FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    風にふかれてタイランド スコータイの旅 ホテルで会った猫君

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /19 2019


     暑いなか自転車で走り回ったせいか奥ちゃまがマッサージをしたいと言う。
     仕事の疲れも溜まっていたのだろう。

     このホテルでは部屋でマッサージが受けられる。
     なかなか気の利いたホテルで、上手な女性を呼びますと言い、じっさいに妻は大満足したようで、本当によい休養になったと喜んだ。

     ご存知のようにタイマッサージにもいろいろあって、バンコクの総本山ワット・ポーで行っているのは衣類をつけたままのもので、リゾートなどではオイルを使ったマッサージが主流のようだ。


    DSC_0066 used
     


     あたしは上半身裸のオイルマッサージを眺めているわけにゆかずテラスに出た。こんなとき男はどうしようもない。

    DSC_0085_20190318144515c24.jpg
     


     小鳥の声が絶え間なく聞こえ、芝生には様々な種類が飛んできている。
     いちおうパソコンを開いたが周囲の風景に気をとられて逆に集中できない。
     
     そうこうしているうちに傍らに猫がやってきた。
     どこかの飼い猫とみえ人間になれている。
     このホテルはペット禁止だから近所の猫だろう。
    「おまえこんなところにいると2000バーツの罰金だよ」
     言ったところでどうしようもないが、こんなときも無理やりタイ語を話そうとする自分に気づく。

    DSC_0080_201903181445092c8.jpg

    DSC_0082_20190318144510293.jpg

    DSC_0083_201903181445123b5.jpg

    DSC_0084_20190318144513fee.jpg
     


     指先で遊んでいるとき、とつぜん猫が身構えた。
     すぐそばの生け垣に小鳥がとまったのだ。
     なにをするかと思えば猫君は生け垣に向かってジャンプしたのだった。
     もちろんそんな彼に捕まるような鳥ではない。
     そのあと哀れ猫君、ギュウともギャァともつかぬ声を出して生け垣の中に落ちていった。

     気持ちは分かるが、バカだなぁ。
     ひとりで笑った。

     この猫君。
     マッサージの女性の話では近所の飼い猫で、いつもホテルへやってきては客の外人たちと遊んでいるという。
     どうりで人になれているはずだ。

     この猫君。午後になると、向かいのコテージのテラスにいた。
     白人夫婦と小さな男の子が二人。
     なかの小さい子供が猫と遊んでいるようだった。
     これも突然だった。
     子供が大声を出して泣き叫び始めた。
     父親が出てきた。
    「どうしたの?」
    「フィンガーを噛まれたって」
     パパは笑っている。
     あたしもつられて笑いながら、
    「大丈夫だ、あの猫はホームレスじゃないから」

     大泣きする男の子に気圧されたのか驚いたのか、いつの間にか猫君の姿はなかった。







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    タイ語は無理ですが、ネコ語なら少しはなんとかなりそうな、そんな自信があります。春だからでしょうか・・・v-252v-252v-252

    Re: ピオの父ちゃん 様

    春だからといってあちこちへ出かけるのはよいですが
    子孫だけは増やさないようにお願いします。

    どうも父ちゃんは本能のままに生きてるような気がして・・・

    No title

    猫君
    どこにいてもネコはネコだなぁ
    なんて思いました。

    Re:つばさぐも 様

    こにゃにちはです

    そうだニャ
    どこに行っても猫はネコですニャ
    だっていまだかつてワンワンというネコ君をみたことがありませんもの。

    タイ語では猫のことをミャウと言います
    多分鳴き声からきているのかと

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い