fc2ブログ

    ちい公ドキュメントな日々

    アジアの風をいっぱいに受け 雲のように日々を・・・・

    菓子パンなど

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
    菓子パンなど


     IMG_0034_20230919125738ab9.jpg


     子供のいる家庭のようにお菓子、アイス、パンは菓子パン、あれこれそろえてくれている。
     病気予防とウエイト調整のために毎日少しずつ食べます。
     子供のときから甘いものが大好きだった。それが今になってもつづいている。だからといって酒を呑まないわけではない。

     そして運動不足なのだから体に良いわけはない。
     こんなことでは何のための16時間ダイエットなのか、意味がないような気もする。

     でもパンなら菓子パンがおいしいね。
     アップルパイなどは常備薬みたいなものですね。
     久しぶりにサンドウィッチが入ってました。 
     ヘンな日本語がついているのはARIGATOUというパン屋さんです。
     なんでも日本語がついていれば売れるという典型です。

    IMG_0035_2023091912574060a.jpg

    IMG_0039.jpg
     


     下の食パン。
     何用とは書いていませんが、多くのタイ人はこの食パン、魚の餌用に買っています。いわゆるタンブン、奉仕することによって自分もブッダの慈悲を受けられるというような教えにもとづいています。
     川のそばにあるお寺、あるいは大きな池のあるお寺には必ず餌が売られています。それが生あるものへの施しになるというわけです。

     むかしむかしまだタイのことをあまり知らないとき、この光景、タイ人が魚に餌をやるのをみて、どうしてタイ人はこんなに魚が好きなのかと不思議に思ったわけです。
     それがタイ仏教のひとつの考え方などとは思いもしなかったのです。

    IMG_0059.jpg
     


     この食パン、40バーツ(160円)なり。
     焼いて食べてみようといったら罵られました。
     これはレジデンスの池にすんでいる魚にあげるために買ってきたのです。ついでにミズオオトカゲが出てくれば撮影できると考えてくれたのです。
     それが昨日のトピックになったわけです。
















     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村



    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    ミズオオトカゲの名はピアヌックちゃん

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
    ミズオオトカゲの名はピアヌックちゃん

     住居棟入り口で郵便や宅配物の受け渡しを担当しているパプイがネーミングした。
     池に住むミズオオトカゲはピアヌックということになったらしい。
     タイでは彼らのことを通称「ヒヤー」と呼ぶが、これは別に人間に使うと蔑みのような強い意味合いにもなるのであまり公に大声で使えない。タイ語の名前としてはトゥアングーンともいう。

    ピアヌック (1)
     


     それでパプイも考えたのだろう。
     かつてミスアジアパシフィックに輝いた女性の名をもらったらしい。1988年というからかなりむかしのミスアジアだが、パプイはどうしてかこの名前が好きだったようだ。

     ピアヌック


     ピアヌックとはかわいいが、現物のミズオオトカゲは爬虫類好きでないとなかなか近寄ることはできない。
     ときどき丘に上がって居住区の庭などを歩いているが誰もとくべつに何かするというわけでもなく遠くからただ眺めているだけ。なんというか彼らが棲んでいるのも当たり前の景色としてとらえているのがタイの人々のやさしい一面ともいえるでしょう。
     喜んで写真を撮っているのはヘンな日本人の私だけというなんともヘンな感じです。


     

    丘へ



     





     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    おめでとう どうかすこやかに

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
     おめでとう どうかすこやかに

     近しい知人に二人目の子供が誕生した。
     おめでとう
     一人目は女の子そしてこんどは男の子。
     よかったね、ほんとにおめでとう。

     ママは舌癌という病を努力と忍耐で乗り越えた、
     そして二人の子供を産んだ。
     子供たちふたりとも、そしてママとパパ、どうか幸せに元気で過ごしてください。


     ここまではほんとによかったと素直に喜んだ。
     タイにいるとめずらしくないことだが、生まれた赤ちゃんの名前(ニックネーム)に私はひっくり返りそうになります。

     ご存じの方も多いと思いますがタイ人には生まれたときに二つの名前がつけられます。ひとつはタイ人として生きてゆくための登録に必要な正式な名前です。
     少し前まではタイ人の名前で多いのは男性がソムチャイそして女性がソムインとかソムシーでした。しかし昨今の流行はやたら長い本名のようで役所のスタッフも読むのに苦労するような名前が多いそうです。

