FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    貧民窟にマスクは

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    06 /17 2020
     

     あちこちからマスクが届いたとニュースが入ってくる。
     政府発表によればほとんどの配布が終了したとも。
     
     ところが、我が貧民窟倒れ荘アパートには影もかたちもない。

     どうしてもマスクを下さいと言いたいわけではない。
     手元にはまだまだ山ほどのマスクが残っている。3月はじめに日本へ戻ったとき親愛なる友人が送ってくれた。何処でもマスクが消えたと大騒ぎになっていた時期、ドカンと送られてきたマスクはありがたかった。さすがマスク界マフィアだと感心した。

     このまま街角へ出て売ろうかとも一瞬だけ考えたがすぐに思いとどまった。
     使い捨てマスクを洗いながら使っているわけではない。それでもたくさん残っている。

     摂津市に住まいのあるタカ君が言った。
    「うちはアベノマスクもうきましたよ。写真送りましょうか」
     これはたしか5月の連休頃だったか。

     摂津市、大阪から京都に向かったところにある町だが、大阪人でもどこにあるか説明できないといわれる町。
     大都市は摂津とちがい世帯数が多いから遅いのだ。
     そのときはそんな話で終わった。

     時間はきっちりと過ぎてゆき6月も半ばを過ぎてしまった。梅雨も終わてしまいそうな今になってもマスクは影もかたちもない。
     
     給付金の10万はともかく、たいして期待もしていなかったマスクの行方が気になりはじめた。
     どこかのニュースにあったが、ポストから誰かが抜いていったのかもしれん。

    「おにいちゃん、アベノマスクきた?」
     隣のおじさんに会ったので聞いてみた。
     答は「ノー」だった。

     我が貧民窟・倒れ荘アパートにマスクはくるのか。
     もしかしたらここは日本国管轄外・番外地なのかもしれない。

     健さん、出番だっせ。


     チャカチャンチャカチャン~~

     春に春に追われし 花も散る
        ・・・・
     キラリ キラリ光った 流れ星 
     燃えるこの身は 北の果て 
     姓は誰々 名は誰々 
     その名も網走番外地
        ・・・・
     追われ追われ この身を 故郷で
     かばってくれた 可愛い娘
     かけてやりたや 優(やさ)言葉
     今の 俺らじゃ ままならぬ~~
              
             作詞 タカオ カンベ
             作曲 不詳

     
     
     
     







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    待ちに待ってはいなかったけれど、気になっていたマスク、ようやく届きました。さっそく中を点検。すると、ガーゼとガーゼの間になにやら小さく折り畳んだ紙切れが…。なんだろう。カビでもなし毛でもなし。

    はやる心を押さえつつ開いてみると、な、なんと一万円札。ワイロか! それとも遅れたお詫びか! 思わず周りをキョロキョロ。でもこんなうまい話は疑ってかからねば。近ごろ政府のやることは信用できないからなあ。そこで明かりにかざしてみたら、「口封じマスク」の大きな透かし文字が。

    うわッとのけぞった瞬間、目が覚めました。

    Re: 雨宮清子(ちから姫)様

    おいおい
    思わず目を凝らして読んでしまいましたよ
    なんだよ 夢か

    しかし口封じマスクとはいいね。

    ところで怒り姫様
    強面男が要るときは一報をね。
    いつでも月光仮面のように駆けつけるからね
    たとえがちと古いか。
    でもアホのジジイを懲らしめるくらいはできるからね。

    次郎長さんの足跡を訪ねてみたいというのが
    長年のあたしの夢でもありんす。

    No title

    うちは昨日ポストに入ってましたよ~

    No title

    こんにちは。
    アベノマスク。
    なぜに着日がまちまちなんでしょう。

    とはいえ着くまでなぜかわくわくポストを見にいってました。
    変なの。

    Re: aki.t. 様

    どうしてそんな地の果てに
    先に行くのかな
    わからない

    ククッ (´;ω;`)ウッ…

    Re:つばさぐも 様

    なんかね
    懸賞みたいなものに当たって
    いつ来るかなって
    楽しみしている子供みたいな気分です。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い