FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    つれて逃げてよ~~ 宮の渡し

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /25 2020


    IMG_1046.jpg

    IMG_1053.jpg

    IMG_1050 (2)



     宮の渡し跡は(七里の渡しとも)公園として整備されている。
     かつては東海道で唯一の海路だった。
     ここから桑名宿(三重県)までを船が結んでいた。
     当然この地、熱田一帯が宿場だったのだろう。
     
     順番を取ったひつまぶしの店からは歩いて数分の距離。
     ぷらぷら歩く。

     つれて逃げてよぉ~
     ついておいでよ~
     夕ぐれの雨が降る矢切のぉ渡しぃ~

     もうこれしか出てこない。
     葛飾、柴又ではないと何度言い聞かせたらよいのか。


     当時の旅籠が移築再建され残っている。
     脇本陣格の旅籠だったという。西国大名家などが本陣とする宿に泊まり切れないときなどに利用したものだろう。
     鬼瓦などはそのまま当時のものが使われている。

    IMG_1033 (2)

    IMG_1034 (2)

    IMG_1055.jpg

    IMG_1037.jpg



     とっとちゃんがガイドをしてくれた。
     彼女はもう飽きるほどここに来たのだろうな。申し訳ないな。ありがとね。
     
     もっと時間があればこの場所で河口を眺めながらしばらく座っていたいと思った。

    IMG_1049 (2)

    miyanowatasi.jpg


     背後から聞こえてくる当時のざわめき、次の船を待つ人々の話し声、物売りたち、そして前方に目をやれば入ってくる帆掛舟。桑名から約4~6時間ほどの船旅だ。
     今日の客は何かを仕入れに向かうのか振り分け荷物だけの商人が多いようだ。しかし、なかには長脇差を帯びた目つきの鋭い男もいる。
     もしかしたら清水次郎長配下の石松も金毘羅代参を終えて美濃路を通らず伊勢湾ルートを使ったかもしれない。
     目を閉じればまるでスライドショーのように往来する人々の姿が現れては消えてゆく。

     にぎやかな港だったにちがいない。
     古き良き時代というが、いつの世でも懸命に生きている人々がいるかぎりその時代は良き時代として記憶される。
     繁栄するこの港を、スリップするのではなく、クリスタルボールに収めて外から眺めてみたい。 

     


    IMG_1038.jpg

    IMG_1043.jpg





     
    To Be Continued





    本日のご来場まことにありがとうございました
    どちら様もお忘れ物のなきようにどうぞ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    旅そして食 プロフェッショナル

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /24 2020


    蓬莱陣屋 (3)

    蓬莱陣屋 (2)

    蓬莱陣屋 (4)


     タクシーが大通りから外れた。
     静かな住宅街に入ってゆく。
     ひつまぶし屋に向かっているはずなのだが、名店は隠れ家的に閑静な住宅街にあるのかもしれない。
     くねくねと細い道を幾度か曲がりそして停まった。
    「すみませんね。駅のほうからだと右折禁止になるのでこのような経路になりました」
     それでわかった。
     目的の店は大通りに面してはいるのだが反対側車線からは直接曲がっては来れないということだ。なので手間のほうの信号を右折して迷路ゲームのようになったのだ。

     目的のひつまぶしの店。古い大きな一軒家。ちょっとした料亭の雰囲気。建物を囲んだ壁沿いに行列が出来ている。
     おっ!
     先頭にちょこんと腰を下ろしているかわゆいおねいさんは、まさしくとっとちゃん、お久しぶりの笑顔。
     長く待つことを考慮して自分で小さな椅子を持参したらしい。8時過ぎに来たとしても受付開始が10時半、3時間近く待つことになる。なんという忍耐力。とてもじゃないが真似はできない。
     遠くからやってくる私たちのために、有難く感謝以外に言葉がない。

     しかしある意味、このようなことを簡単にやってしまおうというその情熱あるいは意識、は昨日今日にできたものではなく長い時間をかけて培われたもので、だてに世界のあちこちを飛び歩いてきたわけではない。まさしく旅と食のプロフェッショナルという言葉がふさわしい。

     あらためて思いつき企画に応じて下さったとっとちゃんそしてさくらさん、お二人に心より感謝したい。
     
     受付開始の10時半まで少し時間があった。
     列の最後尾がどうなってるのか見に行ったことぶきタカ君が戻ってきた、
    「すごい行列だよ」
     言って首を振った。

     名古屋市内だけではないだろう。
     我々のように遠方からこの有名店を目指してきた人々が少なからずいるはずだ。何人かにインタビューしてみたいなと思ったが、せっかくの旅だ、野暮なことはやめておこう。イヤだイヤだ、こういうのを貧乏性というのだ。

