FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    命あふれる月

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /01 2018



    s-20140401201910223362.jpg

    images_20180430124743bc0.jpg

     

     五月になった。
     毎年書いているような気がするが大好きな五月。

     空はどこまでも青く広がり、若き命にあふれる大地。そこかしこから心地よいハミングが聞こえてくる季節。

     そして五月も後半になる。
     日差しがときおり引き連れてくるのは一年ぶりの暑い夏の思い出。
     すっかり成長した道端の青草が吐き出す夏の香りは草いきれにも似ている。今年の夏を期待し待ちわびるのもこの頃だった。

     すべて日本の五月への想い。

     それに五月はあたくしの誕生月。

     たしか我が家には鯉のぼりがあったような。
     孟宗竹の先っぽに金属製の風車が付けられ、吹き流しはなかったが真鯉と緋鯉が子供心にはかなり大きかったような記憶がある。
      
     鯉のぼりは家人が毎日出し入れしていた。したがって鯉が泳ぐのは天気の良い日だけだった。

     五月の青空に悠々と泳ぐ二匹の鯉は子供の目線からはなにものにも負けぬ強さにあふれているようにみえた。見上げているその時だけ自分の身体になぜかわからぬパワーがみなぎってくるような気がした。

     すべては五月の思い出。

      
     
      

    コメント

    非公開コメント

    台湾の山奥でこいのぼりを見たことがあります

    じーん、ときましたv-350

    誕生日、お・・・!


    おはようございます。

    確か、お誕生日は5月30日でしたよね。
    まちがってたらゴメンなさい。
    おめでとうには、ちょっと早いかな。(笑顔)

    魔女さんは、シンガポールから帰って来られてるんですよね?

    >たしか我が家には鯉のぼりがあったような。
    >孟宗竹の先っぽに金属製の風車が付けられ、

    ここまでは同じですが、僕んちには吹き流しがありました。
    雨が降るとしまってました。
    お爺ちゃんの子供は、女の子が5人(次女が僕の母)で男の子が居なかった。
    僕が産まれた時は、54年振りの男の子だったので、そりゃ~可愛がられました。
    超超期待外れの孫で終わってしまいましたけどね。(笑)

    Re: ピオの父ちゃん 様

    > 台湾の山奥でこいのぼりを見たことがあります
    > じーん、ときましたv-350


    分かるような気がいたします。
    日本人がすんでいたのか、それとも現地の方が・・・

    Re: kotobuki  様

    kotobuki 様 楽しいコメントありがとうございます。

    誕生日のこと書きましたかね、自分でも忘れていますが。
    どうも最近は昔の教師のようにおなじネタを毎年使いまわしているようで
    これはいけませんね。気をつけなくては。

    > 魔女さんは、シンガポールから帰って来られてるんですよね?

    食べ過ぎて重量オーバーで飛行機に乗れず
    いま古いホウキを修理しながら戻りつつありますが
    いつになりますことやら、あと数日はかかるかと(笑)


    > お爺ちゃんの子供は、女の子が5人(次女が僕の母)で男の子が居なかった。
    > 僕が産まれた時は、54年振りの男の子だったので、そりゃ~可愛がられました。
    > 超超期待外れの孫で終わってしまいましたけどね。(笑)

    すごいですね54年ぶりとは
    一族の期待の星
    なんだか小説にできそうな・・・
    とんでもない悪がきを主人公にしましょうか。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い