FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    バンコク観光 地下鉄MRTとスカイトレインBTSで ①

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    02 /02 2016

    834.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



    mrtmap02.jpg


     あぶないかもなどと言いながらそれでもバンコクを観光しましょう。

     自分たちでフリーに歩くとき地下鉄とスカイトレインは欠かせません。
     今日は主に地下鉄をご説明。
     地下鉄MRTは地図ではブルーで描かれています。タイ国鉄フォランポーン駅からバンスー駅まで、市内の主な場所はスカイトレインの駅と結ばれていますのでこの二つで市内ほとんどの有名観光地はカバーできます。
     新線のMRTパープルラインがバンスーから西にチャオプラヤー川を越えてまもなく開業します。


    地下鉄入り口はこんな感じ
    MRT (1)

    日本の協力でつくられたという銘鈑
    MRT (2)


     地下鉄では駅に入る際に手荷物検査があります。小さなバッグならスッと通れますが大きなバッグは中味を見せるように言われる場合があります。キャリーバッグなどは地下鉄には持ってゆかない方が賢明です。

     チケットは自動販売機で買います。英語とタイ語のみですからわからない場合は窓口で駅名を言って買いましょう。
     乗車券はオセロゲームの黒いコイン状になっていて磁気が埋め込まれていますので改札機にタッチするだけです。降りるときはコイン投入口のような穴がありますので入れると改札が開きます。

    MRT (5)

    MRT (8)


     ここで注意しなければならないのは改札が予想以上に早く閉まります。入出のときゆっくりとコインをタッチしたり入れたりして通り抜けが遅くなると両側から扉が降りてきて体を挟んでしまうことがあります。

     これを防ぐコツは改札扉の近くまで行ってからコインをタッチしたり入れたりすることです。手前の方でやってしまうと間に合わないことがあります。けっこう厚めの開閉機なので痛いですよ。日本のものはやさしいつくりで扉に挟まれてもすり抜けてそれほど痛くないですがバンコクのはやさしくないです。

     ホームにはテレビ式の案内表示があって。あと何分で電車がくるかわかります。もちろんタイ語と英語です。
     車内アナウンスは日本と同じです。英語を聞いていれば何駅かすぐにわかります。これも馴れの問題でしょう、あなたなら大丈夫。

    なぜか知らないが地下鉄にはこんな地下中二階がある
    MRT (9)

    ホームは開閉式になっていて安全です
    混んでいるときでもみんなちゃんと並びます
    このマナーはいいのですが次に書いている車内での電話が・・・・
    MRT (11)


     バンコクの地下鉄ではどこでもネットが使えます。最近は日本の地下鉄でも使えるようになっていますがこれだけはタイの方が早かったみたいです。
     ただ日本人が驚くのは車内での電話使用です。
     もちろん大声で通話する人は少ないですが電話でしゃべっている人の多いのには驚くことでしょう。
     基本的に車内での通話はマナー違反という意識がないのですからこれもお国柄というものでしょうか。
     聞こえてくる会話は他愛もないことばかり、どこの店がおいしかったとか、今度何処で遊ぶとか、そんな話ばかり。たまに難しい仕事の話が聞こえたりしますが本当に大切な話は聞かれないように喋ります、当たり前ですね。
     しかし車内の90パーセント以上がスマホをいじっているのは日本と同じ風景です。

     地下鉄に関してもうひとつ。
     雨の日にはしずく防止のビニール袋が駅入り口に用意されています。気になる方は利用してください。

    MRT (3)


     今日は地下鉄に乗っただけでどこへも行きませんでしたね。
     次回はどこかで降りましょう。


     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は   10:00TH 12:00JP

    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い