     10時半になり受付が始まった。
     食事開始の11時に予約を取っていただいた。
     ここにきて気分が高揚するのを感じた。明治の初めに開業という歴史もさることながら、このような有名店のもつプライドや格式といったものは提供される食事だけではなく訪れた者になんらかのよい影響を与えてくれる、空気がちがうのだ。

     京の宮川町で初めて遊ばせてもらった日を思い出した。前に小さな川が流れるお茶屋というのだろうかそんな場所だった。
     あのとき感じたオーラのような不可思議な刺激はいまも心の奥底に灯のようなかたちで静かに横たわっている。これはきっとあのとき歴史の力が偶然にもたらしてくれたものだ、そう信じている。

     もしかするとおなじようなことが今日あるかもしれない。
     それはこの場所が有名店であるというだけでなく、まして辺りがすでに熱田神宮の結界の内ならば何が起きても不思議ではないのだから。

    「まだ時間があるから宮の渡しに行きましょう」
     これはとっとちゃんの計画の内。
     そうだそうだ有名な渡し跡が公園になっているらしい。
     渡しと聞いてすぐに歌が出る単細胞男、
    ~連れてにげてよぉ~ ついておいでよぉ~

     あの、もしおにいさん、それは矢切の渡しじゃありませんこと。

     

     
    To be Continued









    今日もご来店誠にありがとうございます。
    感謝申し上げます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    名古屋だがや その弐

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /23 2020



    061-043-14 (2)

     

     
      名古屋駅は大きく、大阪駅よりも広かった。というのも新幹線は新大阪発着で大阪駅には来ない。在来線だけの大阪駅はそれほど大きくない。

     荷物を提げてウロウロするのも面倒でロッカーに入れることにした。
     
     男ふたり、さくらさんに従う。
     そのさくらさんが猛烈に早く歩く。
     背後を気にする様子もなくさっさと歩く。
     
     これで小旗でもあればせっかちガイドさんにふらつきながらついてゆく田舎者おじいのツアーにも見えるがや。

     かく言うあたしも元来は早足であったが早すぎるといつも叱られ、いつからか意識してゆっくり歩くようにつとめてきた。
     
     とはいえかくも早足で歩く女性には出会ったことがない。
     ゆったりとした女性のイメージが早くも崩壊か。
     しかし信長や秀吉を生んだ土地。
     母たる女性はやはり特別仕立てなのかもしれない。
     息を切らして歩きながらそんなことを思った。

     タクシーでまず熱田神宮の近くへ行く。
     とっとちゃんが順番取りをしてくれているひつまぶしの店に向かうという。
     あたし自身はみんなにおんぶに抱っこ状態。今日の予定がほとんど分かっていない。一か所だけ知立神社へ行ければそれで満足。
     
     名古屋の街はほとんどなじみがない。
     大都会であることはもちろんわかっているが、広々とした街に見えるのはなぜだろう。戦後の区画整理がうまく運んだのだろうか。

     休日の朝。
     普段はもっと車が多いのかもしれない。
     進む方向にあまり高いビルは見えない。前方に目をやっていると極端な遠近法を用いた絵画の世界に入って行くような気がして、それが催眠術のように意識が遠くなりそうな予感を生じさせた。
     もしかしたらこれは時空を超えるということなのか。

     右手にこんもりとした森が見えてきた。
     熱田神宮です、という運転手の声が遠くに聞こえた。
     あ、そうか、結界の内に入ってゆくのだこれは。



    IMG_1067.jpg

    hiroshige.jpg

     



     
    To be continued





    今日もほんまにありがとう
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    なごやだがね ひまつぶしだがね

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /22 2020


     新幹線はどえりゃあ早い。
     あっという間に名古屋に着いちまっただぎゃ。

     ここでさくらさんが待っていてくれるらしい。
     さくらさん、という名には不思議な親近感を覚える。というのもあたしの妹がさくらという名でむかしはよく登場した。

     今日もう一人会う予定のヒツジのとっとちゃんはどこかのレストランの順番取りに朝早くから行ってくれているらしい。

     そうだ、さくらさんに会う前にこの順番取りの話を書いておこう。

     とっとちゃんがはるばるやってくる私たちのためにランチの場所を取ってくれるという。それも電話などの予約ではなく現地へ行って朝から並ぶ必要があるらしい。とくに今回は休日なので混雑が予想されるという。
     受付が10時半で実際に入れるのは11時からというのは、なんだか昼飯ごときにたいそうな話に聞こえた。

     店の名前は蓬莱軒。
     名前を聞いてよけいにそう思った。
    ・・・たかが中華を食うのにお高くとまった店じゃないか。ラーメンや酢豚くらいどこにでもあるだろう。

