fc2ブログ

    ちい公ドキュメントな日々

    アジアの風をいっぱいに受け 雲のように日々を・・・・

     今年は閏年だったね


      に ほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へちい公ドキュメントな日々 - にほんブログ村


     今年は一年が一日長いうるう年です。
     それでも二月はやはりみじかい。
     今日からはもう三月。
     むかしは妹のために飾ったお雛様があったけれど、あれはどこへいったのだろう。
     妹が亡くなったとき遺品整理をしたけれどすでになかった。
     そういえばお雛様だけでなく鯉のぼりなども何年も見たことがなかった。
     高齢になった母が妹と暮らすようになった時にすべて処分したのかもしれない。

     むかしの田舎では何の邪魔にもならなかったものも都会ではその生活様式の違いで処分せざるを得なかったのだろう。

     お雛様には餅をつき五月には柏餅だった。そういう風習が子供にはごく当たり前のように巡ってきた。
     思えば幸せな時代だった。戦争の苦しさ悲惨さも知らず、右肩上がりに豊かになってゆく時代のなかで自分の明日だけを考えていればよかった。自分を育てるための親の苦労などに思いを馳せることもなく、ただ当然のように子供としての自分を演じていた。

     親のすねかじりという言葉があるとするなら、そんなことは大学を出るまで続いたように思う。いちおうアルバイトなどはやってはいたが折々に親に支援を頼み、その額は次第に大きくなっていた。
     
     それでもさすがにかなり世話をかけたという自覚はあった。社会人になって何度目かの給料でなにかをプレゼントした。
     思った以上の母の喜びように戸惑った記憶は今も鮮明に残っている。

     こんないい加減な風来坊もそこそこ長い人生になった。
     後悔することはほとんどないけれど、もっとああすればと後になって考えることは少なくない。しかし、そんなことはたいてい結果論にすぎなく、やりたいことをやって生きてこれた。これで満足しなければこの世に生存した意味さえなくなってしまう。

     次の閏年は四年後。
     そのときにはどんなことをしゃべっているのだろうか。もはや何の進歩もなく、おそらくおなじようなことをくっちゃべっているのだろう。
     もしまともしゃべることができておればの話。



     
     















    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    テーマ:ドキュメントな日々 - ジャンル:ライフ

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://isanwind.blog.fc2.com/tb.php/3310-e2966c29
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)