fc2ブログ

    ちい公ドキュメントな日々

    アジアの風をいっぱいに受け 雲のように日々を・・・・

    今週もまたお出かけ


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


     今週もまたお出かけ



     ちょこっとラオスへ行って戻ってきたとおもえば今度は台湾へ。
     台湾は、半分はファミリーサービス、そしてすこしだけ自分の用事。
     どれだけ時間がとれるか心配だが、家人の家族たちもいっしょなのでなんとかなるという計算。

     家人は台湾がタイより涼しいとわかって元気いっぱい。
     着るものの選択に余念がない。

     まあなんでもよい。元気で人生を楽しめるならそれがいちばん。余命いくばくかとそんな後ろ向きの人生なんて時間の無駄。あと何年寿命があるのかわからないから日々を精いっぱい生きる、そうしましょう。

     最近とみにひとの一生について考えることが多い。
     あれこれ考えても、どうあがいても、ひとは運命という太い幹からはそれほど逸脱はできない。何を苦労というのかそれぞれ定義は違うだろうが、一生を終えた後に俯瞰で眺めることができたならどの人生も似たような線で描かれているのではないだろうかと思っている。

     偉人でも凡人でも、金があろうとなかろうと、つまるところひとが行き着くところは同じで、地獄も天国もなくただ眠りの延長、目覚めることのない永遠の眠りだけ。そう考えると別に怖れる必要もないことがわかってくる。

     しかしうるさいな、野原で騒ぐ鳥たち。まるでジャングルのように夜明け前から日暮れまで鳴き騒ぐ。
     人間としてもっと悟りの領域に達しておればこんなことで心の静寂を乱されることはないのだろうが、情ない私はなんとかしてゴムパチンコを入手しようと躍起になっている。タイでもかなり田舎でないとゴムパチンコなど売っていない。
     ゴムパチンコを手に入れたら、 日がな一日テラスに陣取り、うるさい鳥どもを狙い撃ちしようとひそかに楽しみにしているのだ。ろくなものではない。

     






    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    髪結いの亭主 タイ・アユタヤ編


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


     髪結いの亭主 タイ・アユタヤ編



    髪結いの亭主 (1)


     タイのニックネームでポーヤイ。
     彼はオーストラリア人。
     タイ・アユタヤで髪結いの亭主。
     取材させてもらった。

     彼と話していてすぐに連想したのが映画「髪結いの亭主」(邦題)フランス映画で原題は“美容師の夫”だから似たようなタイトル。
     この映画については1月17日に髪結いの亭主というタイトルで掲載しています。

     映画はやはり愛の映画といってよく、すでに書いていますが、日本でいうところの髪結いの亭主とは意味合いが違います。

     ただアユタヤの髪結いの亭主をみていて、二人の物語をつくるとしたらさてどうしようかと考えてしまいました。
     ラブスストーリーにもなる要素はたっぷりなのですが、ある意味で現状はそれこそ髪結いの亭主なのです。これについてはもうすこしは話を聞いてみようと考えています。


    ダウンロード


    髪結いの亭主 (2)


     亭主は前述のフランス映画を知らなかったので教えるとさっそくネットでみつけて、必ずみるからと言ってました。
    「ストーリーにあるように映画では美容師のワイフが先に死んでしまうのだけど、この家ではあなたが殺されるかもよ」
    「ほんとだね、気をつけないとその可能性は高いね」

     この夫婦の日常がなんとなくおもしろく、また何度かお届けできると思います。
     どうぞお楽しみに。






    プロモーション用の動画撮影は彼の仕事

    髪結いの亭主 (3)


    髪結いの亭主 (4)















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    ある日のごはん


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村

     ある日のごはん


     いよいよだね、こんなものを載せるようになっては。
     そんなことを自戒しながら写真を載せる。
     
    20240224094725_IMG_2305.jpg



     この魚は人によればタイのアジとか言ってるけれど、アジとは種類が違う。どちらかといえばサバの仲間らしい。
     こんなに首が曲がってじっさい泳ぐときはどうしてるのだろう、どこかに泳いでいる動画がないかなと探してみればありました。
     なんだこりゃ、泳いでいる姿はふつうの魚、首など曲がっていない。アジのように群れて泳いでいる。
     
     知識がないということはおそろしい。
     この魚生まれつき首が曲がっているのだとばかり思っていた。けれどもどうやら容器におさまりがよいように首を折られているようだ。
     これが本当だった、なんちゅうことだ。いままでずっと首が曲がったこの魚の泳ぐ姿を想像していた自分はなんという愚か者か。

    images_20240226063454058.jpg


     うちでは焼くというより粉をかるくふって揚げるようにして火を通します。身が分厚いのでそのままでは火が通りにくく、もし焼くなら開きにします。
     味は淡白でサバにもアジにも似ています。
     ナンプラーにニンニク、チリなどをミックスしてこれを少しだけ振りかけて食べます。





