FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    風にふかれてタイランド スコータイの旅 タイマッサージ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /20 2019


     昨日のトピックで妻がタイ・マッサージを受けたという話を書いた。
     ふと思い出したので今日はタイ・マッサージについて、続編のようになってしまいますがしばらくおつきあいくださいませ。

    DSC_0070_201903191420394e4.jpg
     


     オイルマッサージをしてもらった妻。
     肩の凝りや悩んでいた腕の痛みもウソのように消えたという。
    「サバイ マーク」(とても気持ちがよい)
     こんどはあたしにもやってもらいなさいと言う。
    「う~ん」
     すこし乗り気になったのだが、
    「やっぱりいいよ、やめておこう」
     日本円ならチップ込みで二千円もしない、南部のビーチリゾートのことを考えれば安い。
     だがお金の問題ではなくあたしには過去にタイマッサージで苦い思い出がある。

     いまだに忘れられない記憶、トラウマというほどのことではないが・・・。

    DSC_0067_20190319142153dd9.jpg
     


     タイ東北部の県庁所在都市で長逗留をしていた。
     今と変わらずノート片手にウロウロしていた時代。
     
     逗留先はマンションを改造したような安ホテルだった。当時のレートで一泊1500円もしなかった。それでもブッフエ朝食が美味しくて気に入っていた。

     後にこのホテルのスタッフやコックなどと友達になるのだが、それはさておき、あるとき肩が凝りおまけに腰痛が出てしまった。
     自分からマッサージなどと考えるのはそれこそ人生初のことだった。

     ちょうどホテルにマッサージがあることを知ったので思い切って行くことにした。
     だだっ広い道場のような部屋がマッサージコーナーだった。

     午後の早い時間、客は誰もいなくいくつかのマットレスが川の字に並んでいるだけ。

     あらかじめ女性はいらないとオーダーしていた。
     あの頃はまだマッサージにも若干の偏見があったのかもしれない。ヘンなサービスを求める客だと思われては嫌だという自意識がそう言わせた。
     たしかにその町にもマッサージと書いた怪しげなネオンまたたく店も多かった。

     さてホテルのマッサージルーム。
     やってきたのはまだうら若い男性だった。
     まずジーンズをチェンジしてステテコのようなものに着替える。

     まだ英語しかわからない日本人だった。
     腰が痛い、肩が痛い、ほとんど身振りで伝えた。
     その返事を聞いたときに、それでもなんとなくわかった。
    「カァ~」(はい)
     と係の男は返事した。
     おいおい、それは女性の返事ではないか。
     (男性ならカップ(はい))
     
     もしかしたらという予感は的中で、マッサージそのものは上手いのか下手なのかよくわからないが、なんとなくあちこちに動く手先が女性っぽい。

     耐えられなかった。
     10分もしないうちに、もういいと断った。
     料金だけはきちんと支払った。
     言い訳に、こそばゆくてダメだ、とい言ったつもりだが通じたかどうか、英語もいい加減だったし相手も英語が理解できたかわからない。

     それから半日もしないうちに日本人がマッサージから逃げたとホテル中で噂になった。
     仲のよいレストランのボーイが教えてくれた。
    「当たり前だろ、俺には男の趣味はないんだ」

     すぐに断って悪かったかもしれない。
     本当はまともなマッサージだったようだ。でないとしても、まさか真昼間からいかがわしいサービスもないだろうと後から思った。

     それにしてもおもしろいホテルだった。
     みんなと仲良しになった。

     あそこでは、女嫌いの日本人としても有名になった。
     泊って最初のころ、ボーイが何度か「今夜の奥さんは要りませんか」と聞いたけれどいつも要らないとしか答えなかった。
     そういう遊びは自分のポリシーに反する。それがたった一人の日本人としてのプライドでもあった。

     そんなわけで、あれ以来マッサージをしてもらおうと考えたことはない。
     でももしかするとそのことで人生すこし損をしているのかもしれないなと思ったりもする。

     
      
    DSC_0068.jpg
     






    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    ちょっといいとこのリゾートホテルの部屋の壁には、かならず、ええと、おほん、女性の絵がかかっていて、おほん、なぜか、ええと、Tシャツ着てないですよね・・・v-472

    Re: ピオの父ちゃん 様

    おはようございます。

    あはは
    そうですねたしかに
    でもオールドタイランドのあのような絵画
    風情が感じられて私は好きです。
    イサーンではよく似た光景がかつては残っていました。
    現在でももう人々の心の中にだけ、かもしれません。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い