FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    なんだ慰安婦問題

    世界のなかの日本国を考える
    01 /01 2016

    祝日01
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     結局は金で決着なのかと多くの日本人は思っただろう。
     仕方ないと言えばいえなくもないが、はたしてこれで決着といえるのか、これで問題が片付いたといえるのか。

     日本に戦争責任があるとするならば金はさておきすっきりと政府として謝罪した方がよかった、とあたしは考えている。河野なにがしかの過去の遺物の放言などは気にする必要はない。
     そのあとには当然のように金銭補償の問題を提起してくるには違いないが、日本が真の東アジアの大国であるならば金をみせる前にとるべき対応があったのではないか。

     いくら戦時下での問題だったとはいえ取り返しのつかない過ちを軍部、民間もふくめて犯してしまった事実は残っている。
     慰安婦を強制徴用したわけではないと依然として日本に責任は存在しないという論調も多い。しかし女性を性の対象として扱った事実は否定しがたい。

     金銭で償うことによって韓国人民の心に巣食う日本への悪イメージがやわらぐのかそれは疑問だ。反日勢力はそのまま日本への攻撃を続けるだろうし韓国人民の対日感情もすぐにはよくならないだろう。
     結局日本政府はまんまと韓国政府にいいようにやられてしまったという感は否めない。

     たかが10億円で日韓両政府の冷えた関係が修復されるのならば近隣の自由主義国家として歓迎すべきかもしれないが、さてこれで問題は決着するのか疑問だけが残る。

     もっと愛国主義的に書けば、安倍さんは結論を急ぎすぎた。
     いつまでもウザウザと面倒くさい韓国をこのへんで黙らせたい気持ちもあったのだろう。
     だが今回の外交交渉はひとつの端緒でしかいない。いわゆる慰安婦問題からそして日本の戦争責任はさらに拡大解釈されより大きな過去の日朝問題へと発展してゆく。
     韓国そして中国も日本国が地べたに頭をこすりつけるまで過去の問題追及をやめることはけっしてしない。
     さらに彼らはその頭を土足で踏みつけ属国になる日まで攻撃を続けるだろう。

     日本人は誇り高き国の民として毅然として対処するしかない。
     なにがあろうとどんなことが起ころうと我々は日本人なのだ。

     
     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は   12:00TH 14:00JP

    コメント

    非公開コメント

    こんばんは\(^▽^)/!

    あけましておめでとうございます。

    やっと、じっくり読む時間が持てました(笑)

    そうですね。
    お金で解決することには違和感を持ちました。
    なぜ?なぜ?って疑問符が沢山付きました。
    いくらアメリカから催促されたとしても、解決を急ぎすぎた感は否めません。
    それ程急がなければならない何かがあったのでしょうか。
    もう少し情報が欲しいところですが、残念ながら、今のところマスコミなどはあまり期待は出来ないでしょう。
    今後、どのような状況になっていくのか、しっかりと見ていきたいです。

    今年もよろしくお願いいたします(*゚▽゚*)

    Re: こんばんは\(^▽^)/!

     あけましておめでとうございます。
     いつもありがとうございます
     今年もどうぞよろしくお願いします。
     なんだかんだ言いながら楽しくやりましょうね
     あなたにとって2016年が素晴らしい年でありますように

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い