FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    飛行機預け荷物は探られ盗まれることを前提に

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /14 2017


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    13日ラマ9世前国王一周忌 
    Google Thailandも追悼の黒

    スクリーンショット (65)


    飛行機・預け荷物は探られ盗まれることを前提に

    88.jpg

     
     旅になれた方ならご存知だろう。
     飛行機の預け荷物、トランクなどはけっして安全ではない。
     到着地で鍵が壊れずに出てきたらそれは宝くじ並みのラッキーだと思った方がよい。

     掲載の写真はJETSTAR貨物室、タイ・プーケット空港での出来事。
     ビデオを観たがこの27歳の男、じつに巧みに次からつぎへとカバンを開いてゆく。サッと手を差し入れ金目のものを探る様子はまさにプロフェッショナル。

     空港での荷物関連の仕事はほとんど現地の協力企業が派遣している、したがってそれほどの人的チェックも行われていないのが現状らしい。
     犯罪原因とは関係ないが、この男、南部地域に住むムスリムで、すでに逮捕された。

     こんなことはタイやアジアに限らず行われていると考えるのが妥当で、鍵なども気休めでしかないと思えばあとで腹も立たない。
     探られることを前提にパッケージすることを強くおすすめする。
     高価なものは絶対に入れない。これはどうかお忘れなく。入れておいた現金がなくなった話はいくらでもある。

     ちなみにあたしの小さなカバンにはおもちゃのような鍵が一個だけ。ちぎろうと思えば5秒でOK。
     誰が見ても大切なものが入っているようにはみえない。事実、大切なものは入れてないが、アジア圏内でこんなちゃちな鍵が壊されたことはまだない。

     むかしEURO圏内でサムソナイトのカバンが壊されたことがあった。逆に頑丈そうなロックが狙われるのかもしれないと、今になって思う。



    コメント

    非公開コメント

    世の中には、手先が器用な方がいっぱいいることを忘れてはいけません。その代表的にお方達がマジシャンです。

    Re: senri32 様

    > 世の中には、手先が器用な方がいっぱいいることを忘れてはいけません。その代表的にお方達がマジシャンです。

    まさしくおっしゃる通りでござる。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い