FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    バンコク 長時間停電の予定

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    08 /28 2017

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    images_20170827153940231.jpg

     

     送電線や諸設備のメンテナンスのためバンコク都内で広域停電が発表されていた。
     日曜午前8時30分から午後3時30分の間というからずいぶん長い。もちろんデパートなどは除外されるというが、うちのあたりは停電エリアに入っている。

     7時間の停電というのはタイでも滅多にないことだ。
     それぞれの家庭では日曜日の停電に備えてあれこれ対策を練っているようだった。

     義妹ファミリーからは、郊外の別宅へゆくので一緒にどうかと誘いがあったが妻が今度の休日はどこへも行かずにゆっくり過ごしたいということで断った。

     さて停電に備えて何をするかと考えたが、真昼間のことだからロウソクでもあるまいし、なんといっても問題は冷蔵庫、とくに冷凍庫がどのくらいの時間もちこたえるのか、それが大問題。

     なんせ冷凍庫はあたしの宝箱みたいなもので、我妻が愛する夫のために買い貯めたプロモ価格のアイスがギッシリ詰まっている。

     これが極地の氷山みたいに溶けだしたらたいへんだ。ちい公の寿命を縮めるに等しい惨事といえる。

     アイスを奥の方に押し込み入り口近くにはカチンカチンの肉類で壁を作った。停電の間は開閉を我慢するからなんとかもってほしい。


     そうして日曜の朝がきた。
     薄暗いうちから起き出してPCの灯を入れる。WIFIも電気を使っているから停電と同時に使用不能になる。
     ポケットルーターの充電は完璧だから数時間の連続使用には耐えられるだろう。スピードはともかく外界とつながっていることが肝要で、いつからかネットは生活の重要な一部分を占めるようになってしまった。

     とくにあたしの場合は携帯番号そのものがネット電話なので世界中どこにいてもWIFIにつなげさえすれば会話できるという利点がある反面、WIFIにつなげないと孤島の島流し状態となる。


     時間との追いかけっこのような気分で机に座っていた。そして8時半がすぎて9時も回った。電気は切れない。

     そして昼ご飯の時間になった。
     調理できない事態を想定して妻が朝から弁当を作っていた。
     家の中でピクニックになった。
    「なんなんだろうね、あの大騒ぎは」
    「なんでもあり、なんでも起きるの、これがタイランドよ」

     結局、一日停電することはなかった。
     雨は降らなかったから各地で予定されていた工事やメンテナンスができなかったということは考えにくい。
     まさかネットで発表されたエリア指定がアバウトだったなんてことはないだろうね。
     いやいや、あっしにもよくわからん。



     

    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い