    「わたしのオフ会はここから始まるのです!」
     怒り調でメールがきた。

     その店についてはすぐにわかるのだが、その前にあたしは思っていた、なんと大仰な話ではないか、尾張名古屋はちと変わったところじゃのう。

     みんなヒマで、ひまつぶしにひつまぶしの店に並ぶのじゃの、などと口が裂けても言ってはならない。
     元祖ひつまぶしの店としてつとに有名で、知らないと日本人ではない、くらいの勢いで怒られることになる哀れなちい公。


    蓬莱軒

    蓬莱軒 (2)



     さて時を戻そう。
     名古屋駅でさくらさんを遠目にながめた。
     すらりとしたなかなかの美形とみた。さすが、さくらは日本の花、寅さんの妹からはじまって、ちい公の妹、そして名古屋、いずこでもなかなかでござる。
     だがこの時期、必需品のマスクでほとんど隠れているご尊顔、幸か不幸か詳しいことは書けないのでおじゃる。
      
     三人は駅前からタクシーに乗った。
     熱田方面へ向かうのだが本日はここまで。
     また明日でございます。

     

     
    To be continued








    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    昭和の助格珍道中か

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /21 2020


     休日の朝。
     静かな街を新幹線の駅に向かって歩いていた。

     3月に東京へ行ってから久しぶりの新幹線。
     あれ以来、日本は新型コロナの天下となり日本人は恐れおののき雨戸を閉めてひたすら籠った。

     ここにきて日本全体がゆるんだように見える。
    GoToキャンペーンだけのせいでもないだろうが、まるでコロナなど消え去ってしまったかのような感もある。
     ところがどっこい日々の新たな感染者は依然として高止まりでつづいている。
     けれどいつまでもコロナを怖がってばかりではなんの進歩もない。感染防止対策さえしっかりすれば後は運を天に任せるしかない。なにをしても100%安全などということはないのだから。

     ことぶきタカ君がタイへ戻れないちい公を可哀そうに思って、以前から行きたがっていた愛知県知立神社への旅を提案してくれた。

     なぜ知立神社なのか。
     これには理由があってないような話。
     有名な水戸黄門のテレビドラマで過去二度も登場した神社、それだけの話。その地でロケが行われたわけでもないのだが、そもそも水戸光圀様はドラマのような諸国漫遊などしていないというのが通説なのだから、それでもただその場所へ行きたいとずっと思っていた。
     
     何十年も前に寅さんの聖地である葛飾柴又を訪れたことがある。寅さんがまだ現役で日本のあちこちを商売しながら歩いていた頃だ。
     柴又そして江戸川の土手を歩いた。
     特別な感慨があった。

     それと今回の知立神社は必ずしも同じ思いではない。
     ただ、もし自分が何かを創ることがあればそのイメージを増幅させてくれるヒントを与えてくれるかもしれないという思いがあった。
     その数百年の歴史は自分をある時代へと誘う力があってもけっして不思議ではない。

     新幹線駅へ着いた。
     この旅は名づけるならば昭和の助さん格さん、助格の旅だ。
     そんなことを考えていると、ことぶきタカ君がやってきた。
     開口一番、
    「弁当買いましょうか」
    「弁当?」
    「朝、なにも食べてこなかったもので」
     そうか、ならそうしよう。

     返事をしながら思った。
     こりゃ助格漫遊記じゃないな。いつも腹をすかしている八兵衛がいる。
     ちい公と八兵衛の旅だなこりゃ。




    てなことを言いながら電車での弁当はまた格別なり
    大和寿司 あすか



     
    To be continued










    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    小間の茶室が

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /20 2020

    miya no watashi

    IMG_1100.jpg

    IMG_1077.jpg



     夢かうつつかまぼろしか
     はるか彼方の良き時代に遊んだような
     そんな不思議な時間
     三河の友に感謝




     頂きました
     小間の茶室に置き
     何時間も座っていたい
     



    uta.jpg

    芳舟氏 





         
         このたびは
         ぬさもとりあへず
         たむけやま

         もみじのにしき
         かみのまにまに

    uta02.jpg





         
         あいみての
         のちのこころに
         くらぶれば

         むかしはものを
         おもはざりけり



    uta03.jpg









    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    電気工事

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /19 2020

     


     電気のことならおまかせくだされ
     どれどれ



    電気工事




     ほうほう
     ふんふん なるほど
     これが外れて・・・
     うっ! あれ?