     そして生まれたときこれからみんなの愛されるようにパパママは願いを込めて普段使うニックネームをつけます。
     これは意味があったりなかったり、ただ響きやその美しさで授けられる場合もあります。
     なかには妻の友人女性のようにヌゥ(ネズミ)などというニックネームも少なくありません。ちなみにこの女性は大柄で私はジャイアンと呼んでいます。
     親としては読んでもらいやすい名前ということで、その子がからかわれるなどという心配はしてないような気もします。

     前述の生まれた赤ちゃん、ニックネームはスシです。なぜならこの子がお腹にいる間ママはいつもお寿司が食べたかったというのです。ちなみに赤ちゃんのお姉ちゃんはシャブゥというニックネーム。言わずもがなですが彼女がお腹いにいるときママはいつもシャブシャブが食べたかったからなのです。

    スシくんです
    スシ君

    おねえちゃんはシャブゥです
    シャブゥちゃん
     


     タイ人にとってこのようなニックネームはとくに意味を考えて笑ったりする対象ではなく、ただ可愛ければそれでよいように思えます。

     ついでに書いておきましょう。
     タイ人には本名を変える人がやたら多いです。
     運勢占いなどでもっと金運をと願って、いともかんたんに本名を変えてしまいます。なかにはあるお寺で坊さんが名前による運勢などをみてくれるとなって、その坊さんに新しい名前を考えてもらう人も多くいます。

     妻のファミリー、双子の妹を含めて弟ひとり姉もいますがみんな本名を変えています。それで生活がよくなっているようなのでそれはそれで結果よしなのですが、それぞれ生まれたときに親がつけた名前はなんだったのかと日本人の私などは疑問を抱いてしまいます。
     妻だけが本名を変えていません。
    「その代わりファミリーネームが日本になったからじゅうぶん」
     そんなことをいいますが、双子の妹はなにか占いなどで決めたのでしょうが夫婦別姓で親の姓をいまだに名乗っています。ただタイでは公的な場所以外で本名の姓名を使うとこはまずないのですが。



     













     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村


    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    クメール遺跡の町ピマーイにて ろうそく祭り

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     

    クメール遺跡の町ピマーイにて ろうそく祭り


     今日はろうそく祭りパレードの動画をご覧ください。
     この祭りについては
    「魔女の手紙・タイランド」の本日9月17日付けトピックで紹介しています。




     
     音量にご注意ください






     


    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    平日は家政夫でっせ

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
     平日は家政夫でっせ


     今週は食い物の話ばかりですみません。
     ちょっといろいろごたごたしていて気の利いた話が書けまへん。しばらくの間こんな話でおつきあくださいまし。

     ほんま、えらいことですわ。
     平日はひとりなんでヒマでうれしいなとおもてましたんや、ところがですわ、まあ聞いておくんなはれ。

     うちのばけべそ、いやカミさんですわ、輸入材料がトラック何台分か着くとかなんたらいうて今週は忙しいとぶうぶうこぼしてますんや。これが朝の暗いうちからでっせ。
     それが独り言のようでいて、あんた、ちゃんとこっちに聞こえるようにいいまんねん。

     あたしも、そこはそれ、もう馴れたもんですわ、知らん顔してニュースを読んどりま。
     すると今度はどうなるかいいますと、目の前に立ちはだかりますんや、
    「できたら巻きずしとか、ミソとんかつとか、たべたいなあ、夢に見そうよ」

     まあそこまでいわれたら知らん顔もできまへんがな。
     タイに戻っている間はあれやこれやと気ぃつこうてもろてますし、それにあたしもしばらく留守になることですし、まあええか、仕方ないなというようなわけですわ。

     そんなこんなで。またまた家政夫のおじさんですわ。
     “家政夫のなぎささん”なら若い独身女性に惚れられるんですが、世の中そううまくはいきまへん。
     まあカミさんもおなじようなことを思てますやろな。

     そんなわけで、まず巻きずしですわ。
     具材はなにがあるかないなとあちこち丁稚で探しまくります。
     高野豆腐、ニンジン、キュウリ、常備のカニカマ、ちくわ、それに玉子焼きでもあれば何とかなるでしょう。
     すし飯は、なれてくればタイ米でもそれなりに使えるもので、もちろんうるち米には勝てまへんけどね。
     そんなこんなでちゃちゃっと作りましたんや、なんちゃって巻きずし。
     小さめにカットしているのは、一口で食べられるようにとの注文ですわ。

