FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    君が逝った季節

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    09 /25 2020



     親の血を引く 兄弟よりも
    かたい契の 義兄弟
    こんなちいさな盃だけど
    男いのちを かけてのむ

    義兄弟
     


    Photo from กลุ่มรักหมาจัง ในประเทศไทย



     慣れ親しんだスターそしてバイプレーヤーたちが、まるで順番を待っていたかのように逝ってしまう。

     かと思えばもっと身近であるべき同級生たちまでもが逝ってしまう。

     どうしてみんなそんなに急ぐ。
     もっとゆっくり人生を謳歌してからでよいではないか。

     隣の席でいつもで微笑んでいたセーラー服の君が逝くなんて思いもしなかった。
     きらきら輝く日々は永遠だと思っていた時代。
     
     結婚したと、そして数年後の別離、すべては風が教えてくれた。
     数年に一度の同窓会。君が僕の消息を尋ねていたと知った。
     いつかは再会のときがあるかもしれないと考えていた。
     しかしその夢もはかなく散った。

     風が冷たくなった。
     雲が早い。



     




     









    今日のご訪問に感謝
    あなたに幸多からんことを

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: カギコメ様

    ありがとうございます。
    たまらなくなる昨今です。

    No title

    高校三年生、懐かしい!思わず口ずさみましたよ。
    ドーナツ版レコードを買ったのを思い出しました。
    あぁ良き時代でした。

    Re: hotter 様

    こんにちはhotter様

    同志に久しぶりに会った
    そんな気持ちです!!

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い