FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    ミルキーファミリーと

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    09 /10 2018

     
     夕方ミルキーのところへ出かけた。 
     出かけるといっても、もちろん同じ敷地内、カメが歩いても数分で着く。

     義妹の話によると、休日で午前中だけ習い事に行っていたミルキーだが午後からは予定がなく、あたしたちが来る時間を気にして時計ばかりをながめていたという。

     そんなかわいいところもあるのだが、あたしの顔を見たとたんただの遊び相手。
     次から次へとおもちゃを出してきては説明してくれる。
     生返事で受けごたえするのは子供にはすぐわかるらしい。

     ミルキーの相手はすぐに魔女おばちゃんに移った。おばちゃんはいつもやさしくて真剣に相手をしてくれる。
     そしてあたしを見てなにを言うかとおもえば、
    「この人形で遊んでね」
     差し出したのは箱に入ったたくさんのうさぎ人形。
     シルバニアファミリーという家と人形がセットになったおもちゃ。
    「ここはプール、そしてこの家はベーカリーだからね」
    「はい、ありがとう」

     おじさんはしかたなしにうさぎ人形をもって階段をトコトコ、
    「こんにちはパンをくださいな」

    Sylvanian-Families-Panadera-Epoch-para-Imaginar-5237-0-5.jpg


     義妹が尋ねた。
    「今度ゆくところに動物カフェってある?」
     来月の日本旅の話だ。
    「あるよ。フクロウ、ハリネズミ、爬虫類、たいていの動物カフェはある」
    「スネークは?」
    「あるよ。行きたいのか?」
    「ミルキーがね、好きなのよスネーク」
     小声になった。

     しかしミルキーはするどい、聞こえたのだ、
    「スネークカフェ、行きたい」
    「パパかママかどっちが行く?」
    「みんな行きたくなんかないよ」
     義妹ミルキーママが即座に拒否。

    「じゃおじさんと行くわ」
    「ウサギとかふくろうにしな」
    「いやスネークがいいの」
     すっかりその気になって飛び跳ねている。

     なにが悲しくて金まで払って蛇を触らねばならんのか。

     しかしマジにえらいこっちゃ。
     10月になるまでに蛇カフェなんかつぶれてしまわないかな。



    コメント

    非公開コメント

    ヘビはなんともありませんv-351

    でも、クモはダメですv-393

    Re: ピオの父ちゃん 様

    大自然の申し子のような父ちゃんなのに
    クモはダメだなんておいらはがっかりだな。

    しかし蛇がなんともないとは、うーんこれは流石と
    言っておきましょう。

    かくいうあたくしはどちらもさわるなんてことはできませんが
    過去にはこれらを二つとも食したことはあります
    命がなくなると思えばなんでも食べられるものですね(笑)

    かわいいミルキーちゃんがヘビ好きとは!
    私はダメ。かつての連れ合いが巳年生まれで、やっぱりダメでしたもの。
    関係ないか。

    でも先日、勤務先から隣りの小学校へ定期便を届けに行き、しゃがんで靴を脱いでいたとき、ふと視線を感じて顔をあげたら、なんと、目の前の傘立てに鎌首もたげたマムシが!秋のマムシは気が荒くなっているのでもう慌てて靴を抱えて事務室に飛び込みましたですよ。

    三角形の平べったい頭に小判型の模様。夜、ふとんに入ってもあの顔、あの姿が消えなくて困りました。

    Re: 雨宮清子(ちから姫) 様

    姫様おはようございます。

    > 私はダメ。かつての連れ合いが巳年生まれで

    アハハおもしろい。
    世の中に巳年生まれはたくさんいますぞ、あはは。

    しかし、まじめな話、
    都会に位置する学校のはずなのに
    マムシがいたのですか?

    姫のお目目とおつむが通常であるならば
    これは由々しき事態ではないでしょうか?
    あぶないなあ。
    マムシの姿など知らなくて近寄ったりしたら大変ですね。

    あたしもダメだ、あまり考えないでおこう夢をみそうです。


    実は野生の王国なんです

    学校のマムシは用務員さんが駆除してくれました。「よりによってなんでこんなところに出て来ちゃったのよ!」などと第一発見者の私メは駆除行為への保身的言い訳を…。

    広大な湿地帯が広がる田舎なので、小学校の大きな木のウロに青大将の太い抜け殻がぶら下がっていたり、職場にも家にもムカデ、カメムシ、羽アリ、カブトムシ、カミキリムシとなんでも飛び込んできます。家には常時「足高クモ」がいます。これはゴキブリを食べる益虫なので追い出したりいたしませんです、ハイ。

    Re:雨宮清子(ちから姫) 様

    姫様はけっこうカントリーサイドに住んでらっしゃるのですね
    あたしはてっきりシティのお城だと思っておりやした。
    でもきっと眺望もすばらしく映画に出てくるような場所なのでしょうね。
    ああ、青い山脈か・・・

    >「足高クモ」がいます。これはゴキブリを食べる益虫なので

    それは知りませんでした
    どんなクモなのか調べてみなくては。

    でもなんなのでしょうね
    いい歳になっても知らないことがかくも多いのは
    まったく情けなくなります。


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い