FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    ヤモリと暮らす

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /19 2018


    images_2018051812490378b.jpg

     

     タイにはヤモリが多い。
     チンチョと呼ばれる小型のものと大ヤモリに分類されるトッケイがいる。トッケイは日本でもペット用に売られているようだがどこの産かは知らない。

     大ヤモリはどちらかといえば古い家に棲みついているイメージがあって、むかしイサーンの田舎の家で見たくらいだ。

     小型ヤモリ、チンチョはどこにでもいる。
     今の住まいにも棲んでいる。外から入ってくるのだろうがきっちり戸締りをしていてもどこからか忍び込んでくるようだ。

     最近、孵化したとみえ小さな赤ちゃんヤモリが壁にしがみついていることがある。
     あたしは見つけ次第ビニール袋で捕獲し外へ出すようにしている。
    「こんなとこにいては虫もいないだろ」
     そう言い聞かすのだが、よくよく考えてみれば表の方が鳥などの天敵が多いから危険かもしれない。

     しかしかといってそのままにしていると魔女奥ちゃまがかれらを見るたびに大声を出して驚く。その声にこちらがビックリする。心臓に悪い。

     かれらは少し成長すると鳴き声を出す。
    「ケケケッ、ケケケッ」
     文字では伝わりにくい。
     
     最近あたくしは彼らと話すようになった。
     外部に面したキッチンあたりから聞こえてくる。
    「ケケケッ、ケケケッ」
     夜行性なのでおもに朝夕だが、これが聞こえるとあたしも必ず返事をするようにしている。
    「ケケケケッ、ケケケケッ」
     すると相手は驚いたのかしばらく鳴りをひそめる、が、すぐに、
    「ケケケッ、ケケケッ」

     これを見ていた妻が、
    「よかったね、ちい公はお友達になったのね」
     そしてゲラゲラ笑う。

     バカにしているな。
     笑わば笑え、こちとらは大真面目なんだ。
    「ケケケケッ、ケケケケッ」
     ケが一個多いのは毛に未練があるからだ。

     
     
      

    コメント

    非公開コメント

    私が毎日訪問している山のブログ「山の彼方へ」さん、今回登った山がなんと「尼ケ禿山(あまがはげやま)」なんですって。

    ちい公さまのおつむも「毛(危)険水域」ですか?
    「ちい毛ェガハゲヤマ」にならないよう、がんばってくださいませ!

    Re: 雨宮清子(ちから姫)

    ちから姫様 こんにちは

    しかし誰が命名したのでしょうかね
    「尼ケ禿山(あまがはげやま)」
    尼さんがはげてどうするんだと言いたいですが。


    > ちい公さまのおつむも「毛(危)険水域」ですか?
    >「ちい毛ェガハゲヤマ」にならないよう、がんばってくださいませ!

    危険水域どころかあなたもう大変でございますよ。
    顔と頭部領域のボーダーなんかとっくにあやふやになってしまい
    洗顔とシャンプーの使い分けの難しいことったらありゃしない。

    坊主頭で人相の悪い男が駅前を歩いていたらまず「ちい公やーい」
    声をかけてくださいまし。

    緑が綺麗なヒルヤモリ

    こんにちは。

    神出鬼没ですよね、
    キッチン フードダクトから入って来るんじゃないですかね?
    ヤモリ、嫌いじゃ無いですよ!!

    昔昔、ヒルヤモリとか矢毒カエルを飼いたくて、
    たくさん飼育されてる方の家に見に行った事があります。
    6畳の部屋が観葉植物のジャングルに成っていて、
    かと言って放し飼いでは無く、ゲージに入れて綺麗に管理されていました。
    ヒルヤモリの仲間もたくさん居て、その鮮やかな緑色に見惚れてしまいました。
    緑色が好きなんです。
    飼育のポイントは、昼と夜の温度差を付けると言う事で、
    熱帯魚との同室での管理が難しいと分かり飼育は諦めました。

    >これを見ていた妻が、
    >「よかったね、ちい公はお友達になったのね」
    >そしてゲラゲラ笑う。

    実に微笑ましいです(笑顔)

    Re: kotobuki 様

    おはようございます。

    >緑が綺麗なヒルヤモリ

    見たことがありませんね。

    ヤモリは熱帯性のものかと思っていましたが
    日本でもかなり北方にもいるのかな。
    記憶をたどってみれば
    日本でヤモリを見たことがないような・・・

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い