FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    映画「Daddy’s Home」を観にゆく 1/19 2回目更新

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    01 /19 2016

    wai809.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます




     映画が観たくなった。
     テレビでも映画はやってるがほとんどはタイ語の吹き替え版。
     いつも思うのだがタイでは声優の数が少ないのではないか。どの映画をみても主演クラスの声は同じにしか聞こえないし、俳優とはかけ離れたイメージの声が多い。
     これは勝手な言い分なのだが、日本ではたとえ吹き替え版をみたとしても声優が特定されていて馴染みがあるのでさほど吹き替えに違和感がない。
     しかしうちの魔女に言わすと日本で吹き替え映画をみたときハリウッド俳優が日本語をしゃべっていることにやはり違和感を覚えたらしい。
    そうかもしれない。むかしむかしタイではじめて漫画の一休さんをみたとき「サワディーカップ」と喋っているのにひっくり返りそうになった。

     で久しぶりに本物の映画、本物というのもヘンな話だが、吹き替えでない映画を観たくなった。
     バンコクでもあちこちにシネコンがある。もちろんシネコンとは言わないが一か所に10以上の上映場がある。

    ネットで予約するとこんな感じ 飛行機の座席指定と同じだ
    多分日本でも同じだろうがあたしは知らなかった ほんと田舎者だ
    IMG-20160113-WA0001.jpg


    チケット売り場 予約してない場合は販売機で、これは日本と同じか
    DSC_0024_20160115161026a55.jpg

    ロビーの様子 ここで飲み物などを
    DSC_0027_201601151610238f0.jpg



      今日の映画はコメディ「Daddy’s Home」ウィル・ファレルとマーク・ウォルバーグの共演。ウィル・ファレルはやはりコメディがよい。いつの間にかムキムキマンになったマーク・ウォルバーグの元父親とそれに負けまいとするステップ・ファーザー、マークの頑張りを描いている。
     予想通り面白い映画だった。けっして大作ではないが笑えた。
     リンダ・カーデリーニが奥さんをチャーミングに演じており好きな女優のひとりとなった。
     
     タイで映画館も久しぶりだった。
     上映前の予告編が15分ほど続きそしてタイの国歌が流れる。ここで起立しなければならない。通常なら国歌なのだが今回の場合は映像も音楽も国王をたたえる内容になっていた。病状が思わしくないことも関係あるだろうし、もうひとつ、一見平和なタイ王国だがそれでも軍事政権下なので軍備を強調するようなものは意図して流してないのだろうと考えられた。軍事政権は欧米各国からはけっして良い評判ではない。
     
     日本にいるときはたとえ短い期間であっても必ず映画専門のSTARチャンネルなどを申し込むが映画はやはり大スクリーンだとあらためて認識した日だった。



     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は   10:00TH 12:00JP


    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い