FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    黒魔術がタイを覆うのか?

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    01 /30 2016

    supernatural doll4
     ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


     タイの一部の人々で流行っている人形がある。
    「LUK DEVA 子供の神様」と呼ばれるこの人形、英語ではSuperNatural Dollとなる。
     映画のチャッキーをイメージさせるような人形を崇拝信仰する人々がいる。


    supernatural doll1

    supernatural doll2

    supernatural doll5



     どこかの県からのニュースによれば、この人形を大切にしていたら金運がよくなり宝くじにも数回当たったとか。
     
     このブームにたいして企業やお店は様々な反応を見せている。
     もちろん、このブームを気持ち悪いという人々も多く、店によっては人形を連れての入店はお断りとしているところもある。

     しかしビッグニュースになったのはタイ航空傘下の国内線タイ・スマイルエアが発表したコメント。
    「この人形と一緒のフライトをお受けします。人形のための座席も予約OKです」というもの。逆に言えば、人形を連れての乗機は受けますがそのための座席料金は必要になりますよということだ。


    supernatural doll7


     これに悪のりした感があるのは「HOT POT ブッフェ」という鍋物レストラン。
    「どなたでも人形を連れてのご来店はOKです。ただし下記のような料金を設定させていただきます。
    ① SuperNaturalDollが身長110cmを超えない場合無料
    ② 身長110~130cmの場合 一律159バーツ
    ③ 身長130cmを超える人形の場合は通常の料金

    supernatural doll3

    supernatural doll8


     これを読んでいて、なんだ小さな人形を連れてゆけばタダで食べられるのか、と思ったが、そうではない、これは人形にたいする飲食代なのだ。座席に座らせてもいいですがこのような料金がかかりますよという意味だ。人間には通常の料金がかかるのはもちろんのことだ。

     ある識者はこのようなブームを黒魔術として警戒を呼びかけいる。

     そういえば日本の昔のニュースで「だっこちゃん人形」なるものをみた。黒いビニールの人形をみんな腕にぶら下げて闊歩した時代があった。しかしこれは崇拝や信仰ではなくただの流行りだったようだ。

     それだけ何かにすがらねば生きられない時代ということか。神や仏ではなく新しい偶像崇拝のひとつのカタチなのか。

     人形に意味を持たせ崇拝信仰の対象とするのはあたしなんかからすれば気味悪いとしか思えない。

     うちにはご存知の通りスーパーパワーの魔女が棲息しているのでこの人形は必要ないが、あなたはこの流行をどうみますか?



     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は   10:00TH 12:00JP




     書き忘れていたが、もちろんこのブームの背景には仕掛け人がいるかもしれない。店で売られているこれらの人形をみればどこかでほくそ笑んでいる人々がいるだろうとは思う。
     信仰とはこのようにして成り立ってゆくものかもしれない。
     信ずるものは救われる、これはある意味において真実だろう。

    コメント

    非公開コメント

    こんにちは。

    最初の写真…
    余りにもリアルすぎてびっくりしました(笑)

    人的にはちょっと怖いです(^^;

    Re: タイトルなし

    何十年か前に日本でもこんな顔の人形が
    流行ったような記憶があるんですが
    顔がもっと赤ちゃんだったような

    いずれにしてもヘンなものが流行るんですね
    擬人化しているのがなんとも・・・・です

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い