fc2ブログ

    ちい公ドキュメントな日々

    アジアの風をいっぱいに受け 雲のように日々を・・・・

    そうか オラ文明人じゃなかったのだ




     昨日のトピックに、長く亭主不在のタイの話を書いた。
     猛暑のなか奮闘中のギャートルママをネタにした。
     
     おいおい大丈夫なのかと心配してコメントをくださったのはaki.t.さん。
     ブログはお魚さん 寄っといで~

     彼のコメントにこんなのが・・・

    どーしていつもそうやって
     両脇に爆弾抱えながら魚雷に跨って
     地雷に突っ込むようなことをするんです?
      ・・・・・・・・・
     でも次に空港で奥様と会ったときに
     大型キャリーバッグぐらいは飛んでくると思うので
     覚悟しときましょうね。

     関空だったら屍ぐらいは拾いに行ってあげます


     なかなか面白くてあたしがうけてしまったのでここに掲載します。いやなかなか、これぞ恐妻家にしか書けないコメントではある。

     そしてもうひとつ、ナイスタイミングなレスをくださったのでご紹介。
     春仁さん、ブログは春仁の人生模様~生かされて~

    ちい公さん、ギャートルズ父ちゃんだっだのかぁ~。’

     と下さったのだが、それはしばらく忘れていた自分自身を思い出すことにつながったのです。

     ・・・そもそも、おいらは原始人だったのだ。それがワンコになりそして魔女と出逢って人間に戻されたのだ。
     いまはまるで現代人のようにスマホなんか持っていきがってるけど中味は大して進歩していないんだ。

     思い出しついでに、バンコクからアユタヤに引っ越したときこんなこともあった・・・。
     過去ログより 2018年10月1日 


    タイトルは【洗濯機に驚く原始人】
     自慢じゃないが洗濯機は長い間全自動を使ってきた。
     日本でもタイでもそうだ。

     しかし今回の引っ越しを機に奥ちゃまはドラム式なるマシンを買うと言って妹と二人でさっさと決めてきた。
     長い雨が続いたときに重宝するからというのがドラム式選択の理由だ。しかしそれについてはとやかく言わない。

     おばあさんの家ではずいぶん昔からドラム式だったということで彼女はその便利さもよくわかっていた。
     いっぽうあたしは自慢じゃないがクリーニング屋で大きなロールがくるくる回っていたことくらいしかドラム式洗濯機についての知識はない。
     
     そんなわけでバンコクからは洗濯機を持たずに来て1週間後ようやく配達、設置が完了した。

     静かだが中を見ると洗濯物がくるくる回っている。どういう仕組みなのか、飛行機の窓から覗くように洗濯機を凝視するがどうもよくわからない。

     排水パイプにしてもそうだ。従来の洗濯機は下のほうからパイプが出て水は引力で出てゆく仕組みだった。ところがドラム式は排水パイプがずいぶんと上のほうにあるのだ。

    「こうなってるのよ、これで大丈夫なのよ、ちゃんと水は出てゆくんだから」
    「・・・・・」
    「そうやって洗濯機を眺めている姿は、まるでフリントストーンだわ」
     ゲラゲラ笑われた。
    「そんなに見たいのなら中に入ってみれば、スイッチを入れて回してあげるわよ」

     ああ文明開化だ。
     平成も終わるのだ。
     おじいさんはもう川へ洗濯にゆかないのだ。

     

    DSC_0006[1]

    DSC_0001 (2)






    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    コメント

    No title

    >これぞ恐妻家にしか書けないコメントではある。

    うちの奥さ~ん シロおじちゃんが
    こんなこと書いてますよ~
    恐いんだって~

    • 2021/05/29(土) 11:06:58 |
    • URL |
    • aki.t. #BWgGc7Fk
    • [ 編集 ]

    Re: aki.t. 様

    なんとも答えに窮する

    あれ、週末は釣りに行かなかったのかい?
    梅雨で海の状況がよくないのかな。

    • 2021/05/29(土) 12:43:12 |
    • URL |
    • ちい公 #-
    • [ 編集 ]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    • 2021/05/29(土) 13:34:24 |
    • |
    • #
    • [ 編集 ]

    Re: 今、カギコメ 様

    ありがとうございます
    そんなことがあるんですね。
    実は魔女がfc2ブログを開くときは日本のIPを使いますのでいつもこれから接続するよと連絡しあうのですが、今朝は土曜でPCが空いてるので連絡なしでした。
    同じような時間帯にブログを開いていたようです(笑)

    • 2021/05/29(土) 13:44:09 |
    • URL |
    • ちい公 #-
    • [ 編集 ]

    No title

    こんにちは。
    そうだったのですね。
    道理で、弥生時代の姿の夢を見られたわけなんですね。
    魔女さんに出会われる前は、どんな生活をされていたのでしょうか???

    • 2021/05/29(土) 16:56:34 |
    • URL |
    • 春仁 #-
    • [ 編集 ]

    Re: 春仁 様

    おはようございます。

    魔女と出逢ったのはバンコクでした。
    あの頃はちょうど危ないところ専門の物書き商売
    疲れ果て友人が働くメコン川畔のタイの町を訪れ
    いつのまにかそこが拠点になってしまった頃でした。

    たまたま語学学校に職がみつかり
    あるときそのオーナー女史とバンコクへ会議に出かける機会があって
    友人と昼食を摂りますからと会ったのが魔女さんでした。
    女史と魔女は大学の同窓生だったというわけです。
    火との出会いはわからないものです。

    • 2021/05/30(日) 05:11:58 |
    • URL |
    • ちい公 #-
    • [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://isanwind.blog.fc2.com/tb.php/2394-eaf7cff5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)