FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    うれしい話 SNS in Thailand

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /16 2017
     
    徹底無視、排除 PV稼ぎの履歴残し
    私たちは、まともで真面目なブログを応援します


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます

     

    images (2)

    images_20171015155154294.jpg

     うれしい話 SNS in Thailand

    「日本について語ろう」のようなサイトがある。
     日本へ行ったことがあってファンになったものばかりでなく、ただ日本に興味があり一度は行ってみたいというような人々が情報収集に来ている。

     こんな書き込みがあった。
    「タイの昔の人々の教えにこんな言葉がある。けっして他国の人間を信じてはいけない云々と。しかし私は祖先の言葉にも過ちがあることをここに指摘したい。それは日本に関して、日本だけは祖先が言い伝えてきた言葉とはまったく違う国であることだ」
     
     そして投稿者は、日本人がいかに親切であたたかい心の持ち主であり、どうして信頼できるのかということを実際の体験をもとにして細かく書いている。
     それは訪れた各地の清潔さと相俟って初めての旅人には強烈な印象となって残ったようだ。

     こんなとき、あたしはしみじみとした感慨につつまれ、日本人すべてがこうでないことをわかっているだけに、投稿者が訪れた地の心優しき人々に感謝したくなる。

     うれしいことだ。
     このようにして民間人が好感をもち、それが拡散されることで、日本という国のイメージがますますしっかりと方向づけられてゆく。

     ともすればアジアの中にあって経済的優位を鼻にかける日本人、それを羨望のまなざしで見つめるアジアの人々。このような図式がかつての時代には当たり前でもあった。

     しかし各国それぞれが同じような文化的水準に達し、経済的優位性そのものの真価が問われようとしている今、大切なのは民族の持つ優位性、言い換えるならば日本人がどれだけ優れた民族であるかということであろう。

     それはなにもノーベル賞受賞者の数などに限ったことではなく、他人に対する優しさ、思いやりの心、これらも重要な日本民族の象徴たる優位性だといえる。

     そういった意味においても、タイでのSNSで飛びかう日本、日本人への高評価はうれしくもあり、ときには悪評、不満もあって、目が離せないのだ。



    コメント

    非公開コメント

    とても、いい記事でした。シー・ユー。

    Re: senri32 様 うれしいです

    senri32 様 とてもうれしいコメントです
    ありがとうございます。
    いただいたお言葉だけで
    報われた気分になり
    今日一日が幸せに感じられます。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い