FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

     地下鉄に乗ってバンコク ③ スクンビット・アソーク界隈

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /03 2016

    823.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



    303使用 (1)




     地下鉄に乗ってバンコク、今日はスクンビットへ出かけます。
     地下鉄ではスクンビット、スカイトレイン(BTS)のアソーク駅とつながっているのでたくさんの人々が集まります。

    招き猫は21のシンボル
    21supar.jpg


     日本のテレビなどでもバンコクといえば必ず紹介されるのが「21ショッピングセンター」です。ASOK駅から歩道で結ばれています。
     内部はフロアごとに国が分かれていてもちろん日本のフロアもあります。日本と言ってもお店の名前が赤坂だったり乃木坂であったりするだけで日本のお店ではないですが、衣類やアクセサリーショップが多いです。

     ここのレストラン街には日本の出店も多く、ラーメン、有名な牛丼屋などがあります。バンコクではどこのショッピングモールにも日本のお店がありますからどうしても日本食という方が困ることはありません。


     BTS高架の下にある歩道橋を5分ほどスカイトレイン次の駅ナナ方面に歩けばこんどはロビンソンスーパーが見えてきます。このあたりには有名ホテルなどもあって日本の方が多く泊まったりする場所です。
     ロビンソン地下にはフードコートもあるので安くご飯が食べられます。

     フードコート全般について書いておきましょう。
     BIG-Cに代表されるたいていのスーパーにあるので、まずクーポンを買います。カードになっていて一人100バーツもあればOK。お金が余れば同じ窓口で帰るときに返金を受けます。
     メニューーの選び方はタイ語も英語も必要ありません。食べたい店の前に行って写真を指差して「これ」って言えばわかります。
     あとは空いているテーブルへ。スプーンやフォークは何か所かにまとめて置いているので自分で持ってきます。このとき気になる方は横にあるお湯でスプーンなどをすすぎましょう。タイ人は案外神経質なのかスプーンなどをお湯で洗っている人々が多いです。

     ロビンソンから表に出ると大通りがあってその両側は夜ともなれば夜市の雰囲気に様変わりします。舗道は祭りのような出店でにぎわいます。
     これはタイならたいていの町で見かけられる光景です。なかにはお買い得な小物などもありますがバンコクは地方都市に比べてなんでも高いというのがあたしの感想です。

    21MAR (2)

    21MAR (4)


     昼間、どこといって行くあてのないときはアソーク駅から西に歩いて五分ほどのベンジャキッティ公園がおすすめ。ここはちい公の散歩道でもあります。広い池の周囲にあるヤシの木陰に座って青い空を眺めて過ごしましょう。大都会のなかのオアシスといってもよいでしょう。

    ベンジャキッティ公園 (2)

    ベンジャキッティ公園 (1)



     遊歩道を厳しい顔つきの日本人らしい男、黒いイヤーホーンを耳に、ジーンズに長袖シャツをだらりと外に出していたらそれがあたしです。
    「ちいこう、ちいこう」と呼んでみてください。
    「ワンワンワンワン」
     噛みつきもしないでお茶などご馳走するかもしれません。





     
     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は   10:00TH 12:00JP

    コメント

    非公開コメント

    おはようございます
    いつも楽しく読ませていただいてます
    先生宅の魔女さん、ほんとおもしろい
    夫婦漫才を見ているようといったら
    失礼ですね(^_-)-☆
    今日はバンコク観光
    私お一度必ず行ってみたいです

    ありがとうございます

    コメントありがとうございます。
    漫才ですか、いいですね
    さしずめあたしがぼやき担当ですね
    あ、それから先生はなしですよ
    お願いしますねエミさん
    これからもどうぞよろしくお願いします。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い