    電気工事 (1)




    ギャアーーー


    images_2020101714234045b.jpg




     ううぅぅーーーブルブル
     

    電気工事 (2)




     
    Photo from กลุ่มรักหมาจัง ในประเทศไทย



     おにいさん おねいさん 細かいことは言わないのよ






    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村






    森のカフェ新着ニュース

    ドールの世界のちい公は森のカフェで幸せな居候生活を送っていますが、またまた新しいお話が展開しています。
    動画はなつかしの歌謡曲だよ。

       「ドールより愛をこめて」不思議なBar



    2020092601433652e.png

    泥棒・ขโมย・カモーイ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /18 2020




     手酌酒 ひとり酒 ~~ぬすみ酒

    盗み酒 (2)
    盗み酒 (1)





     私がほんとのカモーイ(泥棒)です

    泥棒



     
    Photo from กลุ่มรักหมาจัง ในประเทศไทย







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村






    森のカフェ新着ニュース

    ドールの世界のちい公は森のカフェで幸せな居候生活を送っていますが、またまた新しいお話が展開しています。
    動画も楽しいですよ、ぜひお越しくださいね。

       「ドールより愛をこめて」不思議なBar



    2020092601433652e.png

    あちこちニャンこ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /17 2020



     あたちはお寺の子供になりました。
     お坊さんと一緒の食事は一日一回だけど
     みんなやさしくてだあいちゅき

     いま、べんきょちゅうです
    「ニャムアミニャブツゥ~」


    ニャミアムニャムツ




     あたいのとくぎは
     チャンプー大ちゅきなことよ
     だからコロナなんかに負けないの

     


    チャンプー



     
    Photo from กลุ่มรักหมาจัง ในประเทศไทย







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村



    WARNING !!

    ※偽サイトにご注意・お知らせ
    当ブログは isanwind(イサーンウインド)で始まっています。
    https://isanwind.blog.fc2.com/



    森のカフェ新着ニュース

    ドールの世界のちい公は森のカフェで幸せな居候生活を送っていますが、またまた新しいお話が展開しています。
    動画も楽しいですよ、ぜひお越しくださいね。

       「ドールより愛をこめて」不思議なBar



    2020092601433652e.png

    タイ非常事態宣言

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /15 2020


    WARNING !!

    ※偽サイトにご注意・お知らせ
    正規・当ブログは isanwind(イサーンウインド)で始まっています。
    https://isanwind.blog.fc2.com/



      今日のトピックはここからです



    非常事態宣言



     非常事態宣言に伴う夜間外出禁止令などの発布で新型コロナ感染をどうにか抑え込んだ感のあるタイ。
     ではあったが、長きにわたってくすぶっていた軍事政権にたいする反発や現王室への待遇を不服とするデモがバンコクエリアで拡大してきた。
     政府はデモを規制するためにバンコクに非常事態宣言を発令した。

     とくに今回は王室への不満が表面化してきたことが従来のデモとは異なる。
     全国民の敬愛の対象であった王室だが前国王の逝去によりその威光に陰りがみえてきたことは否めない。
     とはいえ不敬罪が存在するので王室批判はそう容易く展開できない。

     クーデターにより誕生した現政権はなんとかごまかしながら存続を図っており、真の民主化ははるかに遠い。
     とはいえ普通の人々の話を聞けば、現実問題として、この政権だからできたこともある程度評価しており、反面、かつての政権がもたらした経済効果などをなつかしむ考えもあったりする。

     タイ、バンコクで幾度となく繰り返されてきたクーデターであるが、現政権が軍隊を背景にしているだけに政権転覆の流れがそう簡単にできるとは思えない。
     軍隊内部の分裂が顕著化する可能性も否定できないが現首相の権力はそれを完全に封じ込めると考えるのが妥当だろう。

     多くの国民は、そんなことより経済を立て直すことが先で、いまの生活をなんとかしてほしいと思っている。それが切実な問題なのだ。
     コロナ禍にあっても、日々の生活に困らない層が依然として大きいように見えるが、その実、裏では人々の困窮度合いは増しているように思える。
     バンコクでの就業率ひとつとっても出稼ぎ難民が増加しているのは事実だ。すでに大都会を見捨てて田舎にUターンした労働者も少なくないが、かといって田舎に戻ったからといって楽な生活が待っているわけではけっしてない。

     現政権の破綻があるとすればそれは農村の多い地方部からの動きが大きくなった時だろう。
     それでもなお政権が維持を画策すればタイ全土が大きな動乱の渦に巻き込まれる可能性は大きい。





    3779351.jpg









    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村






    森のカフェ新着ニュース

    ドールの世界のちい公は森のカフェで幸せな居候生活を送っていますが、またまた新しいお話が展開しています。
    動画も楽しいですよ、ぜひお越しくださいね。

       「ドールより愛をこめて」不思議なBar



    2020092601433652e.png

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い