    IMG_0048_20230914095734c9e.jpg
     




     そしてもう一品、とんかつ、それも味噌とんかつが食いたいなどと
    これは京都のレストランで食べた、あいだに味噌をはさんだとんかつですわ。名古屋スタイルとはまったく違うものです。
     味噌は普通の味噌に砂糖やら醤油、にんにくショウガなどちょこっとミックスしてます。
     ところがあんた、冷蔵庫にはとんかつに使えるブロックがおまへん。仕方ないので薄切りの豚バラを重ねましたんや。間から味噌が出てこないようにするのが一苦労でしたわ。

    IMG_0052_2023091409573726e.jpg

    IMG_0054_20230914095737d01.jpg

    IMG_0056_20230914095739ece.jpg
     



     平日家政夫もこれでしばらくお休みです。
     日本へ戻ったらまたおんなじことをせんといかんのですが、今度は面倒なので出来合いの配達などを考えています。

     





     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    ロシア、北朝鮮など

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
     
    ロシア、北朝鮮など

     ロシアも追い詰められてとうとう北朝鮮まで頼ることになったのかと、なんだか、やれやれといった気分でニュースを読んだ。
     なにをしでかすかわからない国同士が結託してどんな話になったのか、極東がますますきな臭くなってくるような感じもある。

     そもそも北海道は日本の領土ではないと、またいつものような話が聞えてくる。
     第2次世界大戦の末期に北から攻め込んできたロシア。奴らのやり口、思想は現代も何も変わってはいない。

     南にはじわじわと侵食してくる中国。そして北ではロシアの脅威が現実になろうとしている。
     何はさておき防衛の充実が急務だろう。
     いざとなったときに米国がどれだけのパワーで同盟国を援助するか、もし万一同時多発的に事態が動けばどうなるか。
     例えば朝鮮が近場の米軍基地にミサイルを撃ち込む、同時にロシアが北海道に侵略を開始する。米国はまず北朝鮮本土の攻撃を開始する。
     手薄の北の守りはあっけなくつぶされ北海道に赤い旗が立つのは時間の問題だろう。
     そのとき中国が動かないという前提での話であり、もし中国がこの事態を好機ととらえれば事態は大きく変わり、日本国存亡の危機が現実味を帯びる。

     我が国がまずできること、それは外交的に今の状態を悪化させないこと、そしてもうひとつは北海道の防衛に最大限の予算を注入すること、これしかない。
     他国の戦争などに資金を投入している場合ではない。
     もっと大切なことは日本国、国民の生命なのだ。
     日本国政府、もう少しまともにまじめに国家存続を考えるべし。












    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

     旅立ち前 日曜のごはん

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
     旅立ち前 日曜のごはん

     チャオムの玉子焼き。
     チャオム=アカシアの新芽と日本語紹介ではそうなっています。
     タイ人なら誰でも知っている彼らにはふつうの野菜の一種。
     うちではめったに買ってきませんが、あるとこのような料理になります。

    20230910_084859.jpg

    IMG_0011_2023091214140541e.jpg



     そしてこれにつけるソースです。
     タイ人のほとんどが好きなソースです。
     “ナムプリックカピ”
     伝統的ともいえるエビソースです。

     IMG_0017_202309121415583ed.jpg

    IMG_0030_20230912141600257.jpg



          エビペースト
    20230910_103624.jpg
     


     エビペーストがメインで、それに
     チリ・ガーリック・マナウ(ライム)・ナンプラー・ココナッツシュガー
     これらを混ぜて作ったソースです。


     一見辛そうに見えますがじっさいはライムを効かせて酸っぱいエビソースの感じです。
     このソースは下の魚、タイのアジともいわれていますプラトゥにもよくあいます。ちなみにこの魚、アジみたいですがサバの仲間です。味はまことにアジなのですが。
     
    IMG_0012_20230912141558136.jpg

    IMG_0020_20230912141600e38.jpg
     


     それからいつも出てきます茶碗蒸し。
     タイでも茶わん蒸しはあって“カイトゥン”といいます。
     カイ=たまご トゥン=蒸す 
     というようなことでたまごの蒸し料理、茶わん蒸しということになります。
     うちの茶わん蒸しはもちろん日本テイストなのでダシに薄口しょうゆで、あまりダシの味がしないタイスタイルのカイトゥンとはかなり違うものです。
     でも昨今、ちょっとした料理屋では日本テイストの茶わん蒸しが出てきます。ダシという概念がすこしプロには広まってきているようです。


    IMG_0027_20230912141813623.jpg






     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    タイのお菓子 

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
    タイのお菓子 

     日本に和菓子といわれる伝統的創作菓子があるようにタイにもおなじような創作系菓子があります。
     和菓子というならこちらはやはり泰菓子というべきでしょうか。
     まあそんなことはともかく昔からあるというお菓子です。

