FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    水戸黄門

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /12 2018


    images_20180311194428515.jpg

      
     若い方はご存じないかもしれない長く続いたテレビドラマ水戸黄門。
     知らなかったが水戸黄門を演じた俳優は全部で6人だという。

     ちょうど再放送されているのは西村晃氏が演じる水戸黄門。
     月~金毎日の放送を何十本もレコーダーに入れておいた。
     これがなかなか面白い。

     昔母親が好んで時代劇を観ていた頃には、なんだこんなものと思っていたが、どういうことだろう、今になると、ウーンなかなかよいではないか。

     やたらリアルなドラマや映画が多い昨今、ほとんど悪者を殺さず、当然だが勧善懲悪一筋、寅さんとおなじく偉大なるマンネリだとも言われそうだが、どうなるの?とハラハラドキドキしないで観られるのが逆に新鮮でもある。

     悪代官、ごろつきなど悪者をやっつけるのだが「斬ってしまいなさい」などとはけっして言わず「懲らしめてやりなさい」黄門様の一声で助さん格さんを中心にしてボコボコにやっつける。
     そして適当なところで印籠を見せて「この紋どころが目に入らぬか」となる。

     そんなに殴ったり蹴ったりしないで早く印籠を見せてやれば・・・。
     いわばツッコミどころも満載なのだがこのドラマは、そんなアホな、と茶々を入れてはならないのだ。

     あらためて何本もじっくり観ていると原作はともかく脚本の苦労の跡が随所に垣間見えて違った楽しみ方ができる。
     背景の場所こそ毎回ちがえども同じような筋立てをいかに違ったように見せるか、さぞ大変だったろう。

     さあバンコクへ帰って魔女様のお供で黄門ちゃまごっこでもしよう。
       
     
      

    コメント

    非公開コメント

    茨城原人としては、この番組を見るたびに穴に入りたくなりました・・・v-390

    おはようございます。

    水戸黄門は、高齢の方にも人気があるのですね。
    あの、安心感が良いみたいですね(^_-)-☆

    早く、素敵な奥様のところへ(*^▽^*)

    Re: ピオの父ちゃん 様

    ピオの父ちゃん 様 おはようございます。
    へーそんなものですかねぇ。
    でも名君であったことは史実なのですから
    誇りに思われてよいのではないでしょうか。
    もしかすると父ちゃんは光圀様の末裔では??

    Re: Miyu 様

    Miyu 様 いやいやMiyu 先生 おはようございます。

    そうですね 安心感です
    ほとんど血も流れないし必ず悪者退治して解決
    めでたしめでたしがよいのですね。

    先生のお写真を拝見していて
    あのサンタの衣装を着ていた方と
    同一人物なのかと目を疑いましたよ(笑)

    >早く、素敵な奥様のところへ
    はい。
    一人飯も飽きてきました。
    とっとと帰りましょう。



    助さん、早く帰っておやりなさい。
    タイの湯船でかげろうのお銀さんが待ってますよ~

    Re: 雨宮清子(ちから姫) 様

    > 助さん、早く帰っておやりなさい。
    > タイの湯船でかげろうのお銀さんが待ってますよ~

    さすが姫様 よくご存じで、
    由美かおるさん、いいなあ。

    しかし残念なことにタイのコンドには湯船がありやせん
    タイではよほどの豪邸でもない限りコンドミニアムといえど
    バスタブがないのでございますよ。
    年がら年中シャワーなのです、

    こんにちは!いつも、ありがとうございます。
    私も、同じように録画して観ています。
    同じ時間帯で、韓流ドラマを流しているのですが、
    こちらは、ハラハラドキドキ、心臓に悪くて。(;^_^

    緩やかに悪を諭す、成敗する、そんなところが心穏やかに観ていられるのでしょうか。(^^♪

    Re: 窓 様

    窓 様 こんんちは いつもありがとうございます。

    お~いらっしゃいました我が同志よ。
    なんてたって黄門ちゃま
    ドロドロと血が流れないのもよいですね。

    ハラハラドキドキはありませんが
    時々、
    自分ならこう創るなどと考えながら観ております。


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い