FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    すべては身勝手な人間から 動物虐待と害獣駆除

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    06 /07 2018

    すべては身勝手な人間から 動物虐待と害獣駆除

     
     大阪枚方市における赤ペンキを塗られ監禁されていたアライグマの件はすでにご存じだと思う。
     そもそも枚方市近辺では野に放たれ増えていったアライグマが数多く生息しており、いまや害獣とされている。

     赤ペンキの件は程度の低いいたずら、まともな思考では考えられない行為だ。しかしいま、そんな行為を平然とやってのける人間が増えているのも事実。こいつらこそが害獣だといってよい。

     そもそも論など書きたくないが、すべては身勝手な人間が引き起こした災いだ。

     犬猫からはじまってその生涯を面倒みる自信がないのならペットなど飼うな。一時の気まぐれ所有者に遭遇した動物こそ悲運だ。

     野生化した動物は今度は可愛いペットから害獣とされて捕獲され殺される。
     
     人間の安全な生活を守り維持するために殺されるしか道のない動物たち。

     こんな話になれば堂々巡りになるのでこれ以上は書かない。
     だがこれだけは何度も言おう。
     家族としてその命が尽きるまで一緒に暮らせないのなら動物など飼うな。 
     ペットから癒しを得るのだから、飼い主がその一生を保証するのは当然だろう

     日本もペット飼育の資格審査制度があってよい。経済面はもちろん正常な思考ができるかテストすればよい。少しは不幸な動物が減るかもしれない。



     

    コメント

    非公開コメント

    全くもって その通りですね。
    この世の中 キチガイが 多すぎて 辟易します。

    Re: ごんのすけ 様

    おはようございます。
    いつもお世話になっております、ありがとうございます。
    いつの世にもおかしな人間はいるものですが
    それにしても最近はバカ野郎の繁殖が目立っているような。

    ラスカルブームの悲劇!


    おはようございます。

    枚方のアライグマ、ヘアカラーで染められたように赤いですね。
    オーストラリアの様に、
    生体の持ち込みも、持ち出しも、禁止にしないと行けません。
    輸入魚業者は倒産するでしょうけどね。

    イギリスでしたかね、ペットショップに犬や猫の生体を並べるの禁止で、
    飼いたい人には、家族ぐるみでの面接があり、可否判断が成されます。
    生体にはマイクロチップ(長さ1cm弱で太さは爪楊枝ほど)が打ち込まれていて、
    迷子に成ったり、捨てられたりしても飼い主が分かるように成っています。
    マイクロチップ?って思うかもしれませんが、
    飼育放棄はそこまで深刻化しています。

    マイクロチップは、熱帯魚のアジアアロワナ等にも打ち込まれています。
    「ワシントン条約附属書 I」の生体には入ってます。
    もう、20年ほど前から実施されていて、
    今のところ生体に及ぼす害は無いみたいです。

    Re: ラスカルブームの悲劇!

    kotobuki 様
    いつもありがとうございます。

    非常によくわかるご説明に感謝します。
    飼育放棄は海外においても深刻なのですね。
    まったく人間は・・・。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い