でも矢面に立つ役割とは言え、それでも日本人として悲しくなる。とくにあの小さな布マスクを見るたびになぜだか可哀そうにと思ってしまう。
     彼は自分の役割をよく理解しており、それをうまく演じている。
     バカではけっしてできない役柄。それを忠実に演じている姿にはただ頭を下げるしかない。
     
     だからこそ歯がゆく思うのだ。
     いまたとえ首相が変わったとしても、あるいは政権が大きく交代しても現安倍首相にとって代われる人材がどこにいる。
     遠吠え野党には無論、与党自民党にも現状を打破し日本丸の操舵を任せられるよきリーダーは不在のままだ。
     
     だからこそ安倍首相にがんばっていただきたい。
     無数の矢を受けながらでもまだダウンしなかった弁慶のように愚直でもよいまっすぐ前を向いて立っていてほしい。
     ファイティングポーズをとりつづけるかぎりテンカウントは始まらないのだ。



     




    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    ホットシーズン

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /26 2020



     あ~あ、あ~あつい
     どこにいてもあつい
     これじゃなんにもしなくても
     あたいはホットドッグになっちまうよ
     

    FB_IMG_1589274550301.jpg


     あ~やれやれ もうなにがあっても動かない
     でもまちがって料理されないか
     すこし心配なんだ

    FB_IMG_1589274547350.jpg




     あ~あ、あ~あつい
     どこにいてもあつい
     市場もやっぱりあつい
     こんなときは先祖伝来の冷却法にかぎる
     ああ~すまんねぇ
     おねいさんにゃわからんかもねぇ~

     
    冷却法






    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    Social Distancing

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /25 2020




    なに?
    なにか?


    social distancing (1)





    えっ!ソシアルディスタンシング?
    知ってるけど、それがなにか?
    えっここは空けとくって
    どうしてだよ オイラはニャンだよ
    人間が勝手につくったルールなんて知らないよ


    social distancing (2)




    なんだなんだ自粛警察ってオミャアのことだろ
    他人の尻馬に乗ってさ
    オミャアはそれだけ立派な人間なのか
    ならあそこのマスクなしでペチャクチャ喋ってるジイさん
    なんとかしなよ、ほら早く行ってきな
    オイラのような弱いものばかり目の敵にしてさ
    なんだなんだこんなもの ええい




    social distancing (3)



    social distancing (4)








    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    デパートが開きました

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /23 2020



     制限が少し解除されました。
     久しぶりにデパートが営業をはじめました。
     さっそくワンコファミリーもやってきました。


    デパートが開いた (1)


     なんだMKはまだやってないね。
     ちょっとあちこち回ってからまた来よう。

     
    デパートが開いた (2)




     MKレストランとは有名なタイスキの店です。
     水炊きみたいな鍋ですが、タイの人々はそれを『スキー』と呼びます。語源はおそらくですが日本のスキヤキからきたのではと思います。タイ人に尋ねてもはっきりした答えがありませんでした。
     つけて食べるタレが甘辛で好みでニンニクを入れたりします。

     MKレストランは全国展開してタイスキの代名詞にもなってますが近年は量のわりに値段が高いような気がします。
     この店は日本にも出店しているはずです。

     ちなみにブタスライスなども向こうが透けて見えるような肉がほんのちょびっとで、しっかり食べようと思えば幾皿もとらないといけません。

     我が家では奥ちゃんが材料を買ってきて家で作ります。
     このブログでも何度か掲載しましたが、すき焼きのように味が濃くないので好きなものをお腹いっぱい食べられます。
     下のURLは昨年3月の記事ですが語源については同じことを書いています((;^_^A)

     タイスキだいすき







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    真夏のサンタさん@タイ南部県

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /22 2020
     
    MAP チュムポーン

     タイ南部チュムポーン県からのニュースです。
     "car of sharing" というから日本でも行われているカーシェアリングのお話かと思ったが、よく読んで見ると、みんなに分け与える車のお話だったので掲載します。
     
     男性の名前はチュムウィット、32歳。
     大変な状況下にあってもまだ恵まれている自分を振り返り、もっと苦しい人々に何かできることはないかと考えたという。

    sharing (6)

    sharing (2)

    sharing (7)

    sharing (5)

    sharing (1)


     スナックやインスタント麺を買い込み自分の車に貼り付けた彼は南部の村々を訪ねて回ることにしました。
    『お菓子とヌードルがあるよ、みんな出てきて』
     マイクアナウンスしながらいくつもの村を回ったのです。

     日本の皆様にはそれぞれご意見もあろうかと思いますが、売名でもなんでもなくこういうことを実行してしまう真っすぐな心に拍手をどうぞ。



    sharing (4)

    sharing (3)









    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い