FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    貧しさと豊かさ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /24 2018

    DSC_0020_20180423160237f8c.jpg

    DSC_0008_20180423160236581.jpg


     

     午前中にさっさと用を済ませて出かけようと考えていた。
     
     カンカン照りの空を見上げた。
     ・・・こりゃダメかもしれないな。
     
     室内温度32.5℃ 湿度は60パーセントを切ってはいるが、それにしても暑い。屋外だと体感は40℃になるだろう。

     大通りへ着く前にミイラになってしまう。

     そんなことを考えていたとき、義妹からメッセージが入った。
     昼ご飯を食べにショッピングビル・STREETに来ている。パンかスィーツかなにがほしい?
    「パンがあればうれしいな」
    「OK、わかった、パンとなにか甘いものを買っとくわ」

     義妹たち、つまりミルキーのパパママたちだが。彼らは自分たちのことを典型的なミドルクラスだと言う。
     彼らはどのくらいの収入なのか定かではない。だが少なくとも義妹は一般的なタイ女性よりも高額なサラリーを得ている。
     街でコンドミニアムを買い、郊外には分譲団地に自宅がある。今は週末専用だ。

     これがタイの中流。
     そしてわたしたちも中流、そう考えている人々が多いのも事実。

     そういえばかつて日本もそんな時代があった。
     だが現在はどうなのだろう。生きるだけの暮らしは成り立っているとも思える、だが人々の心を想うとき、ずいぶん貧しくなってしまったような気がしてならない。

     アイスを買おうとセブンまで行った。
     場所柄もあるのか近辺のセブンではあたしの好きなタイのカップアイスは売っていない。
     Haagen-Dazsと日本のインポートアイスばかり。こんな割高のアイスが売れるなんてイサーンなど地方の店では考えられない。

     だがまてよ。
     街の人々の暮らしは本当に豊かになったのか。

     焦点の定まらぬ視線を通りに向ける屋台の女性、所在なげにスマホをいじるバイクタクシー。

     豊かそうにみえる大都会の裏。
     消費文化に馴らされてしまい収入が追いつかない現状がそこかしこに見え隠れしているような、そんな気がしてならない熱波の午後。


     
     
      

    コメント

    非公開コメント

    こんにちは!いつも、ありがとうございます。

    日本ではまさに、盛夏の気候がタイの今、なんですね。

    ミルキーちゃんのご両親は、わたしにはミドルというより、アッパークラスのように思えました。(;^_^

    確かに、日本も豊かになっている反面、
    さもしい人々が目に付くようになりました。

    時代は少しずつ目には見えないくらいのところで、気がつけば綻びが大きくなっているのでは、と最近は特に感じます。

    車を運転していると、そのことが強く感じます。
    横断歩道を歩いている歩行者に、クラクションを鳴らすドライバーを珍しいと思わなくなりました。


    Re: 窓 様

    窓 様 ありがとうございます。
    いつも興味をもって拝読いたしております。


    > 時代は少しずつ目には見えないくらいのところで、気がつけば綻びが大きくなっているのでは、と最近は特に感じます。
    >
    > 車を運転していると、そのことが強く感じます。
    > 横断歩道を歩いている歩行者に、クラクションを鳴らすドライバーを珍しいと思わなくなりました。

    なるほどね、そうですか。
    人々の心から優しさが少なくなりつつあるのでしょうか。
    それとも心の余裕が減少しているのでしょうか。

    うーん
    ため息が出そうになりますが
    皆様のブログを拝見していると元気を頂くことも多いですね。
    まだまだ人間は日本人はよいなと思うことが多々あります。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い