FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

     フクシマに学ぶ・平和で安全な生活はタダではない

    世界のなかの日本国を考える
    03 /13 2016

    Chernobyl.jpg
    チェルノブイリ原発とゴーストタウン



     福井・高浜原発の運転停止の仮処分判決が出された。
     日本の裁判史上においては画期的な判断といってよい。
     様々な要因が考えられるがなんといっても未曾有の被害をもたらすことになった東電福島原発のメルトダウンが大きく影響していることはいうまでもない。

     放射能汚染による様々な影響があらわれるのはこれからだ。
     若年層の甲状腺がん発症なども今後数年いやもっと5年10年のスパンで注意深く検査を継続する必要がある。現在の調査結果をもって原発の影響の有無を安易に連想させるような発表は控えるべきだ。いかなる利害関係があろうとも日本国民の生命・安全を第一に考えるべきで、安易な安心感の流布も、また恐れを抱かせるばかりの情報も必要ない。

     また自然への影響もしかり。放射能汚染の実態はニュースになりにくい。どこでいかなる力がはたらいているのか、政府は20キロ圏内住民の早期帰還を画策している。人々の生命、とくに未来の日本を担う若年層の健康問題にはより慎重な配慮をすべきだ。

     あえて書くが、とくに汚染がひどいエリアはチェルノブイリのようにゴーストエリアになるのも致し方ない。公的機関が人々の出入りを簡単に認めるべきではない。それは故郷を想う人々の感情とは相容れないものであることは承知しているが生命そして健康な生活のために必要な犠牲もあることを理解すべきだ。
     除染という言葉をそのまま鵜呑みにしてよいのだろうか。

     日本国内にある原発はすべて廃炉しかない。
     代替エネルギーを満足に得るためにはそれなりのコスト増などの問題をすぐに反論材料とする輩がいる。
     ここぞとばかりに値上げを要求するであろう電力会社にも政府は注意する必要がある。
     しかし平和の維持とおなじく安全な生活はタダではない。それは今後いちだんと顕著になってゆくだろう。すなわち日本国民の生活はけっして楽にはなってゆかない。
     
     もういちど問いたい。
     あなたはしんどいから平和で安全な生活をのぞみませんか?




     
     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は10:00TH 12:00JP
     本日更新予定



    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い