FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    タイの仏教・タンブンとは

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /07 2017

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    お寺 ラチャダ (1)

    お寺 ラチャダ (2)

    ワット

    tanbun.jpg


     
     ご存知のように国民の95%以上が仏教徒のタイ。
     ここでお寺は日々の生活と密接な関係を持ち、庶民はことあるごとにお参りをする。

     こんなときよく使われる言葉が「タンブン」。
     これは簡単に言うと寄進を意味し、出家して僧侶になるのが最も徳を積むことになるのだが、出家までできない一般人はその僧侶ひいてはお寺になんらかの寄進をすることで自分も徳を積むという考え方。

     なにかの願い事があるとき、あるいは身内のためにお寺へ参り、金銭や物品を寄進する、これもタンブン。

     どうしてこんな話を書いているかというと、今日は妻の祖母、育ての親ともいうべき方の命日。
     朝からタンブンの買い物をし、お寺へゆく。

     行くのは妻と妹ポムそして娘のミルキー。
     今日ばかりはあたしも神妙にお供。
     たぶん姪っ子ミルキーと二人でワイワイ遊ぶのだろうが、この様子は明日に。



    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い