FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    アユタヤ移動中

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /16 2018

     アユタヤで移動中の車内。
     女性3人そして男が2人。
     
     女性はにぎやかだ。ちょっとしたことをしゃべっては大笑いする。
     あたしとしては彼女たちが話している内容のほとんどはわかるのだが、それでもそんなに面白いのと思ってしまうようなことで大笑いしている。

     あとで考えてみれば、あの日はそれだけみんな楽しかったんだなとわかるのだけど。

     ここですこし雰囲気を変えて女性それぞれの笑い方を観察しました。

     まずこのなかでいちばん若くてデカジョのアムちゃんは、見かけどおり屈託のない明るい笑い声。何にでも反応して笑うかと思いきや案外そうでもない。

    DSC_0065 (3)


     そして今日われわれを運んでくれているご夫婦、奥さんはネンちゃん。彼女もアムちゃんと同じ30代。
     特徴のある笑い方。
     顔を見ないで聞いていると、ケケケケと笑っているようなそれでいて小学校低学年の女の子が笑っているような声を出す。なのでケケケケをヘへへへと置き換えてもよいのだが、とにかく可愛く感じられる声で笑う。
     全く女性ちゅうものはわからんのでござる。

    003DSC_0022 (2)


     そして真打、魔女奥さんです。
     ほんとにこの日は楽しかったのだろう。どんな話にも反応しよく笑った。
     その笑い声がなんとも豪快で『ワッハッハー』とマンガなどで表現される笑い声だが、まさしくこれだった。
    「ワッハッハー、ギャハハハー」
     亭主としてはすこし驚いた。
     ほんとに楽しい時はこんな笑い声を出すのだなとあらためて思った。

    DSC_0063 (2)


     運転してくれているトーちゃん。
     彼がときおりボソッとつぶやく、
    「アノー、アノー、ハイハイ」
    「なんだよそれ」
    「パーサーイープン、カップ(日本語ですよ)」
     聞けばバンコクからアユタヤにかけては日本企業が多く、駐在員と接する機会があって、なかのある会社の所長クラスの日本人の物真似だそうな。
     その日本人はなにか言うたびに日本語で「あの、あのう」とか「ハイ」を連発するんだとか。

     車内は「アノー」でまた盛り上がる。
    「そんなこと言ってもタイ語にも同じような言葉があるじゃないか、クーとかタワーとか、言葉が詰まったときに言うじゃんか」
     あたしのヘンな発音のタイ語でみんなはまた大笑い。

     あれから今になっても、我が家では何か言うたびに「アノー」がオチになっている。
     これがまた魔女奥さんにはうける。どうしてだかわからないが「アノー」と言えばうけるのだ。
     こんなにうけてもらっては芸人の腕がなまるってもんです。


    コメント

    非公開コメント

    タイの某政府機関の部長はのきなみ女性で、他人の噂話でよく盛り上がっていました。まあ、どこの国でも同じですね・・・v-410

    Re: ピオの父ちゃん 様

    おはようございます。
    まったく何処の国でもおなじです。
    女性は他人の噂話が大好物なようです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い