FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    バンスーポリスステーションより ストレスな日常

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /07 2021


    813 バンスーポリスステーション ニャンちゃって警部 (4)


     ニャンちゃって警部が率いるバンスーポリスSTは相変わらず忙しいようだ。
     コロナ禍にあって増えたのがDVに類似する通報。とくにここバンスーはタイ・バンコク都のディストリクトであり半都会で半分はベッドタウン化しているので夜間人口が多い。ともなって家庭内のいざこざが持ち込まれることも多い。

    813 バンスーポリスステーション ニャンちゃって警部 (6)


     最近入ってきたケース。
     話は単純だった。
     ワンコがスマホをガリガリやってしまった。最近はスマホでyoutubeを見せるのが習慣になっていたという。

    Inked証拠不十分 ? (1)_LI


    「やっぱり散歩に出ることが少なくなってストレスが溜まったのでしょう。外出禁止令が出てからは公園にも行かなくなったし、それにね、私はイヤなんですよ」

     通報で駆けつけたポリスに向かってオヤジはまくしたてる。

    「あちこち人出のある場所にインタビューが来てるでしょ。それに応えているバカ面の連中。何を言うかと思えば
    (人出が多いのでびっくりしました。ストレスが溜まったのでちょっとだけ買い物にきたんですけど、みんな自粛しないんですね)
     おいおいそういうお前はどうなんだよ、バカじゃないの」


    「それは本件には関係ないかと。それに、おとうさんこの前も同じようなことでワンコちゃんを縛ってましたよね」

    証拠不十分 ? (2)


    「こいつはねお巡りさんでないということをきかないのですよ」

    「それでワンコちゃん、キミはどうなの反省しているの」

    「反省?なんで? オイラはなんにも知らない。くそオヤジがオイラがやったって言ってるだけだよ」

    「く、くそオヤジ、お前は親に向かって」

    「ふん、なんだ、いつでも縁を切ってやる」

    「お前と言う奴は、まったく口ばかり達者で」

    「まあまあどちらも落ち着いて、ね、カームダウン、カームダウン」

    「そんなに言うなら、そのボロスマホからDNAでも採って調べてみればいいじゃんか。それにさ、こんなに縛って、これって虐待だろう、政府に言うぞ、くそオヤジお前が逮捕されろ」

    証拠不十分 ? (3)


     ああだこうだと、収めるまでまだしばらくかかりそうです。
     双方ステーションに呼んで話を聞くことになったそうですが、ニャンちゃって警部の出番なのか、続報があればまたお伝えしましょう。









    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    No title

    あ、お父さんがおまわりさんに300Bあげたよ! あ、おまわりさん、回れ右して戻ってく!!!v-69

    Re: ピオの父ちゃん 様

    ダメダメ そんなこと言っても
    バンスーPSは厳しいのだから北部の田舎とはちがうよ
    署長が人間ではないことがクリーンポリスのきっかけになったんだ
    チェンマイ空港のイミグレも厳しくなるからね
    父ちゃんのような臭いとか汚いのは日本人でも入国拒否だからね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    いやはや、いやはや、バンスーPSも大変だ~💦

    オヤジさんの言う事にも一理あるなぁ(笑)
    私も、この街頭インタビューの言いぐさには、ストレスフルになる!
    思わず舌打ち😅

    ワンコ君にも言いたいことがいっぱいあるのだろう。
    いつでも穏やかニコニコ家族なんてのは、ないにしても、そこは家族なんですから、何とかエキサイトせずにうまくやってほしいものですなぁ。

    Re: 鍵コメ 様

    まあまあ そんなに怒らないで
    お願いだからね。

    でも毎日気をつけてね
    こうなると誰が感染しているか
    わかったもんじゃないからね。

    Re: dollblog47 様

    いやはや おねいさんは大人でございます。
    あっしなんぞは足元にも
    ヘイまったく
    情けない話で
    ヘイ

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い