    豚の串焼きをガパオリーブスで香りづけ
    パガパオ ムゥピン

    ニンニクの茎 炒め物
    ニンニクの茎 炒め








    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    夏がきたどこにきた


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村

     夏がきた夏がきたどこにきた



     天気予報が夏の到来を宣言している。
     だからというわけでもないが、このところ気温が急激に上がってきた。
     午後の屋外では37℃から40℃、日陰の室内でも網戸だけだと33℃は超えている。

     それでも私一人ではクーラーは使わない。
     冷気にたいして極端に弱くなってきたようなので、扇風機は回しているがダイレクトに風を受けないようにしている。
     むかしは川に氷が張るような田舎で過ごした時代もあったのにいつからだろう寒さがこたえるようになった。足がすぐに冷たくなるのはいわゆる冷え性なのだろうか。

     すべては寄る年波のせいだと簡単な結論で、タイの定番、熱波の季節がやってきても私には快適しかない。


     






     せかいのどこかで

    おねいさん オーダーいいかなぁ
    カプチーノ ホチーノ 
    もちろんアイスよ ワン あれ?

    カプチーノ ホチイノ












    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    エアージャパン欠航でバンコクスズメ大騒ぎ

     

      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


     ANAの傘下中距離国際線の新会社エアージャパン。
     成田バンコクを結ぶ路線に新規就航したばかりだったが22日バンコク発便が機体の不具合で欠航になった。
     ANA傘下で他LCCとは少し違う座席配置などで興味をもった日本大好きタイ人は多く、今回の欠航はカウンター前で乗客の一部が抗議するなど大騒ぎになった。

     機体の部品交換が必要で日本から取り寄せるため、当初は数時間遅れと発表し、その後、欠航となったもの。  これにより費用の問題などで代替手段の利用をあきらめた乗客は少なくなく、日本でのホテル予約などが無効になってしまった乗客は怒り心頭だったことだろう。
     タイ民間航空局も知らぬ顔もできず、同社に説明を求めることになった。

     そもそもなんだかんだ理屈をこねてもANA傘下だとはいえLCCだからこういうこともあるという前提が必要だが代替機がなく当該航空機一機で成田バンコクそして成田ソウルを往復させるという。すぐに遅れが生じそうな綱渡りスケジュール。
     
     タイの旅行好きページではもう二度とANA系列は利用しないでおこうとアンチ発言も目立つ。

     LCCでなくとも飛行機は遅れて当たり前という覚悟も必要で、日本で列車に乗っているようなわけにはゆかない。
     いつも行ったり来たりしている私の経験からすればべつにLCCにかぎらず飛行機は1時間やそこらの遅れなど日常茶飯事でそのことで謝罪のアナウンスなど聞いたこともない。

     過去には、予約のフライトがなくなったと連絡があり、だからといって代替便の案内があるわけでもなく、おまけに払った金額は返金ではなく将来利用するための番号だけのクーポンになった。そんなことがふつうに起きるのです。

     だからまあ飛行機とくにLCCは運が必要で、その日に飛んで目的地にちゃんと到着すればそれは利用した客の運がよかったから、それくらいに考えておくほうがよいのです。予測不可の危険手当分が安くなっていると思えば腹も立たないでしょう。

















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

     クァイティアウ(タイのヌードル)


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村

     クァイティアウ(タイのヌードル)



     日本のうどん、そば、ラーメンはそれこそ国民食で、日本人にはなくてはならないメニュー。
     タイにも国民食といってもよいヌードルがあります。
     いままでなんどか取り上げてきましたが、かくいう私も久しぶりに食べましたので掲載します。

     タイでは熱いヌードルも持ち帰りできます。日本なら発泡スチロールの器などが要るでしょうと、さきにそれを考えますが、タイでは、ご存じの方も多いでしょうが、ビニール袋に麺と具材、そしてスープだけは別の袋にと、すべてビニール袋で完結します。
     むかしは食べ物をビニール袋で?と日本人としてはちょっとした抵抗もありましたが、たいていの食べ物はビニール袋、最近でこそご飯ものなどは発砲容器に入っていますが、まだまだビニール袋の文化はすたれてはいません。

     さてタイのヌードル、代表選手はやはりクァイティアウです。これもスープやトッピング、麺の太さ種類などでその名前も変わりますがベーシックはクァイティアウです。
     下の写真がごく普通のクァイティアウです。

    20240221164254_IMG_2282.jpg



     ただトッピングがマシマシになっているのでスペシャルとして通常は平均的な町の店では40~50バーツのところですが10バーツプラスになります。
     そして調味料はチリ、酢、砂糖などが小袋に入って添付されています。薄くてさわやかなスープにどうして酢など入れるのか、これだけは私は受け入れられず、いまだに添付の調味料は使いません。
     上にのっているのは魚のすり身ボールとか薄切りの焼き豚的なものです。