     この店は有名らしいです。
     下のいずれも甘さを抑えた上品な味です。

     中の円筒形の小さなお菓子。
     歯触りは“はくせっこう”に似ていますが味はちがいます。
     どうしてもココナッツが混ざっているような感じ。

    IMG_0021_202309121007577bf.jpg

    IMG_0023_202309121007596bc.jpg
     



     これは見た目にも美しいお菓子。
     昔からあるようです。
     その外の形はそれぞれ違いますが中身はおなじ味です。
     緑豆をつぶして餡にしているようです。

    IMG_0013_20230912100754aff.jpg
     




     中身はあっさり、甘くはないのですが緑茶がほしくなる雰囲気です。
     やはり餡は豆がベースになっているようですがタロの感じもあります。
    IMG_0014_2023091210075703c.jpg
     




     下は市場で売られている伝統的な焼き菓子。
     バビンといいます。
     メインはココナッツです。
     ウィークエンドマーケットで買ったこともあります。
     
    バビン

    バビン2
     



     下はまた別のお店で売られているものです。
     箱などつくって差別化を図っています。
     こうするとすこし高級にみえるから不思議です。



     バビン (3)

    バビン (4)

    バビン (7)















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    スキヤキ@タイ

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
    スキヤキ@タイ

     日本では一般的にタイスキと呼ばれているタイのスキヤキです。
     タイではスキヤキということは少なくただ「スキ」という場合が多いようです。
     この名はもちろん日本のスキヤキ由来ですが、ご存じのようにタイスキの店にあるのは日本でいうところの水炊きです。
     これをすこし辛みの効いたソースでいただきます。店によってはみじん切りのニンニクもあります。
     
     そもそも日本スタイルのスキヤキは外国、とくにアジアではなじめないかもしれません。というのはすき焼きに生卵はつきものですがほとんどの国で生卵は食べません。
     タイのスキヤキにもいちおう生卵はありますがそのまま食べるのではなく湯に通して半熟状態にします。衛生安全面を考えるとこれはこれで理にかなっています。

     我が家でも久しぶりにタイスキでした。
     来週から風来坊亭主がしばらく留守になるのでこの週末2日間はいつもに増して頑張ってくれました。
     私もありがたいなと感謝の意味を込めて写真を撮ったわけです。
     今日はまず、なんのことはない鍋の写真からです。

     
     
    IMG_0004_2023091110473978e.jpg

    材料としてはこのほかに
    カニカマ、豆腐(卵豆腐にちかい)それくらいです
    とにかく野菜をたくさん食べなさいと(汗)


    IMG_0009_20230911104758034.jpg
     





     









    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    あれこれお菓子

     
    に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
     
    あれこれお菓子

     家人があれこれ気をつかって買い物をしてきてくれる。
     なかに多いのがお菓子類。
     退屈しているのではないかと体調を心配しながらそれでもつい買ってしまうらしい。
     最近になってさすがの私も、これは自分でセーブし気をつけなければと自覚が芽生えた。遅きに失すとはまさにこのことだけど、いまから数十年生存することを考えれば、まだ間に合うと言い聞かせた。
     その証拠に、いつもパンパンに詰まっているフリーザーのアイスクリーム、キャンディ類が全然減らない。食べないからである。よく食べて二日にいちど一個だけ。

     ふと思いついてお菓子の写真を撮った。
     今日はまずそこらへんどこでも買える今どきのお菓子。
     ちなみにお菓子はタイ語で「カノム」です。


     kanomu01.jpg


     一番上の車みたいな名前のお菓子LEXUS。
     もちろんトヨタお菓子部の製品・・・ではなくじっくり読んでみるとマレーシア産らしい。家人によるとシンガポールでもみたというからマレーシアの会社が製造しあちこちに輸出しているのかもしれない。
     中身は小袋でサンドクラッカーです。

     その下2番目のお菓子。
     TEENIE=ティニー=タイ語だと「ここ」という意味です。
     ビスケットで駄菓子屋で売っていたような味。タイではロングセラーらしいですが数十年といったところ。

     3番目いちばん下のお菓子。
     ブラウニー。
     カリカリのコーヒー味。
     タイプとしては今どき風です。



     下は別に撮ったお菓子。
     赤ん坊みたいですがこれも好物。
     ウエファーといえばいいのでしょうか。
     サンドするものによりいろいろな味があります。

     
     DSC_0060_2023091010093842d.jpg














     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    前のページ 次のページ