FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    タイ・チェンライの洞窟 コーチと12人の少年たち

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    07 /07 2018


    タイ・チェンライの洞窟 コーチと12人の少年たち


    20180630211652113.jpg

     
     チェンライの洞窟で救出待ちの13人。厳密には25歳のサッカーコーチと12人の少年たち。 

     いまタイではサッカーコーチを巡っての議論が巻き起こっている。

     このような状況が発生した場合、必ず現れるのが行動を非難するグループ。こんな時期にどうして危険な洞窟に少年たちを連れていったのかとコーチの責任を問う。

     そして一方で日に日に高まっているのがコーチの行動を賛辞する声。

     まず危険な洞窟というがそれはあくまでも雨季の話であって彼らが入ったころ洞窟の水量は多くなかった。大雨が降り洞窟内に大量の水が流れ込むことまでは予測できなかったともいえる。

     今回の洞窟行は少年たちのたっての要望であった、それをうけてコーチは事前に各メンバーに対し保護者に洞窟へ行く許可を得させている。
     洞窟内の通称パタヤビーチといわれる広場で、ちょうど誕生日を迎える少年の誕生パーティをしようという計画もあった。

     流れ込む大量の水から逃れるためコーチは少年たちを安全と思われる場所に誘導避難させた。

     少年たちはそれぞれ持参してきた菓子などを分け合い食べた。しかしコーチは「僕は食べなくても大丈夫だ」といって口にしようとはしなかった。

    彼は10年間僧職にあって修行を積んでいたので空腹には耐えることができたのだとされている。

     飲み水は天井から落ちる水滴をそれぞれ口で受けた。
     少年たちは全部で10本ほどのフラッシュライトを持っていたのだが、使うのは1本ずつで可能な限り長持ちさせるようにとコーチは指示していた。

     また不安がる少年たちにコーチは瞑想の方法を教えいろいろな話を聞かせたと少年たちがインタビューに答えている。

     またいっぽう、こんな逸話も聞こえてくる。
     お寺で修業を積んだとはいえコーチはまだ25歳の若者。自責の念やさまざまな不安に、時として涙を流すことがあったようだ。
     そんなとき少年たちも一緒になって泣いたのだと言う。

     何が良くて何が悪かったのか、そんなことを論じるつもりはないし、そんなことを今話すべきではない。

     ただ洞窟の13人が1時間もはやく外に出られるよう願うしかない。

     これを書いている7月6日、速報が入った。
     なんということだ。
     洞窟内へ酸素ボンベを搬入していたタイ・元ネイビーの救出隊メンバーが命をおとした。過労が主な原因かもしれないとされている。
     レスキューチームがこんなことになるとは言葉がない。

     救助の方法が見直される可能性もあるだろう。
     時間と費用がかかっても地質調査で判明している薄い天井部分に穴をあけ引き上げる方法もあるかもしれない。乾季になるまで数か月も13人を待たせておくわけにはゆかない。
     
     

    コメント

    非公開コメント

    良かったなあ。とにかく見つかって。
    日本でも大きく報道されています。

    チンチョ公様へ


    こんにちは。

    早く日本に逃げないとチンチョにされますよ(笑)


    【<タイ洞窟>救出作業のダイバー死亡 酸素使い果たし】

    YAHOO!ニュースの大きな見出しに驚きました。
    医者の不養生じゃあるまいし、
    酸素ボンベの残量チェックって基本じゃないですか、頼みますよ!!

    乾期までの4ヶ月間を、洞窟の中で過ごすなんてあり得ないですよね。
    ベッドで足を伸ばして寝たいだろうな。

    Re: すくなひこな 様

    見つかったのはとにかくよかったです
    しかし
    無事に出せるまでは多くの難関が

    これ以上誰一人犠牲になることのないように
    ただ願うばかりです。

    Re: kotobuki 様

    チンチョ公とは恐れ入った
    けれどヨーロッパのどこか小国の君主みたいでいいかも(笑)

    ボンベの酸素を使い果たして呼吸困難になったとも言われてますが
    それだけハードな作業で心身ともに疲労困憊だったようです。

    北方の洞窟に目を奪われていた間に
    今度は南方プーケットの海で強風で客船が転覆、死者40名以上とも
    次から次へと日本もタイも災害や災難ばかり
    いったいどうなっているのだろう。


    日本のわが家でも夫が案じておりました。
    難しい救出だろうなって。

    そうですか・・・・
    なんとも痛ましく、残念なことです。
    地元の知事さんの記者会見をみていても、
    タイ国民の優しさが伺えしれました。

    こうして、魔女様やちい公さんが、詳しい内容を配信してくださることは、わたし個人として、とても有難く思っています。
    日本のマスコミはご承知のように、”旬”ばかりを報道するきらいがありますから。σ(^_^;)


    Re: 窓 様

    窓 様 いつもフォローをありがとうございます。

    北の洞窟を早く早くと注視していたら
    なんということでしょうか
    今度は南の有名観光地プーケットから悲しいニュースが
    観光船かあるいは客船が強風に耐えられず転覆
    死者少なくとも40名以上とされています。
    状況はより悲惨なものになりそうです。

    日本の大雨といい、なんでしょうか
    災害や災厄があちこちで
    こうなるともはや他人ごとではないです。

    窓様もどうか日々お気をつけてくださいね。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い