FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    アユタヤ日本人町 ①

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /17 2018

    ダウンロード

    images (4)



     タイ・アユタヤといえば山田長政。日本人にはどうしてもこのように結びつく。

     山田長政は現在の静岡県出身だということで静岡市では今でも長政まつりが行われている。
     静岡県民ならずとも山田長政を英雄としてとらえる日本人は多い。

     徳川の時代、朱印船で当時のシャムに渡った長政はシャムアユタヤ王朝の日本人傭兵隊に加わり数々の戦功により官位を得、アユタヤ郊外チャオプラヤーの畔に出来た日本人集落の長としても力をつけていった。

     数々の物語や伝説があって、その真偽が定かでないものが多い。何代目かのアユタヤ王朝の王女と結婚したとかの話もあるがこれらを裏付けるタイの資料も見つかっていないという。

     しかし実力者に成り上がったというのは事実であると思われ、最後はその手法はともかく王朝側によって毒殺されたとされているのもまちがいではないだろう。
     要するに王朝にとってあるときは頼もしい戦力であったが、力を持ちすぎたために逆に疎まれる結果となったといってよいだろう。

     アユタヤ日本人町に話を戻す。
     貿易でやってきた日本人が集まって集落をつくりそれが大きくなり一時は2000人を超えるまでに発展していった。


    凸版印刷制作の復元VRより
    アユタヤ日本人町

    images (3)

    images (7)


     もう20年も昔になるだろう、なにかの本で読んでいた山田長政のことが気になって、たまたまタイに滞在していたこともありアユタヤまで足を延ばした。

     もちろん日本人町の跡を訪ねるつもりだった。
     しかしそれがなかなか見つからなかった。プロのガイドを雇ったわけでもなく歴史なんぞとはまるきり無縁のタイ風焼肉屋が一緒だった。
     
     あちこちで尋ねまわりようやくたどり着いたチャオプラヤー川の畔。
     なんにもない草むらでよくよくみれば日本の誰かが立てたのであろう日本人町の跡とかかれた木が一本。
     
     まあ、そりゃそんなもんだろうな。
     当時アユタヤはすでに日本人にも人気の観光地だったが、山田長政そして日本人町の跡にそれほど需要はなくて当然かもしれなかった。

     まあそりゃそうだろう。
     タイへ来る観光客はなにも日本人だけじゃないのだから、アユタヤに小さな日本人集落があったといって、とりたててそれをメモリアルパークにしておく必要もないだろう。

     そう思いながらも心のどこかでは落胆している自分がいたこともたしかだ。
     日本人が思うほど山田長政は有名でも英雄でもなかったのかもしれん、そんなことも考えながら、満々と水をたたえたチャオプラヤー川をぼんやり見ていた。

     あれはまだ2000年にもなっていない頃、雨季で毎日のように雨が降っていた。
     


    コメント

    非公開コメント

    ファーブルなんかは、フランスでは無名ですが、日本人は誰もが知ってますねv-410

    鹿と遊んでますか?

    こんにちは。

    昨日はありがとうございました。
    楽しかったです。

    日本人町って跡形もないんですね。
    ちい公さんがアユタヤに引っ越すと書かれていた時に、
    Google earthを見て、「日本人村」と書いてあるところがあり、
    どんな人達が住んでいるのかと想像してました。

    >心のどこかでは落胆している自分がいたこともたしかだ。

    この気持ち、その切なさが伝わって来ました。

    山田長政は有名でも英雄でもなかった

    >日本人が思うほど山田長政は有名でも英雄でもなかったのかもしれん、

    〇山田長政は有名でも英雄でもなかった、なるほどです。
     しかし、私たち日本人には、日本人町がどこにあり、どのようであったのか、知りたいという思いがあるということでしょうか。
     草々

    Re: ファーブル

    フランスでは無名なんですか?

    あたしとまるきりおんなじじゃありませんか
    日本じゃ誰も知らないですがタイに行くとそりゃあなた

    Re: kotobuki 様

    そうですよね
    日本人町とか日本人村なんて書かれていたら
    誰だっておなじことを思いますよね。

    むかし何もない原っぱに立った時
    たしかに日本のつわものどもの足音が聞こえたような
    そんな気もしたのです。

    Re:ささげくん 様

    日本人であるかぎり何処の地にゆきましても
    かつて同胞が住んでいたりとか、その地に足跡を残していたりとかすれば
    それはそれで興味をもちあるいは心躍るものを感じてしまうものであります。
    これは日本人の血とでもいえばよいのでしょうか。
    ある意味閉鎖的な島国で育ったゆえの愛国心とでもいうのでしょうか。


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い