FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    平和に長生きしまっしょい

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /06 2018



    images (2)

      

     あたしが書いていた、今年は雨期が早いかもしれないという記事を読んだのか、タイの気象庁が、今年はルドゥフォン(雨期)が早いと言ってる。
     そんなこたあ毎日空を眺めていれば誰だってわかるじゃないか、なにを言ってるんだ今頃。

     いかんいかん歳のせいか怒りっぽくなっている。
     そうだ思い出した。
     怒れる高齢者というお話。
     文字そのままの話なのだが、高齢者が怒りっぽくなっているという。
     
     様々な原因が理由づけされるのだが、あたしに言わせれば話は簡単。
     まずひとつは、出世をあきらめたサラリーマンと同じで怖いものがない。なにかあって殺されたとしても残りの人生に大した希望があるわけでもなく、この世に未練などない。
     便所の火事、ヤケクソってところ。

    いまひとつ、怒れる老人の増加が真実だとすれば、日々の生活の鬱屈した不満のはけ口として、意識するしないに関わらず、いつもは心中に納めているはずの怒りが表面化してしまう。

     ま、そんなことではないでしょうか。

     だが、他人事のように言っている場合ではない。
     ここバンコクでも日本にいるときとおなじように街中でも気づいたことをすぐ口にしてしまう悪い癖。
     少しは気をつけないと今に刺されるか、いやここなら撃たれるかもしれない。

     往々にしてタイの場合は交通事故でも事件でもやられ損のケースが少なくない。
     逃げられたらやりかえすこともできないしポリスの捜査能力だって日本の足元にも及ばない。

     自己防衛、まずそのためには無用な争いごとは避けるべし。
     そう、できるだけ避けるべし。

     むかしは明日の命なんぞほしいと思ったことはなかったが、魔女を妻にしてしまったので妙に生への執着ができてしまった今日この頃。

      
      


    コメント

    非公開コメント

    口は禍の門!

    プロ野球の解説者でも、
    僕にでも言えるような事しか言わない奴がいます。(笑)
    普通人以下のコメンテーターが多過ぎます。

    散歩してる時に、狭い歩道に電信柱、
    向かいから来た自転車のおじいさんが止まってくれて、
    『お先にどうぞ』と言ってくれたんですが、
    その後ろから自転車が2台来てたので、止まって待ってたら、
    『どうぞと言ってるんだから早く行きなさいよ』と怒り出しました。
    「小さな親切、大きなおせはじゃーーーじじーーー」と心の中で叫び、
    「後ろから自転車が来てるんですよ」と優しく言って通り過ぎました(笑)
    怒らないように心がけるのは、体力要りますよね(忍耐力)
    人が歳を取って怒りっぽく成るのは、子供に戻って行ってから、だそうです。

    グランフロント大阪の北館に、
    ロート製薬が運営する『旬穀旬采』と言うお店があります。
    LEDで水耕栽培した野菜を、見える様にして栽培して、
    そのお店で食べさせています。

    Re: kotobuki 様


    > 怒らないように心がけるのは、体力要りますよね(忍耐力)
    > 人が歳を取って怒りっぽく成るのは、子供に戻って行ってから、だそうです。

    なるほどね。
    するとあたいはませたガキですかね(ニヤリ)

    > グランフロント大阪の北館に、
    > ロート製薬が運営する『旬穀旬采』と言うお店があります。

    これはよいことを教えていただきました。

    しかしなんでもよくご存知ですね。
    あたしはさしずめ浦島太郎みたいなものですね。



    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い