FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    朝からウケる「あのう」「え~と」

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    10 /28 2018

     二日目は淡路島へ。今夜はこの島で一泊。
     高速バスは朝の7時50分。
     駅前広場で妹たちがホテルからやってくるのを待つ、午前6時。
     半袖ではすこし涼しく上着をはおれば歩いたときにすぐ汗ばむ。微妙な季節。
     
     隣で座っていた妻がとつぜんクスクス笑いだした。体を震わせている。
    「どうした?」
     問いかけに妻は笑いをこらえながら数メートル先を指さした。

     原因はすぐわかった。
     ダークスーツのサラリーマン風の男性が電話でしゃべっていた。
    「はいそうです、いえ、それはえーと、あのうですね午前中にですね」
     なにか約束の時間を話しているようだ。
    「あのう、それはですね、先日お話してると思うんですが。えーと、なんでしたら私のほうでもう一度確認しまして、あのう、詳しいことは再度ご連絡しますので、あのう、そのままでお待ちいただけますでしょうか。えーと、そうですね、はいはい、よろしくお願いいたします」

     妻の笑いはしばらく止まらなかった。
     つい先日アユタヤで車を運転してくれた友人の夫トーちゃんの日本人物まねそのままだったのだ。

    「あのう」と「え~と」そして「ハイハイ」
     どうしてこんなにウケるのかよくわからないが、あれからふたたび「あのう」と「え~と」は我らの流行り言葉になってしまった。
     なにか返事に困ったときに使う。
     これだけでウケるのだから旅芸人としては楽なものだ。

    DSC_0041_201810270817032f5.jpg

    DSC_0045_20181027081704d83.jpg


     やがてやってきたミルキーたちと合流し高速バス乗り場まで電車移動。
     それから定時出発の高速バス、穏やかな秋晴れのなか淡路島に無事到着。

    DSC_0122_20181027081828ba1.jpg

    DSC_0123_2018102708183094f.jpg

    DSC_0059_201810270818312f4.jpg


     まず寄ったのは国生みの伝説淡路島ならではのお宅、神々の子孫の家。
     おだやかであたたかいまるで今日の日のようなご夫妻が多くの猫と暮らしている。
     ミルキーが楽しみにしていたおうち。
      妻にとっては一年にいちど帰ってくる実家のようになってしまった。魔女に目をつけられたお宅には迷惑かもしれないがあきらめてもらうしかない。

     奥様が出迎えてくれた。
     ご主人は日曜だが最近あちこちに出没して農作物に被害を与えるイノシシの対策会議でお留守だった。
    「お昼までには戻ると思うけど、さきにこれよかったらどうぞ」
     大勢で押しかけたあたしたちに奥様が用意してくれていたおにぎりなどがテーブルに並ぶ。
     美味しかった。
     久しぶりに美味いコメを食べたような気がした。それもそのはずでご主人が今年作った新米だった。
    「親ができなくなったので見よう見真似でやってみたんですよ」
     あとから帰ってきたご主人が話してくれた。

     美味しいものに国境はない。
     なんとうちの魔女奥さんはおにぎりを六個も平らげた。
     日本へ行ったらダイエットなんか気にしないとは聞いていたが、あんな小さな体でまさかこれだけ食べられるとは思わなかった。タイへ戻って女相撲でも開催するのではとすこし気になった。
     


    DSC_0062_2018102708200836b.jpg

    DSC_0067_201810270820107b7.jpg

    コメント

    非公開コメント

    タイの男性も、電話でやたらと「カポ~ン!」を連発してるとちょっとほほえましいですv-213

    Re: ピオの父ちゃん様

    おはようございます。

    カポーン(クラップオン)
    これは「クラップ」(はい・イエス)のより親しげな返事ですね。
    よく覚えてらっしゃいますね感心します。

    日本語の、あの~など次の言葉を考えるときによく使われるのは
    ク~とかタワ~などの言葉を挟むことが多いです。

    語感はちがっても人間はいずこも同じちゅうことでしょうかね。
    それにしても日本語の はい・あの~などが象徴的にとらえられウケるのはなぜか
    おもしろく感じます。


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い