     もうひとつ赤いスープのクァイティアウ。
     イエンタフォーと言ってます。(タフォーというのはタイ語で豆腐のこと、おそらく中国語からきているのでしょう)
     赤いのは豆腐を紅腐に漬けて発酵した腐乳を混ぜています。味的にはベースは甘酸っぱいようです。というのも私は食べていません。
     トッピングもスープの色に染まっていますが魚のすり身や厚揚げスライス、豚などです。
     家人はこれをおいしいおいしいといって食べます。
     魔女だけに真っ赤な唇が迫力満点です。



    20240221164527_IMG_2284.jpg











    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    水商売っていいよなあ



    竹島は日本の領土です
    他国に不法占拠されていることを忘れてはなりません






      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


     水商売っていいよなあ

     世が世なら水商売をやっていただろう。
     水商売といってもいわゆる夜の商売ではなくほんとうの水商売、水を売る商売をやりたかったな。
     
     もう少しだけ若ければタイで水商売をやっていた。
     もっとはやく気がつけば今頃は日本人がつくる水、ちいこうブランドで大もうけしていただろう。
     
     今は情けないかな毎週運ばれてくる水を1階から持ってくるだけ。なんじゃそりゃ。

     家人でも、もうすこしビジネスというものに興味があればと思うのだが、会社で毎月安定した給料をもらっているだけで十分幸せ、他にはなんにも欲がないというのだからどうしようもない。
     これも私という雲みたいな風来坊を亭主にしたくらいだからさもありなんといったところ。

     君の会社でも、今からでも遅くないから水商売に進出しないか、などと熱弁をふるったこともあったが、あまりの興味のなさにこちらの熱意が蒸発して消えた、水だけに・・。


    IMG_2276.jpg

    IMG_2279.jpg


     バンコク時代からデリバリーを頼んでいるSPRINKLE。
    1本18.9Lで70バーツ。


     レジデンス1階に設置されている水道の浄化水が1L・1バーツ。これは信用できないのでぜったい飲まないが使っている人もいるのだろう。

    IMG_2272.jpg


    IMG_2273.jpg






     水を取りにいったついでにパプイさんの写真を。
     彼女は開設当時はセキュリティで住居棟への入り口担当で、いつもこの場所に立っていた。私たちは転勤第一陣だったので昔馴染みみたいなもの。
     そのセキュリティ会社は別の会社に契約変更になったが彼女はその真面目な人柄が好印象で家人の会社の契約社員になり、ここで宅配などの荷物管理を任されている



    IMG_2275.jpg















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    パッカマー


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

     パッカマー


    パッカマー



     暑くなればこれパッカマー。

    「どうだこれでコンイサーンだ、コンラオにも見えるだろ」
        (コンイサーン=イサーン人 コンラオ=ラオス人)

    「うーん、顔がねぇどう見たってコンイープン(ニッポンジン)なのよねぇ」

     フン、そうだろうな。
     イサーンやラオにこんな男前はおらんわい。
      
















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    考えるのがめんどうなときはギョーザよ


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

     考えるのがめんどうなときはギョーザよ


     毎日の食事。
     昼食は自分で適当につくって食べる。
     しかし夕ご飯はいつもどれがよいか訊かれる。
     毎日それに応えるのがめんどうなときもある。

     それで今日は冷凍ギョーザ。
     冷凍といっても自分たちでつくったものだから、とうぜ
    具もたくさんでおいしい。
     ギョーザは自分たちでつくるようになればスーパーの中身がさみしいギョーザには手が出なくなる。

     タイにもギョーザはありますが、ほとんどスープギョーザです。



    ギョーザ (4)

    ギョーザ (5)

    ギョーザ (6)

    焼きすぎず、早めに熱湯を入れて即蒸し
    この間は全体にふたをとらないのがコツ
    ギョーザ (2)

    タレは醤油と酢、ラー油がないので唐辛子
    これがまったく辛くなくてみかけだおしなのです
    ギョーザ (1)

    ギョーザ (3)
















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    おーいネコ


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

     

     久しぶりにネコをみた。
    「おーい おーいネコ」
     すっかりここの生活になじんだようだ。
     声に応えるように寝そべってポーズをつくってくれた。
    「ありがとよ、写真撮ったらもういいよ」

    o-i neko (1)

    o-i neko (2)

    o-i neko 3

    o-i neko 4



     木の上ではいろいろな鳥がさえずっている。
     ネコは興味をもったのか塀の上でしばらく狙っていたが、自然はそんなに甘くない。
     なんどか木に飛び上がる構えをみせたが空飛ぶ翼にはかなわず、あきらめたネコは裏手に去っていった。






    Bird01_202402181201207ea.jpg

    Bird 02

    Bire03.jpg












    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    次のページ