FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    女ごころ&魔女の気持ち

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /25 2020



     トヨタの懐かしい車じゃあるまいし毎日まいにちウィルスばかりの話題、どなたも辟易しているのではないだろうか。
     もちろん下手をすれば誰にもふりかかる可能性があり、命の危険でもあるのでおろそかにできないのは承知している。

     とうようなわけで本日は小咄でお時間までおつきあいを願います。

     毎度ながらバカ話で笑い声の絶えないちい公一家でございます。一家と言いましても魔女の血を引くノー天気な相方との二人暮らしであることは一部の皆様ご存知の通り。

     毎日まいにちボクらは鉄板のぉ~~

     しかしタイ焼きは美味しいね。
     なんたって尻尾のカリカリがたまらないね。
    「ああ食べたいなタイ焼き。アユタヤのいつも行く市場のタイ焼き屋もどっかへ行ってしまったし、日本のタイ焼きなつかしいな」
     十三駅前で売っているタイ焼きはいわゆる養殖ではなくて天然物。たしかに美味しい。


    なぜか串カツ屋の前でタイ焼きをパクパク
    taiyaki.jpg



     話はブログのメンバーなどのあれこれ。
     いつも誰かの話で盛り上がる。
     あれ? 今日はやけにクシャミが多いなと思われたあなた、それは花粉だけではありません、多分あたくしどもがあなた様の噂話で盛り上がっているのです。

    「いろいろな料理を作っても、ハズバンドが何を考えているのか、料理の感想も聞いたことがない人がいるようね」
    「まあながく夫婦をやっていれば、会話も少なくなってゆくのではないかな」

     というのも何かで読んだのだが。
     レストランで食事中のカップルで会話がほとんどないのは夫婦だという話。それが妙に記憶に残っている。
     まあ夫婦ってのはそんなものかなと思うけれど、外食をしているときにふとそのことを思いだし、いま自分たちは他の客からどう見えているのだろうかと気になることがあったりする。
     まさか、不倫カップルにみえたりはしないだろうな、とヘンなことを思ったり、これも年齢が離れている故のことなのだ。

    「ハズバンドが料理の感想を言わないなんて信じられないわ」
    「そりゃ奥さんだって、いちいち、これどう? おいしい? なんて聞かないだろう。毎日のことだしね」
    「ふ~ん、わたしとはちがうね」
    「そりゃそうだ。君は、これどう? 美味しい? 美味しいでしょ? あたしが返事するまで聞くし、それに返事の言葉も・・・」
    「なに?」
    「君が受け入れる返事の言葉は決まっているのだから。それをあたしは分かっているから、録音みたいだなと同じ言葉を口にしながら、そんなことを思っているわけよ」
     この言葉は絶対に使わないけれど、美味しくないとか、まあまあなどという言葉も禁句であって、つまりは、美味しい、とか、すごいとかのワードが常套句になっていて、妻のほうもこの言葉をごく当然のように期待し待っている。

     万が一まちがって、美味しくないね、などと言おうものなら、
    「食べなくていいわ。失敗したわ。捨てましょ」
     すぐにゴミ箱に放り込みそうな勢いになる。

     これはなにも料理に限ったことではなく、例えばマーケットなどで安い服をを買ってきたとき、
    「どうこれ、いいでしょ」
     そう言ってちょいと太めのモデルショーを見せられても笑うわけにゆかず、
    「いいね。そんなに安かったの、いいね」
     なにがあろうとこういう答えが最低限必要なのであって、もし似合わないねなどと口にしようものなら、
    「ダメね失敗した。もう着ないわ、捨てよう」
     そんなことになり、あたりに、悲しくてちょびっとコワイ雰囲気がただよう。

     こんなことを言ってるのはなにも悪口を書きたいのではなく、女ごころというのはこういうものなのだということ。男はそれを理解しなければならないのだ。

     いみじくも本人が言っている、
    「そうね、わたしが受け入れる言葉は、美味しいとか、かわいいとか、クレバーね、とか、あなたはそれを分かっているのね。そうよ女はパークワーン(タイ語・お上手口)が大好きなのよ」



     あまり本文とは関係ないのですが









    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    おはようございます。
    うふふ
    微笑ましいお二人。
    きっと周りからはお似合いのご夫婦と思われてますよ。
    私も返事を強要?してるような。
    暖かいお世辞は大歓迎です😁

    No title

    先日はありがとうございました。
    今度は例のお店 よろしくお願い致します。

    その写真、PERNさんにまた言われますよ、「私を売ったね」と・・・^^

    いや~ ちい公さん 甘いな~ まだまだですよ~
    うちなんてブログのネタにするのに「美味しい」以外に
    コメントを求められますからね。
    「美味しい」だけじゃなく、もっとひねれと・・・

    あっ それから昨日から特にくしゃみが激しい・・・

    Re: つばさぐも 様

    おお!
    おねいさんも同じでしたか
    あたしは、おねいさんご夫婦は
    食事のときは会話をあまりしないのかなと
    思ってました。

    いやいや
    よそ様はみただけではわからんちゅうことですね。

    Re: aki.t. 様

    こちらこそありがとうございました。
    あの日のネタを書くかどうか考えてました。
    とのさまとお局さまの会
    いいじゃないですか、ね。

    そうか
    おたくはそのような会話があるのね
    おかげさまでうちの魔女はもっと単純なので
    まだ助かっているのかな(笑)

    4月になったら殿さまの会
    またやりましょうね。

    No title

    ちい公さんと魔女奥さまのやり取りに ほっこりさせて頂きました(^^)

    ウチはダンナが料理大好きなので、2人でいる時は わたしはほぼ料理しません…汗
    というか わたしが料理をするとダメ出しがハンパないので、じゃあもう自分でやったら?となり、そのまま何もしなくなって今に至ります(笑)

    ま、ケンカにならなければ何でもイイんですよ(^^;

    Re: Noah 様

    お元気そうでなによりです。

    そうですか
    Noahさんはお気楽な奥ちゃまなのね~~
    想像してニヤリと笑いました。

    うちの場合はお互い作ろうとするものがちがうので
    その日によってうまくバランスがとれているようです。
    だからあたしが口出しすることもなく
    ただ、ゴマすりにキッチンへ行き
    感心したような顔で見物するのが
    これがまた効果てきめんなのです(笑)

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い