FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

     産んでくれてありがとう

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    06 /03 2020


     若い女の子が逝った。
     ネットの誹謗中傷が原因とされている。
     彼女が書き残した言葉の中に
    「お母さん産んでくれてありがとう」
     なぜかなつかしい響きを感じた。
     どうしてなのかよくわからない。
     けれども当然のように母とのある時代を思い出した。

     その前に、
     前述の若い彼女が死を選択した事実を云々することはしない。
     余人が主観をもってあれこれ言うべきではない。

    「お母さん産んでくれてありがとう」
     自分は生みの親に対してそんなことを思ったことがあったろうか。
     
     多感な十代のはじめ。
     なにかにつけて反抗した時代があった。
     母親としての意地と子供の自我がことあるごとにいさかいを生じさせた。
     早熟な子供だった。
    「どうしてぼくの戸籍に父親の名がないんだよ」
     口にしてはならない言葉を出してしまった。
     わかっていたのだ。
     最後の切り札とわかっていて使ってしまったのだ。
     
     沈黙が続いた。
     先ほどまでの罵りあいが嘘のようだった。
    「私だってね・・・」
     母の言葉を最後まで聞かずに飛び出した。
     そのあとを聞きたくなかった。
     男と女のあれこれを聞くには幼すぎたのだ。
     
     あれから何十年もすぎた。
     二度とあのような言葉を口にすることはなかった。
     自分を産んだ母を責める必要もなかった。
     必死に生きなければ明日が見えない時代があった。不運な人生もこの世にはあるのだ。
     天の下、人々がすべて平等ではないという現実を早くして知った。
     だからもう母を責めることはしなかった。

     育ててくれたことに感謝こそすれ、なにを責める必要があろうか。


     

     
     
    川べりに出かけるの久しぶりだった
    A列車で行こうにどっぷりつかりすぎた
    この橋だってゲームに見えてくる

    川とレールウエイ (1)









    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    こんにちは。

    この言葉、子供の誕生日の時に使ってました。
    今でも使ってます。

    「誕生日おめでとう。
      誕生日は、産んでくれてありがとうと言う事ですよ」と・・・
    言い続けてますが、我が子供たちは・・・

    下の返信コメ、どう鏡でみてもリスさんでした~~~
    ちい公さん、まだまだですねぇ~~
    修行して下さいね♥

    Re:Mamarazzi totto 様

    なるほどね
    初めて聞きました。
    母の日とは別に
    一年に一度くらい母様に感謝する日が
    あって当然でしょう。

    Mamarazzi totto  変更➡ Mamarazzi risotto 

    リスさんとtottoちゃんをミックスしました。

    No title

    こんにちは。
    噛み締める言葉ですね。
    わたしも50をすぎてシミジミ感じる言葉です。

    この世に生を受ける
    なんて神々しいことでしょう。

    No title

    どこか寂しく哀しげな姿を感じていました。

    明るく楽し気な姿の奥には、そんな記憶がおありだったのですね。

    人は誰しも、原点は、愛にあるのでしょうね。

    Re:つばさぐも 様

    すべてはちがう人の歴史
    そう考えようと努めたこともありました。
    過ぎてしまえば
    すべては記憶の彼方です。

    Re: 春仁 様

    今となればすべては遠い記憶の彼方です。
    しかし
    ふと母の心情を考えるとき
    どうしようもない寂寥感に襲われることがあります。

    あ、これを書いておかなくては、
    プライバシーに関することなので私の独り言として、
    貴兄の文章を拝読していると
    天命がわかっているのでは、と
    感じてしまうことが多々あります。
    ただそれだけのことなのですが。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い