FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

     早朝のバンコク 彼女の事情

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    08 /08 2019


     バンコクの早朝。
     風物詩ともなっているのは托鉢に向かう坊さんの行列。
     そしてもうひとつ、
     道路清掃の人々。

     大通りだけでなくちょっとした横道、歩道のある場所ではホウキを持つ人々の姿を見ることができる。

     日本で例えるなら、かつての失対事業かあるいは現在のシルバー事業のようなものだろうが、バンコクの道路を清掃する女性たちを観察していると老人らしき人々の姿がないことに気づく。みな一様に若い。

     
     彼女はどうしてこのような姿で仕事をしているのだろう。
     もちろんこの仕事に就くには余人には推察できない理由があったのだろう。

     しかしなぜワンコをおんぶしているのか。
     そこまでしてワンコを連れてこなければならぬ事情とはなにか。

    FB_IMG_1565076607097.jpg

    FB_IMG_1565076611566.jpg

    FB_IMG_1565076614253.jpg

    FB_IMG_1565076617150.jpg

     
     ただ目立ちたいだけと笑うなかれ。

     それなりの理由があり、また今日も一日生き延びるために、彼女は一心不乱にホウキを動かし続ける。 




     ふと思いついてオフィスにいる妻へ電話。

    「君のファクトリーかオフィスでアルバイトないかな」
    「なに? どうしたの?」
    「クリーニングでもなんでもいいんだ」
    「誰がするの?」
    「あたしだよ」
    「アハハ、あなた大丈夫ですか? でも、仕事したければいつでもどうぞ」
    「いいのか?」
    「いいわよ。だけどあなたへ払うサラリーは私の口座へ入るからね。それでいいならどうぞ」

     そんなことだろうな。
     ま、言ってみただけだ。

     
     






    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    数多の事情がおありなのでしょうね。
    清掃の仕事
    集中力が養われます(´-`*)
    あと達成感も・・・

    Re: つばさぐも 様

    いくら経済力がアップして国が豊かになったとしても
    取り残された人々はどこにも必ず存在します。
    日本とて決して例外ではありません。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い