FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    タイのお寺 日本人にはどうもわからないお寺

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    02 /17 2016

    Lao01.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    「起きて、出かけるわよ」
     休日の朝、叩き起こされた。
    「今日はすこし変わったお寺に行くからね」
    「ワンワン」
     あたしの抗議はまったく受け入れられずひっぱり出された。


     私たち日本人はお寺というものには独特の感情を持っている場合が多い。やはり先祖の墓があるためだろうか一種の聖域的な雰囲気を感じたりする。
     その昔、寺は教育の場でもあった。もちろん仏教ならば釈迦の教えを基にした説法などであったが、僧侶が教育者を兼ねている地域もあった。

     仏教の違いからかタイの寺院からうける雰囲気は日本のそれとはまったく別物だ。それは自分が日本人であるということに起因しているからかもしれない。
     案外タイの人々はいろんなお寺の存在を当たり前のように受け止めていると日本人にはみえる。

     こんなお寺はどうだろうか。
     簡単に言うと天国と地獄、現世での行いが死後の行く先を決めるよと説明しているのだが。
     場所はバンコクの北、地図上ではすぐ上に位置するパトゥムターニー
    県、ペウド・ウドム寺院をご覧ください。

     あたしにはなにが天国でどれが地獄なのかいまいちピンとこなかったのだが。



    20160213_133810.jpg

    20160213_133835.jpg

    20160213_133840.jpg

    20160213_133857.jpg


    20160213_133924.jpg

    20160213_133929.jpg

    20160213_134508.jpg


    20160213_133849.jpg

    20160213_134218.jpg

    20160213_134020.jpg

    20160213_134336.jpg

    20160213_134345.jpg

    20160213_134421.jpg





     
     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は   10:00TH 12:00JP

    コメント

    非公開コメント

    おはようございます

    死後の行き先? 天国か地獄!
     
    だも何か とても面白かったです。

    毎日楽しみに観させていただいてます。


    青空姉さんありがとうございます

    青空姉さんありがとうございます
    いつもありがとうございます
    ときどきふっと寂しくなったりするとき
    このようなコメントをいただくと
    跳び上がるほどうれしくなります。
    ああ日本人なんだなとしみじみ感じるときです。
    また青空姉さんちに懐かしの音楽を聴きに
    行かなくては・・・・・。
    ・・・でも
    姉さんのお名前
    「青空一人きり」って
    あたしの心境のようです。
    異国の地で時折無性に寂しくなるとき
    ぬけるような青い空を眺めます
    ああ、だめですね今朝は
    ちょいとドマンチックかいやホームチックに
    なてしまいますです。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い