FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    イサーンの風にふかれて2019 ~君とふたりで~ ナコンパノムから南へ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    11 /18 2019

    Map 91




     今日は魔女ブログと同時進行です。
     ナコンパノム二日目はメコン川沿いに南下します。

     プラタートパノム寺院
     ナコンパノムへ来たなら避けて通れない名刹だという。
     タイ東北イサーンの人々だけでなく川向こうの隣国ラオスからも多くの人々が訪れる。

    DSC_0028_20191117132239f58.jpg



     かつてカンボジア・クメール族がメコン川を割って侵攻してきた時代があった。このお寺はその時代に建立されたが、様式はクメールのものとはまったく違う。

     余談だがイサーンのとくにメコン川に近いエリアではクメールを先祖にもつ人々が少なくない。
     したがって残された寺院などにもクメール様式、有名なカンボジアのアンコールワットをイメージさせる建物が多く残されている。これについては今後のトピックで掲載します。

     今回の北イサーンの旅、妻は毎日の計画を念入りに立てている。
     あたしとしては「そんなに神経質になるな、車なんだからアバウトでいいんだよ」というが、どうにか亭主を楽しませようと懸命なのだ。
     なんだか大きな借りができるような申し訳ないようなヘンな気分でもある。

     プラタートパノム寺院、実はここへ来るのは自身は二度目、以前イサーンのウドンターニに住んでいたときに訪れている。
     しかし今回は妻と二人旅、まったく違うシチュエーションなのであれこれ知ったかぶりはしない。
     たしかに荘厳な雰囲気のある寺院だった。一見の価値はある。

     靴を脱いで大仏塔の周りを歩くのがお参りの方法なのだが私たちは外から合掌しただけだった。
     というのも二人ともそこそこの靴を履いていたので、まさか靴を持ってお参りするわけにもゆかなかった。かといって盗難の心配もあった。善男善女とはいえやはり盗人の種はつきまじなのだ。
    それにどこのお寺でもそうだが靴を脱いで上がってもこのような場所はたいてい靴下が真っ黒になる。ちゃんとお参りするにはサンダルで素足は必須なのです。


    1571712853598.jpg



    南へ向かってドライブする。それだけの動画ですが












    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    こんにちは。
    以前訪れたところも
    魔女さまと一緒だと全然違うのでしょうね。
    素敵な寺院とドライバーさんです(^^ )

    Re:つばさぐも 様

    こんにちは
    ありがとうございます。

    妻の運転はけっして下手ではないのですが
    それでもすこし緊張しますよ(笑)
    なるべく何も言わないでと自分に言い聞かせておりましたが・・。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い