fc2ブログ

    ちい公ドキュメントな日々

    アジアの風をいっぱいに受け 雲のように日々を・・・・

    宗教と救済そして依存

     
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ


     日本の元首相安倍氏が狙撃された日、私は山口県にいた。
     ワンコ・ルリオたちのパパ・ママが景色のよい日本海側を案内して下さった。
     安倍氏の地元でもある地域を走行中だった。
     衝撃的なニュースが流れている。
     車は緑のなかを長門市方面に向かっており、道端に立っている安倍氏の看板が寂しそうだった。

     狙撃した容疑者の動機、背景にあるとされる宗教。
     一家の生活が破綻してもなお宗教から決別できない母親。

     宗教は信ずる者を救済してくれる、少なくとも信者はそう信じている。
     祈ることで心の平安を得る。
     なんちゃって仏教徒である私などもやはり心のどこかで安らぎを感じるから合掌する。

     宗教ごとの良し悪しを論ずることはできない。
     星の如く存在する宗教。それこそ人が集まるところに宗教があるといえる。
     金ばかり吸い上げるからよくない宗教だというのは偏見だろう。信者がそれで心の安らぎを得ているのであれば否定できるものではない。
     マインドコントロールが依存を強くしている側面はあるかもしれないが、だからといってどんな宗教でも信者がいるかぎり消滅はしないし、つぶすこともできない。

     世間が、ジャーナリズムが、叩こうが罵倒しようが弱い人間が存在するかぎり大から小まで宗教の種は尽きない。

     だからどうすればいいのだ。
     そう怒るのはもっともだけど、憲法の下で保障されている信教の自由。だからどうにもできないのだ。
     せめて今後の被害者を少なくさせるためにも、信仰しない自由も教育しなくてはね。


     
    images_20220727142341c2f.jpg












    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://isanwind.blog.fc2.com/tb.php/2794-85d9b91e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)