FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    大忙しの旅 はじまるよ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /25 2018

     夕方5時前、外をを見ると迎えのタクシーが駐車場に来ている。
     あたしたちの姿を見てドライバーのMrパポップが車から出て手を振る。バンコクからアユタヤまで通常の迎車料金だけで来てくれた。なんともありがたいものだ。

    1012スワンナプウム空港 (1)


     ついでに書いておきましょう。
     バンコクへお越しの方にはGRABタクシーをお薦めする。ドライバーはよく教育され接客マナーもよくまずトラブルはないと言ってよい。
     なかでもパポップとその仲間は信頼できるので、読者にかぎりバンコクへお越しの節はご連絡いただければ手配いたします。
     チャーターも格安でかなりの無理を聞いてもらえるので安心。せっかくの旅を楽しい思い出にしていただきたい。

     そんなわけで夕日の中を車はバンコク・スワンナプーム空港へひた走り、アユタヤから約2時間かけて到着。タクシー代はチップも入れて800バーツ、2600円ほど。

     妹たちも同じGRABタクシー予約しており一足先に着いていた。
     並んでカップラーメンを食っているのには少し笑ったが、あたしたちも人のことは言えない。空港は高いからと妻の提案でおにぎりを作ってきたのだった。人の往来が多い場所でおにぎりもまるで地方から出てきた家族みたいだったが空腹でもありなかなか美味しかった。

    昔からあるドンムアン空港のほうが距離的に便利
    よほど安いフライトを見つけたとき以外
    スワンナプーム空港に来ることはない

    DSC_0001_201810241241230ba.jpg

    DSC_0003_20181024124124c29.jpg

    おばちゃんと姪っ子 何を話してるんだろ
    DSC_0021_201810241241267cd.jpg


     深夜12時前のフライト。
     贅沢に慣れてしまったお尻にエコノミーはきつかったが、これが普通なのだと言い聞かせながらほんの数十分眠っただけで、あとはまんじりともせず過ごした。

     午前6時30分到着。
     日本の朝は半そでシャツにはこたえた。長袖がなかった。
     妻たちは新大阪でバッグを預け大阪ミナミへ出かける。
     あたしは何度も襲来した台風で仮住まい倒れ荘が気になっていたのでみんなに同行はしなかったが日本に住んでいる義妹の友人が一緒に行ってくれ、魔女ブログにあるようにみんな楽しい時間を過ごしたようだ。

     このあと珍道中がはじまる。
     魔女ブログでおそらく日々の細かい出来事をつづってゆくと思うので、ここでは重複を避けて端折ったお話を書いてゆこうと考えています。


    空港へ向かう車内より撮った
    ただの田舎の風景です





    コメント

    非公開コメント

    マジョラー色のサングラス

    こんにちは。

    Mrパポップ、歳が分からないですね。
    2時間でチップも入れて2600円って、そちらはガソリンいくらなんですか?

    3枚目の写真は龍ですよね、かっこいいです。

    初日は心斎橋に行かれたんですね。
    美味しい骨付き鶏を食べさせるお店があったのにな。(笑)

    来年も来られるんですよね、楽しみにしてますよ。
    もし僕が休みが取れれば、「鬼太郎ロード」「とっとり花回廊」「足立美術館」
    「出雲大社」「日御碕の灯台」「島根ワイナリー」等々、ご案内しますよ。

    Re:kotobuki 様

    運転手の彼は少なくともkotobukiさんより年下です(笑)

    ガソリン価格はほとんど輸入なので安くないかと
    いわゆる昔の名でハイオク、これだと為替レートで変動はあるものの
    おおよそ1リットル37バーツ邦貨で125円ほどでしょうか
    レギュラーで27バーツほどですから90円ほどでしょうか。

    日本に比べると若干安いくらいでしょうか。

    タイの表玄関スワンナプウム空港はほとんど行きませんが
    きれいで大きな空港です。
    あたしはもっぱらLCCの着くドンムアンばかりです。
    なんせ高いビジネスには乗れませんので安いのばかり探しています。
    一年に何度も行き来するので飛行機代もバカになりません
    ( ノД`)シクシク…

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い