FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    うなぎさん

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    07 /18 2020



     皆様のブログを拝見していると、あちこちでウナギの写真が増えてきた。
     土曜じゃなくて土用丑の日。
     夏だけかと思っていたら土用丑の日は年間にこれだけある。

    2020年度
    1月23日、4月16日、4月28日、7月21日、8月2日、10月25日、11月6日

     7月は21日らしい。

     よし今年は日本の習慣通り、この季節にうなぎを食べましょう。

     スーパーへ行った。
     うなぎ、
     いろいろあるようだ。
     安いのは1000円程度から。
     しかしなあ、こりゃうなぎかい。アナゴ、それともドジョウ? えらく細いな。
     最上段の高いうなぎを手にとった。
     3500円。
     いつもは買い物で迷わないちい公も、ここでは止まった。
     う~ん。
     ひとりでこれ食うかな。脳裏をかすめたのは「うなぎ、だいすき」と口癖のように言う奥ちゃま。
     ああ、頭をふって、中段に目をやった。
     2000円。
     鹿児島産とある。なにが鹿児島産なのか、かば焼きにした工場が鹿児島ということか、よくわからないが、まあこんな程度でよいかもしれん。
     いちばん高いのは次回奥ちゃまが日本へ来たときに買いましょう。

     貧乏性なのだ。いや性分ではなくて、ちゃんとした貧乏なのだから、こんな程度でよいのだ。

    DSC_0024 (4)




     さあ、うな丼をつくりませう。
     しかしこんなものは作るとは言わない。
     作ると言ってよいのはむしろタレ。付属の物はもちろん少ないので小さなフライパンで作る。酒、砂糖、醤油、化学調味料、適当だが不味くはならない。

     焚きたてご飯を底に少しいれ、まず二切れ、そしてまたご飯をのせ、熱いタレをかける。その上に残った切り身を並べて、これで完成。
     カメラを出すのが面倒だったのでスマホで撮った。見かけはよくないが美味しかった。

    DSC_0026 (2)


     よしこれでこの夏も生き延びる。
     COVID19などに負けはしない。
     


     
     




     
    ※ タイへ戻れず森のカフェで居候になったちい公
      天の川で星に願いを
      READ MORE (追記)にちい公の近況が新作画像で

       ➡  ドールより愛をこめて・フォレストシティー・ 








    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    こんにちは。
    是非、魔女さまと美味しいうなぎを食べてください。
    それまでは免疫力つけておきましょう。
    ワタシモタベタイ。

    Re: つばさぐも 様

    こんにちは
    ありがとうございます。
    うなぎはやはり美味しいですね

    テレビを観ていたら
    牛丼屋でウナギと牛丼のペアセットがあるようです
    いちど買ってこようかと思ってます。
    でも半分牛丼で、半分がうな丼って
    どうなんだろね。

    No title

    こんにちは。

    もうじき土用の丑の日ですね。
    ちい公さんも平賀源内さんのトリコになりましたねぇ~~

    うなぎのタレは、我が実家の作り方を・・・
    醤油じゃなくて、ドロ~~とした刺身醤油を使うと、コクが全然違いますよ~~
    そして、買って来た蒲焼きを美味しく食べるコツはね。
    勿体ないですが、一度蒲焼きさんを洗って下さい。
    そして、お酒をまぶして、フライパンで温め焼きをします。
    添付されてたタレをつけたり、山葵で頂いて下さい。
    美味しいですよ~~
    山椒の粉は忘れずにね。

    また、魔女様が日本に来られたとき、鰻屋さんを案内いたしますよ~~

    Re: ヒツジのとっとちゃん 様

    こんにちは とっとちゃん
    ありがとうございます。

    そうか
    もっと早く知りたかったなあ
    もういちどうなぎ買ってこようかな
    洗って酒で温め焼き
    そうか
    これはやってみるべきだね。

    さすがだね
    だてに・・・・・言えない (;^_^A

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い