FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    夢の行く先

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    12 /06 2018

    images (7)[1]



     夢をみる。
     実生活となんの脈絡もない夢であることが多い。冒険というほどのことではないが飛んだり跳ねたりしていることが多い。

     けれどなぜなのかな、出てくるのはいつも自分自身であって他の人が主人公であったことはない。
     夢みているのは本人だから当たり前といえばそうなのだが、誰かがおもしろいことあるいは奇妙なことをやっていて、それをただ映画やテレビ、スクリーンをながめるようにみているというそんな夢はないのかな。

     いろいろ思い出してみるが常に夢の中では少なくとも演者の一人であったようだ。

     二重人格でもないかぎりただの観覧者にはなり得ないのかな。

     最近になって気がついたことがある。
     とくになんにもやましいことなどやってもいないし考えてもないのに夢の中であたしはいつも叱られている。
     もちろん共演者は奥ちゃまなのだが、叱られている原因が夢の中ではあったはずなのに、目が覚めると忘れている。
     ということはたいした話ではなかったということなのだろう。

     それとも日常生活で虐げられているために強迫観念めいたものが常に奥底に封印されていて、それが睡眠中に解き放たれているのかな。

     それに時折、残像のように残っている記憶をめくると、いつも相手を見上げている自分に気づく。
     おや?
     この目線はまさしく背の低い動物、そうだ犬の目線かもしれない。
     魔女の飼い犬だなんだといつも言ってるせいで、いよいよこれは危ない。本物の犬になってしまうのかな。

     かな? かな? ワンワン。






    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い