FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    原始人のギモン・水タンクの給水機 

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    02 /05 2019



     1月10日付1月10日・水の話 で書いているように我が家は配達の水を飲用、調理用に使っている。
     1Fには安価な水の自販機も設置されているがどうも信頼できない。

     だから週一回配達される水タンクを1Fからカートで運ぶのはあたしの役目。2タンクくらいは一度に運べるのでなんということはない。

    DSC_0196_201902041257275b8.jpg


     ただ、水を配達してもらっているのがうちだけだったのですこし気恥ずかしく感じていた。日本人は贅沢だと思われはしないかとヘンなところに気をまわしたのだ。
     バンコクのコンドミニアムでは多くの家庭が配達を使っていたのでどうってことはなかった。

     しかしようやく最近になってこのレジデンスでも同じ水の注文が2軒増えた。
     いずれも魔女の知り合いで健康を考えていろいろ聞きにきたらしい。1軒はとくに子供のいる家庭なので少し臭いが気になる自販機の安い水が心配になったようだ。

     上の写真のようなタンクがきて、うちでは電動ポンプでくみ上げて使っている。石油ポンプの水版だ。

     うんと前から気になっていたこと。
     それは下の写真の給水マシン。
     タンクを逆さまに立てて使うスタイルのもの。

    product-13.png


     これが石器人には長い間疑問だった。
     タンクを立てるときにどうしているのか、わからなかった。

     ビニール製のふたをつけたままマシンの上に立てるとふたが自動的に破れるのか、もしくはマシンの上にアダプター状のものがあってそれをふたを外したタンクにつけてから逆さまに立てるのか、そのいずれかだろうと考えていた。

     最近、夕食の時間に水の話になった。このレジデンスでもあのブランドを使う家庭が出てきたというような話をしていて、ふと長年の疑問を思い出したのだ。
    「あの水のマシンってどうやってタンクを立てるのかわからないんだ」
     すると妻は、
    「うんとむかし、まだ大学生だったころ同じ疑問を持ったわ。そして研修である会社に行ったとき、その仕事をすることがあったの」
     誰か水のタンクが空だから取り換えてと言われ、まだ元気いっぱいだった魔女が手を挙げたらしい。

    「ところがね・・・」
     なんとあのタンクのふたを外し、そして力いっぱい持ち上げて、サッと逆さまにしてマシンの穴に差し込むのだという。
    「なんと原始的な。それじゃ水がこぼれるだろ?」
    「ハハハ、ビンゴよ! あたりが水びたしになってあとでモップでクリーニングしたわ」

     それではあの給水器を使っているところでは毎回かなりのテクニックとパワーが要るわけだ。
     多分ほんとだろう。
     だけどなんとなく釈然としない気分。



     
    お知らせ
     本日は早朝4時よりバンコクへ出かけています。
     駕籠で行くため早起きです。
     おたくへの訪問は夕方以降になります。
     よろしくお願いいたします。
     いつもありがとうございます。








    お願い
    ポイントねつ造には負けられんのじゃよ
    あなたの熱烈プッシュをよろしく!FC2

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い